霊的汚染について

スピリチュアルグッズは危ない

スピリチュアルなグッズ、これはパワーストーンや置物なども含みますが、こういうものをあまり身の周りに置くことはあまりお勧めできません。

なぜなら、こういうものには、人の念が入っているからです。人の念はとても怖いです。ひどい場合は、人を殺すこともあり得ますから。

魔法使いの霊的自己防衛術

この本は、かの有名な魔術結社、黄金の暁団の魔術師、ダイアン・フォーチュンの手になる、霊的汚染から身を守るための解説書です。

本当の魔法使いは、「霊的汚染」を真に恐れていて、儀式で使う道具、香や香油などの製造も全て原料の採取から魔術師本人が行うか、魔術団の中で分業して作ったり、入門の修行者の場合は、身につけるペンタクルやローブ、短剣や聖杯を師匠から授かったりします。こういうことを知らないで、うかつに魔術には手を出さないでください。魔に魅入られる恐れがあります。また、聖別されていないタロットは使わない方が良いと思います。プロの占い師さんの中にも、タロットの聖別をしないでカードを使い始める方もいて、「おいおい、大丈夫かよ」と思ってしまいます。この辺は、タロットの記事をまた改めて詳しく書いて、お話します。

とにかく、かように、本来の魔術師、占い師は以上のように、「霊的汚染」には非常に気を使います。

大昔、先生に魔術を習っていた学生の時、先生から授かった様々な、香油、お香、お掃除用のソルトで、自分の部屋を毎日、掃除したり、香油やお香を使ってきれいにしていたことを思い出します。

掃除をサボると、途端に魔に魅入られることを思い知りました。

一般の方が霊的汚染を防ぐ方法

ただ、一般の方は、そこまでいちいち気にしていたら、生活ができませんし、物理的に原料から全て自分で調達するとか、先生から授かることは無理ですので、簡単な、霊的汚染の除去の仕方をご紹介します。

まず、できたら毎日、乳香や没薬などのお香を炊くと良いです。これも自分で調達するのは不可能だと思いますので、白檀などのお線香、各種のお香で代用されても結構です。もちろん、きちんとした来歴のお香を使ってください。

しかし、最も大切なのは、お掃除です。

お掃除には、「天然塩」

お掃除する時はどうしましょうか?

それには、「塩」を使うことです。工業製品の塩化ナトリウム、食塩よりも、自然塩、天然塩が良いです。

この塩も、本当は、素性、来歴のしっかりしたものをお使いになる方がベターです。昔ながらの製法で、謙虚にひたむきに塩を作っている職人さんが、まだ日本にも少ないながらいらっしゃいます。そういう方のお塩をお使いになればまず間違いありません。

あるいは、海辺にお住まいの方なら、塩はご自分で作ることもできます。

その他は、ご自分でご判断して、なるべく霊的波動の高いものをお使いください。霊的波動が高いとは、商業主義や利益至上主義に毒されていない、ということです。ですから、良心的な生産者から直接購入するのが良いです。くれぐれも自己責任でお使いください。

この塩を、お掃除の時に、最後の仕上げに、きれいな水の中に溶かし、仕上げ専用の布(未使用の手拭いなど)を浸し、よく絞って、床や壁などを拭いてお使いください。

部屋の四隅に盛り塩をする、というのは、私の流儀ではあまりしませんが、ためにしてみて効果がありそうならやっても良いと思います。

きれいな半紙に塩を円錐型に盛ってみてください。最初は、毎日取り替えて1週間くらいは続けてみてください。だんだん部屋が浄化されてきたら、1週間に一度くらいで取り替えるのでも良いでしょう。最終的には、月の運行に合わせて、満月と新月の日に取り替えるのでも良いです。取り替えた塩は、食べないでください。そのまま、燃えるゴミとして下に敷いた半紙にくるんでお捨てください。

玄関は毎日拭き掃除

玄関をいつもきれいにしておくことは、霊的防衛の基本です。特に、玄関ドアや上がりかまち、玄関の天井、こういうところは入念に掃除しましょう。

そして、忘れてはいけないのが、玄関の土間の部分です。今現在、文字通り土間が、「土」であるお家は少ないと思います。玄関の土間は、タイル敷、大理石、少なくとも、コンクリートでしょう。でしたら、掃き掃除をして、デッキブラシなどで水洗いした後、土間を先の塩水の手拭いで拭き掃除をする、ということも大事です。

私の住まいは、マンションですが、部屋の玄関は、出張や旅行で留守にする以外は、毎日拭き掃除をしています。こうやって靴についてやってきた「霊的汚染」を取り除くのです。

以上は、ご自分の流儀で構いませんので、工夫してやってみてください。もちろん、毎日が無理なら週に一回でもやらないよりははるかにましです。