ユリ・ゲラーは、エイリアン・コンタクティだった!

日本の50代以上の人なら誰でも知っている、ユリ・ゲラーは超能力者として、スプーンやフォークを念力で曲げるパフォーマンスで超有名です。

しかし、実は、ユリ・ゲラーは、エイリアン・コンタクティだったらしいのです。超能力の部分ばかりが強調されているので、あまり一般には知られていないでしょう。

まず、以下、ユリ・ゲラーについての英語版のWikipediaから引用します。Google翻訳を一部修正しました。

ゲラーは、彼の超能力は地球外生命体によって彼に与えられた超常的な力の結果であると主張しました。超常現象科学調査委員会(CSICOP)はゲラーの経歴の初期において大いに批判しました。

アンドリヤ・プハーリックは1971年にゲラーに会い、彼を本物の超能力者と認めました。催眠術の下で、ゲラーは彼が53,000光年離れた宇宙船から地球外生命体によって地球に送られたと主張しました。

ゲラーは後にその宇宙ファンタジーの主張を否定しましたが、「私のエネルギーのいくつかが地球外のつながりを持っている可能性がわずかにある」と断言しました。(プハーリックは)ゲラーが彼の家の壁を通して犬をテレポートさせたと述べました。

上記の中の、「アンドリヤ・プハーリック」という人は、ユリ・ゲラーの伝記の著者です。その伝記「URI」の中で、ユリ・ゲラーの地球外生命体(スペクトラというエイリアン)とのコンタクトについて詳しく書いています。以下、一部引用します。翻訳は基本Google翻訳で、所々修正しました。

小説でも読むようにどうぞ読んでみてください。

1971年12月4日土曜日、私たちは私たちを混雑させていた出来事と、私たちが真実に向かって最善の方法で進む方法について話し合いました。追求すべき最も重要な線は、オブジェクトが消えてすぐに再出現する現象であるように思われました。消えるオブジェクトの力がユリだけにあると確信できれば、問題は単純化されます。しかし、この力が地球外の知性によって制御された場合、私たちは人類の歴史の中で最も重大な啓示の1つに直面するでしょう。

リが研究室のセッションのために午後3時に現れたとき、イツァクと私はそれを要約したので彼に私たちの立場を説明しました。ウリはまた、12月1日の催眠セッションの前に、この方法でオブジェクトの出現と消失を意識的に制御することができなかったことを私たちにはっきりと明らかにしました。ある意味で、彼は自分の力が本当に自分のものだといつも思っていたので、かなり落胆していました。今、彼は彼の精神的および感情的な生活の中で外部の知性の存在をますます感じ始めていました。

しかし、彼が認めたように、これはすべて疑惑にすぎませんでした。これまでのところ、明確な答えを示した証拠はありませんでした。彼の不確実性と私たちの調査を考慮して、彼はオブジェクトを消滅させて再出現させることを試みるという私たちの提案に非常に容易に同意しました。

どんな試験材料を使いたいのか、ユリに聞いてみました。私は彼に金属、プラスチック、ガラス、有機材料などの選択肢があると言いました。彼は長い間これについて考え、「私に5本のペンをください」と言いました。私は5本のボールペンを集めて彼に提供しました。ユリは「5本のペンのうち1本を自分で選んでみませんか?」と言いました。私は3つの主要部分を持つパーカーボールペンを選びました、そして、次のように各パーツのコード番号をスクラッチしました。プラスチックボディ、#36。金属製クリップケース、#145; 真ちゅう製フィラーカートリッジ、#367299。この手順の後でペンを組み立てて、木製のシガーボックスに入れました。ユリは真剣に箱の近くに腰を下ろし、左手を触れずに9分間置きました。

「さて、私は何かが起こったと思います、アンドリヤ。箱を開けて見てください。」彼はとても静かに言いました。私は箱を開けました。パーカーペンはまさに私が置いた場所にありました。実験は失敗しました。私は箱の中に手を伸ばし、ペンを手に取りました。ペンが軽く感じたことがすぐにわかりました。金属製のキャップを押してボールポイントを飛び出しました。バネの動きもありませんでした。金属製のクリップケースをプラスチック製の本体から外しました。真ちゅう製のフィラーカートリッジはありませんでした!人生でこんなに驚いたことはないと思います。

ベントフと私は、この真ちゅう製のフィラーカートリッジが、壊れやすい素材に影響を与えることなく、プラスチック製の金属製のハウジングとシガーボックスからどのように取り出されたかについて話し合いました。この真ちゅう製フィラーカートリッジがこれらのハウジングに損傷を与えることなく消えるには、原子ごとに分解する必要があります。これを行うには、今日の人間には知られていない、巨大なインテリジェントエネルギーが必要でした。私はユリに、この失踪の間に何か感情があったかどうか尋ねました。「まあ、私はそれをしたとは思いません。消えるかどうかわかりませんでした。ペンの一部だけが消えるということは確かに知りませんでした。これが起こったとき、私は特別な気持ちはありません。金属を割るようなものです。私はそれが起こることをとても望んでいます。そのカートリッジがどこに行ったのかわかりません。私が言えるのは、それが何らかの証拠として戻ってくるということだけです。」

その後、ユリは社会的関与のために出発しなければならず、真夜中頃に戻ると言いました。イツァクと私は座って話をしました。イツァクは、ユリに起こっていることは旧約聖書の予言の伝統に非常にあると非常に強く感じており、私たちは開発の初期段階で彼を捕まえていました。彼はまた、私が完全に確信していなかったけれども、ユリの後ろに知的な力があることを今までに完全に確信していました。もっと証拠が必要でした。

しかし、イツァクは私を一段階超えていました。彼は力が「善」なのか「悪」なのか心配していました。彼はとても心配していたので、彼の第一人者である超越瞑想の教師であるマハリシ・マヘシュ・ヨギを呼び、問題について「裁定」を受けたいと思いました。私たちがこれらのことについて悩んでいた理由は、「声」が現れたとき、私たちは質問する機会がほとんどまたはまったくなく、質問したとしても答えられなかったからです。イツァクと私は、彼が去っていったので、別の催眠セッションを開いて、いくつかの質問に答えられるかどうかを確認することにしました。ユリは1971年12月5日午前1時にアパートに戻り、催眠術の計画に同意しました。

午前1時30分に催眠術の誘導が私によって始められました。ユリは「誰かが大きなスピーカーを通して話している」と言った。それから「声」が聞こえました。テープレコーダーは、目に見えない電源によって無効にされました。声がどこから来たのかわかりませんでした。ユリの声ではありませんでした。

「ここにいるよ。準備ができています。聞いています。」

イツァクは、次のように尋ねました。「私はこのことについて、私の師である、マハリシに相談したいのですが、してもいいですか?」

「いいえ、彼には興味がありません。しかし、あなたは米国でさらなる情報を待たなければなりません。あなたは私たちから指示を受けるでしょう。あなたは12月14日午後8時、ニューヨーク時間に自分で瞑想しなければなりません。その日は雨が降るでしょう。それがあなたの力、雨です。これを誰にも繰り返さないでください。アンドリヤ、あなたはユリの世話をしなければなりません。彼の世話をしてください。彼は非常にデリケートな状況にあります。彼は今後50年間で唯一の人です。私たちは非常に、非常に遠くにいるつもりです。スペクトル、スペクトル、スペクトル:それは私たちの宇宙船です。」

アンドリヤ:「それはどれくらい離れていますか?」

「それは5万3千69光年離れています。」

アンドリヤ:「一光年はどのくらいの距離ですか?」

「あなたの惑星には、私たちの人々が残した本がいくつかあります。ユリは今後数年で見つけるでしょう。あなたの質問に答えます。それらを保持し、それらを保持し、それらを保持します。彼らは仕事を終えた後、彼ら自身を具体化するでしょう。イスラエルの状況について質問しないでください。それは彼[ユリ]だけから出てくるでしょう。心配しないで。心配しないで。心配しないで。ちなみに、あなたの小さなおもちゃのペンの部分は私にぴったりです。近いうちに返送します。ユリを送り返します。さようなら!」

ユリは頭痛で目が覚め、とてもぼんやりしていました。私は彼に何が起こったのかを話しました。彼は一言も覚えていませんでした。私は彼にテープレコーダーが詰まっていて録音できなかったと言いました。彼はテープレコーダーに手をかざすと、すぐに完全に機能し始めました。ユリはまだぼんやりしていたので、私は彼を家に連れて帰りました。

1971年12月6日午前2時、私は上記のセッションについてユリと話していましたが、彼は何も思い出せませんでした。私が話している間、彼は無意識のうちにいたずら書きを続けました。彼が終わったとき、私は彼がいたと感じた大きな部屋の絵を描いたのを見ました。図面を見ていると、いきなり詳細を思い出し始め、「スペクトラ」の宇宙船だと言いました。

1971年12月6日の朝、イツァークはロッド空港に向けて出発し、ヨーロッパとアメリカに行きました。私は朝、テープとメモを記録し、カメラとテープレコーダーを順番に手に入れました。10時半に私は入浴してヒゲを剃るためにバスルームに入りました。電池式の小型SonyAMラジオをつけました。私は、1つを除くすべてのラジオ局がトーン信号によって遮断されていることにショックを受けました。これは、米国のコネルラッドシステムなどの無線警報システムだと思いました。ダイヤル860kc設定の1つのステーションは、ヘブライ語の解説付きでアメリカ音楽を再生し続けました。この約10分後、私はユリに電話して、何が起こっているのか尋ねました。彼は自分のラジオをチェックし、すべてのステーションが正常に動作していると報告しました。彼は、半分冗談で、おそらくスペクトラが私に科学のいくつかの教訓を教えていたのではないかと言いました。この奇妙なラジオ効果の約15分後、すべてのラジオ局が通常の番組を放送しました。

その時は気づいていませんでしたが、やがてこれが理科の授業であり、最初の授業であることがわかりました。正午に私はウリのアパートに行きました、そして彼の母親は私たちのために素晴らしいハンガリー料理を作ってくれました。そこでまた、ユリの親友である16歳のシピストランに会いました。私はすぐにシピが早熟な若者であることを発見しました。私たちは3人の間で、2人が相手の考えを推測しようとするゲームを設定しました。シピが一緒にいたとき、私はUriからテレパシー信号を完全に受信できたことがわかりました。数字(1桁、2桁のセット、3桁のセット); 色; 英語、ヘブライ語、ギリシャ語の単語。私はテレパシー能力に本当に驚異的でした!私はその理由を理解しようとしました。ユリと私が以前にそのようなテストを行ったとき、私はこれをうまく実行できませんでした。ユリは、シピが周りにいたとき、彼には余分な「力」があると私に打ち明けました。どういうわけか、ユリとシピの2人は私のためにも何かをしていた。シピは午後6時にユリ宅に帰宅し、私は夕食のためにアイリスの家に招待されました。私たち3人は夕方に古いヤッファに行くことに決めました、そして途中で私たちはユリが彼のアラブの庭を楽しんでいた子供の頃に住んでいた地域を通過しなければなりませんでした。ユリが住んでいた角に着くと、彼は車の速度を落とし、交差点で止まって待ちました。

突然、丸い、白い、サイドフィン(またはウィングスタブ)を備えた明るい宇宙船が、西から東に向かって南北の通りを横切って点滅しました。これは私たち3人に見られました。それは非常に低く、音もなく動きました。時計をチェックしました。ちょうど午後9時でした。目撃は約2秒続きました。空は低く重い雲で曇っていて、機体からの光は雲量から明るく反射しました。私たちは黙って運転しました。もうヤッファに行きたがる人はいませんでした。代わりに、私たちはコーヒーを飲むためにディゼンゴフに行くことにしました。

午後10時頃、時速50マイルの強風で大雨が降り始めました。私たちは歩道のカフェを捨てて、屋根付きのショッピングアーケードに入りました。ついに私たちはこれにうんざりし、運転中の雨の中を駆け抜けて、路上に駐車していた私の車にたどり着きました。私はアイリス、次にユリを彼らの家に運転しました、それからまばゆいばかりの暴風雨を通り抜けてヘルツリヤの私のアパートに戻りました。

運転していると、何かが起こっていることに気づきました。私はテレパシーと透視のための新進の才能を経験していました。気になったのは、まるで自分が関わっていないかのようだった。私はそれを獲得していませんでした。それは「贈り物」でした。彼が「でも、それをやっているのは私ではない!」と言ったとき、私は今、同情することができました。アパートはハイファロードを越えてテルアビブの方を向いていました。雨が窓に降り注ぎ、すべての視界がぼやけていました。私はそこに数時間座っていました。おそらく、私は別の明るいクラフトがフラッシュするのを見たいと思っていました。しかし、何も起こりませんでした。とうとう私は完全に目を覚まし、今まで思いもよらなかった考えを考えて寝ました。

宇宙には本当にある種の文明化された生命がありましたか?人類を秘密裏に看護しますか?私はこれらの可能性を想像力の練習として考えることができましたが、科学的証拠の問題は解決できないようでした。

1971年12月7日の朝、私はヤコフから興奮した電話を受けました。彼は直接提供するために約54の情報を持っていました。ユリと私は午後12時45分にヒルトンホテルに車で行き、彼に会いました。ヤコフは、イスラエルの学者が「ダカシェム」という言葉の意味を解読したことを非常に興奮して話してくれました。

約4000年の間この形で使われていなかったのはエジプトの町の名前でした。町の現代的な名前はKhashemElGalalaでした。エジプトの軍事地図では、その座標は892891でした。「ダカシェム」はエジプトの侵略計画のコードネームであると信じられていました。ヤコフは、私たちが提出した情報の十分な詳細が検証され、現在真剣に受け止められていると私たちに知らせました。この問題に取り組んでいるスタッフの何人かと会って話をするようにユリに要請がありました。彼はこの軍事演習に深く関与したくなかったので、これのどれもユリを喜ばせませんでした。私たちがヤコフと別れたとき、ユリは軍人との会談について予約をしていると言いました。12月3日金曜日にユリとシピが陸軍本部ビルの上に浮かんでいる宇宙船の写真を撮った場所を見に行きたくなりました。このエリアに着く直前に、アルロソロフ通りのジョッパハイファロードを渡らなければなりませんでした。 JoppaHaifa Roadで、信号で止められました。光が変わるのを待っている間、ユリは私の腕時計、ユニバーサルジュネーブクロノメーターを求めました。時間は午後1時32分でした。彼はステムを引き出して時計の針を12:00時間にリセットしました。彼は私が彼に3つの数字を大声で言うように要求した。私は「4、6、9」と言いました。それから彼は私に時計をくれ、それを私の左膝に伏せて置き、私の右手の人差し指をその上に置くように私に頼んだ。これは私がしました。それから彼は私が以前に選んだ3つの番号の1つを選ぶように頼みました。私は「9」と言いました。信号が変わり、ユリはアヤロン橋に向かった。橋の送電線の下を渡ると、ウリは「今度は時計をひっくり返して、何かが起こったかどうかを確認してください」と言いました。時計をひっくり返しました。正確に09:00に設定されました!私はユリにこれが何を意味すると思うか尋ねました。宇宙船との打ち合わせのランデブーの時刻だと強く感じたといいます。

私は、真面目な目撃や地球外生命体との出会いの単なる考えが私を駆け抜けて震えていることを告白しなければなりません。ユリと私は、写真を撮った街角を調べました。イスラエル軍本部の眺めは完璧でした。このエリアはユリをかなり緊張させたので、私たちはあまり長く長居しませんでした。その夜、アイリスと夕食をとる手配をしました。私はユリを彼のアパートに戻し、それからヘルツリヤの私のアパートに戻りました。私は数時間昼寝をしました。4時ごろ起きてとてもすっきりしました。その夜は何でも準備ができているのではないかと思って、携帯性とアクセスのしやすさのために機器を慎重に梱包しました。Super 8 Nizo Braunムービーカメラをチェックアウトし、高速フィルムカートリッジEkta160をロードしました。次に、ブラジルで撮影したような夜空の写真用に、ハッセルブラッドカメラに3000ASAポラロイドフィルムをロードしました。でも今回はゾナー250mm望遠レンズを持っていました。オーディオ録音用の新しいHitachi120分カセットをTC120テープレコーダーに入れました。また、非常に低レベルの音を録音するための超高感度マイクとプリアンプを取り付けました。6時半までに私はすべての技術的な準備を終えました。

私は7時にウリに電話して準備ができていることを伝えました。その時、ユリはアイリスが彼と一緒にいて、何か変わったことが起こったと私に話しました。彼は彼とアイリスの両方が腕時計を着ていたと報告しました。私の電話を待っている間、それぞれの時計は、未知の目に見えない機関によって正確に1時間針を進めていました。

この日に起こったこれらすべての操作は、来たるべき嵐の前兆のように見えました。私はユリに時計の針の進歩が何を意味すると思うか尋ねました。彼は、以前に予測したように、午後9時に宇宙船に遭遇する代わりに、その夜の午後10時に発生するだろうと感じました。テルアビブにあるアイリスのアパートで8時30分に会うことに同意して、この電話での会話を終了しました。

アイリスのアパートで会ったとき、ユリはまだ夕食を食べていなかったようだった。アイリスはユリに何を食べたいか尋ねました。それは簡単で素早く作ることができました。ユリは固ゆで卵を3個頼みました。私たちは皆、食事をより早く作るのを手伝うために台所に行きました。アイリスは冷蔵庫から新鮮な冷たい卵を3個取り出し、カウンターの上に置きました。それから彼女は鍋を手に入れるために歩いて行き、それを水で満たし、そしてそれをストーブの上に置きました。それから彼女はカウンターに戻って卵を拾い、恐怖で叫んだ。3個の卵は熱く沸騰していた、そして検査はそれらが今ハードボイルドされていることを証明しました!いくつかの混乱した議論の後、私たちはこれが私たちが急いでいたほうがよい兆候であることに同意しました。しかし、もちろん、私たちの誰も、私たちがどこで急ぐべきかについて何も考えていませんでした。アイリスがお茶を飲みながら、ユリは3個の卵を食べ、私はコーヒーを飲みました。私たちはテーブルの周りに座ってお互いを見つめていました。誰も何をすべきかわかりませんでした。

するとユリは飛び上がって、「今すぐ出発しなきゃ!」と言いました。アイリスは台所を片付け始めました。ユリは「時間がない!さあ行こう!” 彼が道を切り開いたので、私はそれに従いました。アイリスはドアロックをいじりました。彼女が階段を降りようとしたとき、彼女は目に見えない存在が彼女に突き刺さるのを感じました。彼女は緊張していると率直に告白しました。

ユリの車に乗り込んだらすぐに、すべての機器が安全であることを確認しました。ユリは叫び声を上げて縁石から離れ、テルアビブから狂ったように出て行きました。彼は交差点に到達し、私が曲がる方向を選ぶように主張しました。このドライブは、数日前のシナイ半島のジープでのライドと非常によく似ていました。このナビゲーション方法により、私たちは二次道路と裏道にとどまりました。どこに行くのか、どこにいるのかわかりませんでした。私たちは一般的にテルアビブの郊外を東に向かってロッド空港の方向に向かっていると感じました。午後10時直前、私たちは新しい高層マンションに囲まれた、ゴミ捨て場のように見えるオープンエリアを通り過ぎていました。突然、私はユリにとまるように命じました。私たち3人全員が、1匹のクリケットが絶え間なく鳴くような音を同時に聞きました。

ユリは車を止めました。ダンプに向かって進み、堤防のような堤防を登りました。頂上に着くと、鳴き声の方向に、1秒間に約3回点滅する青いストロボライトが点滅しているのが見えました。ブルドーザーを塗ったばかりの濡れた泥だらけのエリアを、青い光とクリケットの音に向かって歩き続けました。私たちは光と音の源から約100ヤード離れて立ち止まり、お互いにささやきました。ユリはアイリスと私がさらに一歩前進することを禁じました。彼は、「私だけがそれに近づくことを許されている」と言った。動画を撮ってもいいかと聞いてみました。ユリは「私は先に進むけど、動かないで」と言いました。その後、ユリは一人で前進し、くぼみに降りると視界から消えました。青い光を記録できたらラッキーだと思って、この不思議な夜景の動画を撮り始めました。それからアイリスは私の隣で震え、泣き始めたので、私は彼女をサポートするために撮影をやめました。彼女の周りに腕を組んでいると、夜に時計の発光ダイヤルが光っているのが見えました。午後10時のアイリスは落ち着いたと言っていたと思いました。私たちは立って、強力な青い光が点滅するのを見ました。クリケットの音が止まりました。今は、ストロボフラッシュのポックポックポック音だけが聞こえました。私は周りを見回しました。この広大な暗視野には誰も見えませんでした。ユリは戻ってくるだろうか?それから約30ヤード離れたところにユリがくぼみから出てくるのが見えました。彼はひっくり返った手のひらに本を持っているかのようにゆっくりと私たちに向かって歩いていました。

3日前にパーカーペンの内側から消えた真ちゅう製のフィラーカートリッジを彼の手のひらから拾いました!すぐにポケットライトを点滅させたところ、コードが表示されました:#367299。この小さなオブジェクトの意味、計り知れない意味に圧倒されました。しかし、私はすぐにそれをポケットに入れて、ユリの世話をしました。彼は、夢遊病者の状態で、トランス状態にあるようでした。そうでなければ、彼は私たちを去ったときとほとんど同じように見えました。私は彼に何を見たのか聞きました。彼は苦しんで私を見ました。彼は話すことができませんでした。アイリスと私はユリをでこぼこの泥畑を越えて車に連れて行きました。

最後に、ユリは「アンドリヤ、ここから離れよう」と話しました。私は車を約1マイル離れた静かな場所に運転しました。ユリは私に駐車するように頼みました。彼はまだぼんやりしていましたが、私は何が起こったのかを見つけることに固執しなければなりませんでした。

彼は私に次の話をしてくれました。それは私がTC120にテープで記録したものです。

「その後ろには大きなヒノキの木がありました。また、木に対して青い光がはっきりと見えました。光は真っ青でした。それから私はくぼみに入り、光を見失いました。くぼみから登ると、光が私に迫っていた。何も考えず、何も感じずに歩きました。それから私は手を出しました、そしてそれらの中にあなたのペンカートリッジが現れました。次に何が起こったのかわかりません。私の心は空白でした。次に私が知っているのは、あなたとアイリスを見たということです。どれくらいでしたか?」

「あなたは約4分そこにいました」と私は報告しました。

「それは数時間のようでした」とユリは答えました。アイリスはとても静かでした。私は彼女に何を見たのか聞いた。彼女は私と同じことを見聞きしたと報告しました。彼女は青い光とクリケットの音を非常に確信していましたが、青い光の下に何があるのか​​はわかりませんでした。私たちはあえて私たちが疑ったことを述べませんでしたが、確信がありませんでした–青い光の下に船体がある可能性。私たちはテルアビブに戻ってコーヒーショップに行き、それについて話し合うことにしました。

ユリは運転することを主張しました。アイリスはヘブライ語でユリと話しました、彼に何が起こったのか思い出させようとしているのです。私は後部座席に座って、その日のすべてのイベントを調べました。しかし、ほとんど馬鹿げた考えが私に戻ってきました。「私たちが現場で見たような異常なことはありませんでした。それはすべてある種の幻覚でした。たぶん、その青い光はすべて幻覚でした。ユリは私をだましていたのです。彼は予備を購入してそのカートリッジを私に掌握した。しかし、彼はどうやって私自身のシリアル番号を知ったのですか?」だから私の考えは輪になって続いていました。

ユリとアイリスは前の席で大声で会話をしていたので、私は自分の考えのいくつかをテープに録音しようと思いました。彼らは私に気付かないだろうと確信していました。私は暗闇の中でテープレコーダーに手を伸ばし、進むボタンと録音ボタンを押しました。それは詰まってしまっていました。ペンライトをつけてレコーダーを見ました。ユリの現場体験の感想を記録したカセットが消えてしまいました!これは、トーマスの態度を疑うことへのオブジェクトの教訓だと感じました。私はこの効果をアイリスに示しました、そして彼女は私が約20分前にユリとの私のインタビューを実際にテープに録音したことを確認しました。私たちは喫茶店に行き、軽食を注文しました。私たちは自分たちの経験から何らかの意味を理解しようとしました。

私たちは懐疑的でしたが、ユリがアイリスと私を離れて青い光に向かって歩いたところまで、私が記録したすべての詳細に同意したようです。しかし、私たちの誰も、青い光がUFOに関連しているかもしれないという可能性を本当に受け入れることができませんでした。青い光に向かって歩いた後、ユリはフィールドで何を見たのかはっきりと思い出せませんでした。しかし、私は何かが彼をかじっているのを見ることができました。彼はアイリスに、彼は夕方までに非常に疲れていて動揺していて、引退したいと言いました。アイリスは非常に理解していて、少し休むべきだということに同意しました。私たちはアイリスを彼女の家に連れて行きました。彼女がいなくなるとすぐに、ユリは「今夜はもう少し働かなければならない。アイリスの前に放った以上のことを覚えています。私は彼女にこれを真剣に受け止めてほしくありません。彼女にそれを忘れてもらいたいのです。あなたと私は、他の人が知ることができるいくつかの兆候を得ることができるまで、この問題を秘密にしておかなければなりません。しかし、私はそれが本物であることを知っているとあなたに言います。その分野に出ていたとき、自分の力がどこから来ているのか、人生で初めて気づきました。今、私は彼らが私の力ではないことを確かに知っています。ああ、私はテレパシーと念力が少しあることを知っています-誰もがいくつか持っています。しかし、物事を消滅させ、物事を復活させ、シナイの空の赤い光、今夜の青い光、それはいくつかの優れた存在の力です。多分それは人間がいつも神であると考えていたものです。」

HerzliyyahHeightsのアパート61に車で戻りました。どういうわけか、ユリの本当の気持ちを表現するショックは私の疑問を一掃しました。それはまた私に無力感の奇妙な感覚を与えました。私たちがアパートに戻ったとき、ユリは私の非常に大きなスチール製のカメラトランクを引き出すように私に頼みました。彼は私のニゾ映画用カメラをビニール袋に入れて持っていきました。その袋には、私が野外でイベントを撮影したフィルムカートリッジがまだ入っていました。彼はカメラをトランクにロックしました。彼は私に15秒でトランクを開けるように頼みました、それは私がしました。そのままのビニール袋にニゾカメラが入っていたのですが、カメラを開けてみると、エクタ160フィルムカートリッジが入っていませんでした。それは消えていました。

研究者にとって、データを失うという考えは考えられませんでしたが、データを消滅させることはうんざりしていました。イベントのずっと後にこれらの文を書いているので、私は自分の所有物を持っていますが、証拠はほとんどありません。ブラジルで撮影された夜空の光の写真があります。イスラエル軍本部の上に日光の下でUFOのユリの写真があります。そして、3機の宇宙船の飛行機から西ドイツ上空で撮影された写真があります。(この後者の写真については後で説明します。)しかし、「スペクトラの声」(および後で記録された他の存在の声)が録音されたすべての磁気テープカセットは消えました。そのようなまばらな証拠で、私が他の人間に私の経験を納得させようとすることは決してできないことは私には明らかでした。スペクトラの秘密は、彼らが私に彼らの現実を納得させるのに十分な情報を漏らしたので安全でしたが、私が他の人間を納得させるのに十分ではありませんでした。

以上、引用してみました。原文から、Google翻訳して、ざっとおかしなところを修正しているので読みにくいかもしれませんが、なかなかハラハラするような描写の連続で、臨場感が伝わってくるのではないかと思います。

要するに、ユリ・ゲラーは、その超能力を「スペクトラ」というエイリアンから授けられたということのようです。

そして、この引用の最初に、ボールペンを消す実験をしたのですが、ボールペンが全部消えたのではなく、中のインクカートリッジだけが消えたのです。そして、その後、カセットレコーダーから「声」が聞こえてきて、インクカートリッジは、後で返します、と言います。その声の通り、ユリ・ゲラーが直感に従ってある場所まで行った時、ユリ・ゲラーの手にインクカートリッジが現れ、それはまさに、前の実験の時に消えたカートリッジそのものだった、というような話ですね。

以上ですが、この件についてはさらにいろいろと検証も必要でしょう。この記事だけだと、まだ生煮え感がありますので、後日また再考してみたいと思います。