未来予測の部屋

世の中の動きや人の未来を予測します

「東洋魔術」の記事一覧

旧暦七月(8月8日〜9月6日)のタブー

今年も旧暦7月がやってきました。去年もこの月のことはご紹介しました(去年の記事はこちら)。 今年も、台湾の道士、魏さんのサイトに旧暦7月についての注意が載っていましたのでご紹介します。 箇条書きにして要点をお知らせします […]

呪詛つづき

義憤と私怨の区別は難しい。呪詛を行うと必ず自分に返ってくる。そうすると、呪詛は、ある意味命がけである。 故に、自分の命を賭けてまで、相手に呪いをかけ、守るべき価値があるものなのかどうか、よく考えてみることが大事だ。 呪い […]

鳥獣戯画

漫画の元祖と言われる「鳥獣戯画」。正しくは、「鳥獣人物戯画」というらしいです。 平安時代末期〜鎌倉時代のものらしいですね。作者は、鳥羽僧正覚猷とも言われていますが、はっきりしません。 この絵の中で描かれている動物は風水的 […]

呪殺祈祷僧団について

呪詛というものには手を出さない方がいい。人を呪わば穴二つ。呪詛の怖さは身に沁みて知っている。 世の中には、殺してやりたいと思う奴もいるが、本当に殺す価値のある人間は非常に少ない。個人的には、本当に、呪詛はやめたほうがいい […]

旧暦7月、鬼扉が開く

台北101の風水も監修した、台湾の名風水師、魏さんのブログに記事が載っていましたので、その概要をお知らせします。魏さんには、私もみてもらったことがあります。 旧暦7月(8/19〜9/16)は鬼月と言って、大変縁起の悪い月 […]