オンラインだけというのは、やはりヤダな

去年ぐらいからずっと、ほとんど何もかもオンラインでやっているわけですが、私は昭和の人間であるせいなのか、画面越しにコミュニケーションするのは物足りないです。

もちろん、お仕事は別です。そして、お仕事は、もちろん楽しくやってます。

しかし、プライベートで、しかも楽しみのためにやっていることが苦痛になっちゃうのは辛いですね。

私は、美味しいお酒を飲みながら人と話をするのが大好きなので、「飲み会を断らない男」です。しかし、最近のオンライン飲み会は、勝手が違っていけません。実際にあったこともない人と画面越しに、初めまして、とかやっても、どうもピンと来ません。

コロナ前みたいに、対面だったら話す呼吸もわかるし、相手の表情もよくわかる、よくわからなければノートとペンを出して図解することだってできます。

最近は、どうも、自分の話をしたい人は沢山いますが、面白い話をしてくれる人はなかなかいなくて、つまらないんです。コロナ前のリアルの飲み会は、人の話を訊いているだけでも楽しかったです。とっても面白い人がたくさんいたから。しかし、今、そういう方々とはオンラインではお目にかかれていない人が多くて残念。きっと先輩方の多くは、オン飲みは本能的に好かんのでしょう。私も、相手の顔をじかに見て話したい口なので、苦手でいけません。

それから、みんなが、ゼミみたいに共通テーマを大人数でディスカッションしたくて飲み会に参加するわけじゃない。そして何らかのコンセンサスを得るためにやるんではないと思うのです。会社の営業会議じゃないんだから、そんなのは本当につまらないです。

まあ、これは誰のせいでもなくて、オンライン会議ソフトというシステムがそもそも会議のためのものなんだから仕方がないんですけどね。

以前参加した朝活のミーティングでは、チームスのように強制的に小グループに分けてディスカッションさせる、というようなシステムを採用しているところもありました。調べてみるとZoomでもできるみたいですね。

考えてみれば、大人数のリアルの飲み会も、話をするのは同席している3、4人でした。やはり、3、4人の少数の同席者と懇談する、あの人と話したいから参加する、というスタイルが私は好きです。

早く、リアルで飲み会、本当にやりたいです。そして、普段話せないあの人と、そして同席の数人と話したい。

このコロナ禍が本当に終わった時、また、あの人とお酒を飲みながら楽しくお話できることを祈っています。

ところで、この本は、日本橋の丸善で去年から今年バカ売れした本です。続編も売れています。

この本には、”Online merges offline.”(オンラインがオフラインを包摂する。)と言う考え方が載っていて、それを中心に論が展開していきます。

これからは、オフラインのない時代が来て、何でもかんでもオンラインで済んでしまう。特にビジネスは全ての出発点がオンラインになります。そして、リアルはとてもレアな体験になるようなのですが、そのリアルまでもがオンラインに取り込まれてしまって何らかのオンラインの要素を帯び、いわゆる昔のリアルは存在しなくなってしまうと筆者は言っています。

つまり、コロナ禍が本当に終わっても元通りにはならない、と言っているわけですね。

皆さんは、どう思いますか?