未来予測の部屋

世の中の動きや人の未来を予測します

「蜃気楼の部屋」の記事一覧

占いと世界線の収束について

いつも、占いで使っている易ですが、易はもともとは、「変化」という意味で、万物は永遠に変化し続ける、ということを表しています。 世界線も常に変化し続けていく点で共通しています。この世界線の変化と、易の卦の変化は、シンクロし […]

外郎売(ういろううり)

市川團十郎の十八番に「外郎売(ういろううり)」というのがあります。この芸、早口言葉の原点みたいなもので、これがキマったら、ほんとに素晴らしいだろうなあ、という言い回しばかりです。こんな感じです。 拙者親方と申すは、御立会 […]

旧暦7月、鬼扉が開く

台北101の風水も監修した、台湾の名風水師、魏さんのブログに記事が載っていましたので、その概要をお知らせします。魏さんには、私もみてもらったことがあります。 旧暦7月(8/19〜9/16)は鬼月と言って、大変縁起の悪い月 […]

アセンション再考(2)〜波動のお話

今回は、人の生き方、意識のあり方と波動について、最近までに、感じたこと、気づいたことを記しておきたいと思います。 波動=振動数と現実の社会 波動と言うのは振動数のことですが、振動数が高い、とか、低いとか言うのは、現実の社 […]

アセンション再考(1)

アセンションとは何か? アセンションという言葉をよく耳にしますよね。それは、大概、以下のような意味です。 フォトンベルト、つまり、銀河系の中の高エネルギーな光の帯を太陽系と惑星地球が通過する時、霊的進化が起き、惑星全体が […]

イニシエーション

すごい本でした。ある意味、人生観が変わりました。我々のこの人生も、壮大な魂の旅路のほんの一コマかも知れせんが、その一コマ一コマにも大きな意味があるような気がしてなりません。 普段通っている、普通のヨガ教室の先生が、もし、 […]

ホログラフィック宇宙

ド・ジッターの幾何学空間に超弦理論を適用すると、現れるのがホログラフィック宇宙です。 宇宙はその大きさが、二百億光年といわれますが、実は我々が考えるよりずっと小さいそうです。なぜなら光線が様々に反射して、あたかも鏡の部屋 […]