初夏のような気候にはミュスカデはいかがでしょうか?

東京は気温の高い日がここのところ続いていました。

こんな日には、ミュスカデにカルパッチョなんかがいいですね。

先日は、義父の家で、タコのカルパッチョ、春キャベツとベーコンとアンチョビのパスタなどのお供に、ミュスカデを頂きました。

サッパリと海鮮を頂きたい時にはとても重宝するワインです。

シュール・リーという方法で醸造します。シュール・リーとは、日本語では「澱の上」という意味で、白ワイン用のブドウが発酵した後に「澱引き」して、澱を濾し取ってしまいますが、シュール・リーは、澱を残しておいてさらに醸造を続けます。これにより、風味や香りが豊かになり、さらに、微炭酸のピリッという独特の風味がつきます。

「生牡蠣にシャブリ」なんてよく言いますが、私は断然「生牡蠣にはミュスカデ」派です。そんなに高くないので、家に常備しておくとこれからの季節楽しめます。