酸化防止剤無添加の白ワイン

信州に塩尻というところがあります。武田信玄の時代に、駿河の今川氏が相模の北条氏と結託して、甲斐国への塩の禁輸政策を行いました。その時、越後の上杉謙信が、甲斐に塩を送って寄越し、いわゆる「敵に塩を送る」という故事ことわざにもなったことがその地名の由来だという説があるそうです。真偽のほどはわかりませんが、現在塩尻市は、地球温暖化のご時世で、そのテロワールも奏功して、大変良いワインの産地になっています。

特に、塩尻のワインは、酸化防止剤を入れないワインとして、このアルプスワインなどいくつかの蔵元がとても有名です。原料のブドウは、色々と栽培していますが、ナイアガラという、香りがよく新鮮な甘味のブドウを原料として作られるワインは人気があります。

ほんのり甘い味わい深いワインです。しかも、一升瓶でこのお値段になっております。

よく冷やして、ランチワインとしてサンドイッチやグラタンなどと一緒に頂くととても美味しいです。