1月25日午前6時43分、みずがめ座で新月となります。

新月ですから太陽と月が合(0度)の角度を作っています。そして、特に注目すべきは、太陽と月が天王星と矩(90度)になっていることです。この太陽と月は上昇点にあり、強いエネルギーを持っています。そして、第3室の天王星も強いエネルギーを持っています。そこで、これらの太陽、月、天王星が、凶の角度を作るということは、突発的な事件、事故、核爆発、革命、地震などが起きる可能性があります。今、中国の武漢で発生した新型肺炎が心配になっていますが、爆発的な流行や、ウィルスの突然変異などに注意が必要です。第3室の天王星からすると、近隣の国で突発的なことが起きるという暗示だと思いますので、これは、特に注意が必要です。

第6室にドラゴンヘッドがあり、ドラゴンテイルと木星が合(0度)、これらの星々がドラゴンヘッドと衝(180度)を作ります。また、木星とマジョリティー(星団)を作っている冥王星、土星にも影響を与えます。第12室に星団があり、第6室と衝の凶角を作っているので、健康、労働の分野で深刻な影響があります。ということは、やはり、武漢の新型肺炎は、深刻な状況になる可能性があります。

さらに、第10室の火星と第2室の海王星が矩(90度)の凶角をなしていますので、薬物事件、海の事故、大規模な詐欺事件などが懸念されます。

現在、山羊座と水瓶座に10惑星中6惑星が集中しているので、ちょっとバランスが悪くなっています。人の身心も乱れがちですので、カッとなったり、体調を崩したりしがちです。どうぞ、健やかにお過ごしください。