池袋のベトナム料理

先日、池袋にコンサートに行った折、コンサートが夜7時半からと遅めでしたので、その前に腹ごしらえしました。

「333(バーバーバー)」というベトナムビールで喉を潤してスタート。3が三つで9となり、ベトナムではとても縁起のいい数ということでこの名前がついたとか。

そうこうしているうちに…

お約束の生春巻き。皮はしっとり、お野菜はシャキシャキ、エビやお肉は新鮮でプリプリ、とても美味しかったです。

次は、エビとレモングラスの炒め物。レモングラスを具に使っているところが珍しくて注文してみました。

レモングラスって、タイカレーとかに香辛料として入っていたり、レモングラスティーにして飲んだりしたことはありますが、料理の具として食べたのは初めてです。

シャキシャキして野菜のように食べられるのかあ、と感心しました。うちのベランダ農園のレモングラスも大きくなったので、今度同じように具にしてみようと決意しました。

お肉も食べようということで、ベトナム風スペアリブ。ヌクマムがよく沁みていて、とても美味しかったです。付け合わせにミントがたっぷりあったのも嬉しかったです。

締めにはフォー、ベトナム料理といえば、やはりフォーを食べないといけません。鶏肉のフォーだったかな。ダシがよく効いていて美味しかったです。これにもミントが薬味としてたっぷりあったのは嬉しかったです。

食後は、ベトナムコーヒーとベトナムのお汁粉のチェーです。ベトナムコーヒーは、コンデンスミルク(練乳)が入っています。チェーは素朴な味。こういうアジアンデザートはけっこう好きです。

お腹いっぱいです。

お店は、フォーベトさんでした。ごちそうさまでした。