ロッキード・マーチン社の上級科学者の死の床での情報公開は事実だったのか?

死の直前、エリア51などで勤務していたというボイド・ブッシュマンという科学者が、UFOや宇宙人、そしてエイリアン・テクノロジーに関する事実を内部告発者として暴露したことがありました。以下は海外のサイトに載っていた記事の翻訳です。特に驚くのは、彼が嘘発見器も使って証言したときのやりとりです。

2014年11月、元ロッキード・マーチン社の社員が行ったいくつかの開示について、簡単な叙述を掲載しました。2014年の夏に亡くなった引退した上級科学者ボイド・ブッシュマンは、死の直前にビデオを録画し、エリア51での個人的な体験と、そこでのエイリアン技術、エイリアン生物、そして彼ら独特の反重力推進システムへの関わりについて率直に語っています。「死の床」でのインタビューでブッシュマンは、航空機、エイリアン(生死を問わず)、そして彼らの未来的なテクノロジーを映し出す多くの写真を撮り、同時に、得体の知れないエイリアン訪問者から得た、これまで語られることのなかった情報の断片を開示しました。

 ブッシュマンの宣言が発表されて以来、懐疑論者やマスコミの皮肉屋は、特に宇宙人の写真を問題にして、この情報がデタラメだと言っています。その一例を紹介しましょう。

「このビデオは陰謀論者にとって完璧な嵐だった。死の床での告白のような陰謀と、魅力的な写真、そしてアメリカ政府がエリア51でエイリアンの技術を使っていたことの確証のようなものであった。
しかし、UFO愛好家にとっては残念なことに、このビデオは少なくとも部分的にはでっち上げであったようだ。ケベック州の新聞、QVTCは、ブッシュマンが写真で示した「エイリアン」は、ウォルマートで誰でも手に入れることができる人形であることを突き止めたのである。
ブッシュマンの話は、UFOサブレディット(というネット掲示板)でも多くの批判を呼び、あるユーザーは、自分のおもちゃの宇宙人とビデオに映っている宇宙人の類似性を示す男性のYouTubeビデオをリンクした。」

 この「人形」の類似性から、ブッシュマンの主張が批判されるのは当然でしょうが、写真は古ぼけているように見えました。この「人形」は、大量生産されたものではなく、1960年代に製造・販売されたもののようです。この情報は、玩具や少年用品の販売業者である関係者から得たものです。もし、これが事実なら、「権力者」たちが、情報公開を否定する「隠蔽工作」を行ったのかもしれません。実際のエイリアンの技術やデザインが、一般大衆への情報公開の打撃を和らげるためにハリウッドの映画製作者に『リーク』されたという主張は、数十年前からあります。

 生前、ブッシュマンはロッキード・マーチンのシニアサイエンティストとして働いていました。40年にわたるキャリアの中で、ブッシュマンはヒューズ・エアクラフト、ゼネラル・ダイナミクス、テキサス・インスツルメンツ、ロッキード・マーチンに勤務し、その間、スティンガー(旧レディアイ)ミサイル・システム、レーザー誘導スマート爆弾、画像システム、磁気関連技術などで26の特許(一部はまだ機密)を授与されています。彼の経歴は非の打ち所がなく、エリア51での在職中に宇宙人訪問者と話し、彼らの技術を直接扱ったという彼の主張の信憑性を高めています。

 その中でブッシュマンは、1947年のUFO墜落事故後の物資回収に携わったパイロットが語った驚くべき記憶について詳述しています(ロズウェルについては言及されていませんが、この事件を指しているようです)。

「レーダーグループがニューメキシコ上空にブリップ(異常)を発見し、それを確認するためにパイロットを任命しようとしたのです。彼はその時一番速い飛行機(プロペラ機)を手に入れました。完全武装していました。彼は飛行中にその物体を見つけ、すぐに連絡を取り、『まず第一に、その地域に他の飛行機が飛んでいるかどうかを教えてほしい 』と言いました。管制官は、『君たちだけだ 』と答えました。パイロットは言いました 『第二に知りたいのは…』 『私に撃墜の権限があるのか?』彼らは答えました 『なぜそれを撃墜したいのですか?』彼は言いました 『私は米国が作れる最速のものを操縦しているからだ』 『あれは私を置き去りにして飛び去りそうだ、私はあれが友か敵のどちらかであることを知っている。もしあれが私を置き去りにして飛び去るなら、あれは敵だ。したがって、私はそれを撃墜する権限を希望する。』彼は権限を付与されました。彼はそれを撃墜しました。

彼は(墜落した機体を)通り過ぎて、フェンスで囲まれた場所の片側に道路があるのを見ました。彼は降りてきて、飛行機をその道路に着陸させました。それは難しいことでしたが、彼はそうしました。彼はフェンスを横切りました。(墜落した機体の)ドアが開いていて、一人が歩き回っていました。彼はそんなことは気にも留めず、乗り物が何であるかに気を配っていました。一人が船の中に身を潜めると(それは身長が5フィート(154センチ)ほどしかなかったので)、壁が透けて見えました。そればかりか、床はスポンジ状になっていました。彼はそこにいた3人を見ましたが、彼らは死んでいました。彼は、軍が到着するまでしばらくかかると思ったし、4番目のエイリアンと2人きりになりたくありませんでした。彼は飛行機に再搭乗し、飛び立ちました。彼は現場で報告を受けることはありませんでした。」

ブッシュマンの出す情報の中には、「もしかしたら、事実を開示しているのでは」と思わせるものがありました。彼は自分の目で見ただけでなく、交流もしたと言う異星人の写真を提示しました。彼は、エイリアンは身長が約4フィート半から5フィートで、少なくとも18人がエリア51の施設(後にユタ州の施設(ダグウェイ実験場と思われる)に移動)に住み、活動していたと述べています。そのうちの1人か2人は230歳くらいでした。宇宙人はブッシュマンに、地球上の比喩を使って説明すると、19世紀のカウボーイの手下と泥棒のような2つの「タイプ」の異世界の存在があると説明しました。一方のグループ(ラングラー)は人類を導くが、もう一方は「あまり友好的でない」。彼は、異星人は “霊体 “を持ち、3日間体の近くにとどまってから別の状態に変身すると述べています。

これらの記述は、私が体験者であるデビッド・エックハートから受けた報告と非常によく似ていました。デイヴィッドは、人間と遼遠な関係になる背の高いグレイ種と、不本意ながら人間と交流するレプティリアン種の一人について詳述しましたが、彼らは我々を容認するよう命じられていることを知らしめたのです。コミュニケーションの多くには、さまざまな比喩がちりばめられていました。例えば、彼らが突然デイヴィッドの家に集団で現れたとき、彼らは人間の生き方に魅了されたので、それは「ツアー」と呼ばれました。また、「霊体」はエイリアンの体の一部であり、この次元の平面内外の場所を移動するために使われるものとして、しばしばデビッドに示されました。

ブッシュマンは2008年以前にポリグラフ検査を受けていました。その検査は、ある著名な研究者によって入手され、秘密にされていましたが、ブッシュマンの死後、公開する時期が来たと感じたといいます。

質問1:戦略的防衛構想(Strategic Defense Initiative)で働いたことはありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問2:SDIで2年以上働いたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問3:ブリリアント・ペブルズ計画[注:この計画は、衛星を使った非核迎撃システム]の設計図を私物で持っていますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問4:『ブリリアント・ペブルズ』の一部を個人的にデザインしたのですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問5:SDIのビクター・ムーアは、世間に報告された薬物の過剰摂取の代わりに殺されたのですか[注:ムーアはマルコーニ・ディフェンス・システムズの科学者で、1987年4月に「薬物の過剰摂取」で死亡している]。この計画に携わっていた7人のイギリス人科学者が1年半の間に死亡している]?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問6:SDIのラッセル・スミスは世間に報告された投身自殺ではなく、殺されたのですか[注:スミスは原子力研究所の23歳の技術者で、1988年1月に崖下半分で遺体が発見された]。死因は「自殺」とされた]?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問7:エドワード・テラー【注:テラーは「水爆の父」】のもとで働いたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問8:あなたは、エドワード・テラーに個人的に雇われたのですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問9:あなたはエリア51で働いていましたか、または働いていますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問10:あなたはエリア51で研究者として働いていましたか、または働いていますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問11:S-4コンプレックス[注:S4はエリア51内の施設]で働いていましたか、または現在働いていますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問12: あなたはS-4コンプレックスの研究者でしたか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問13:S-4内部のボブ・ラザーを知っていましたか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問14:宇宙人の宇宙船に関するボブ・ラザーの情報は正しいのでしょうか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問15:あなたの仕事は、エイリアンのエネルギーシステムを設計することだったのでしょうか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問16:エドワード・テラー以外の人物に、何らかの情報を伝えましたか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問17:宇宙人は存在しますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問18:個人的に宇宙人の写真を撮ったことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問19:エリア51やS-4について議論したことで、命を狙われたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問20:2007年12月2日から30日以内に脅迫されたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問21:公の場で話さないようにするために、セキュリティ担当者から不信感を持たれたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問22:あなたは博士号を持っていますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問23:あなたが家電メーカーで働いているのは、現在取り組んでいる宇宙人技術研究の隠れみのになっているのでしょうか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問24:この技術にアクセスできる米国政府を信頼しますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問25:あなたは、米国の法執行機関や司法省を信頼していますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問26:この技術について、他の国の科学者と議論したことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問27:宇宙人の生命体に触れたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問28:あなたの家族の中で、あなたがしていることをよく知っている人はいますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問29:あなたが個人的に調べた宇宙人の宇宙船は8機以上ありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問30:あなたは宇宙人ですか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問31:あなたは反重力科学者ですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問32:反重力室はありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問33:反重力エネルギーを発生させるために、レンズアセンブリを使用しますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問34:個人的に浮いた存在になったことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問35:反重力室で他の人が浮いたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問36:あなたの反重力技術を米国政府に任せることができますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問37:あなたの反重力レンズの組み立ては、エイリアンテクノロジー研究の直接的な成果でしょうか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問38:過去に宇宙人の技術を公表しようとしたことは、時間の無駄だったと思いますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問39:この技術について、再び公の場で議論する気はありますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:非決定的

質問40:あなたはより多くの脅威を恐れますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問41:セキュリティ担当者から、あなたの信用を落とすために10万ドル以上が費やされたことを知らされましたか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問42:セキュリティ担当者から、彼らが個人的にメディアやインターネットの著名人に金を渡して、あなたの信用を落としたと知らされましたか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問43:どんな性格の人たちか知っていますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問44:あなたは、自分の仕事や研究について、アメリカ合衆国大統領と話し合いますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問45:議会の委員会で、自分の仕事や研究について話しますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問46:ワシントンD.C.と仕事や研究について話し合うことを許さない、連邦法執行機関や個人の腐敗した行動のせいでしょうか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問47:もしワシントンD.C.が腐敗した連邦法執行機関の問題を是正したら、あなたはワシントンD.C.と仕事や研究について話し合うことを考え直しますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問48:人類は、あなたが公開する可能性のある情報に対して、本当に準備ができているのでしょうか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問49:宇宙飛行士に関わる問題の医学的分析を支援するために、反重力室を利用しますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問50:反重力室では、やや精神的にフリーズした状態を作れるというのは本当ですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問51:反重力ビームを発生させることができますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問52:100フィート以上の高さで1000ポンド以上のものを持ち上げたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問53:IED/不発弾を無力化できる技術をお持ちですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問54:この技術を米国政府と共有しますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問55:この技術を共有しない理由は、同じく腐敗した連邦法執行機関の慣行のためでしょうか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問56:もしワシントンD.C.が汚職を正したら、政府と技術を共有することを考え直しますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問57:あなたの連邦法執行機関に対する不信感は、あなた個人に影響を与えるような事実や事例に基づいているのですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問58:あなたの立場に影響を与える下位レベルの他の法執行機関はありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問59:もしワシントンD.C.が腐敗した法執行活動を正せなかったとしても、あなたのIED/不発弾中和器が人命を救うことができると知っていたら、あなたはこの技術に躊躇するでしょうか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問60:あなたは、セキュリティパーソナルに監視され、追跡されていることを認識していますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問61:他の機関もあなたを追跡していますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問62:米国北東部で大規模停電が発生した際、その数日前にあなたが自ら連邦政府関係者に通告し、彼らは「起こりえない」と無視したという話は本当ですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問63:公開されたのは、送電網の故障ですか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問64:あなた自身はラングレーで働いたことがありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問65:ラングレーで起きたことを公表しますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問66:あなたは今でもトップシークレット以上のセキュリティを維持しているのですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問67:あなたは、外出先と自宅を往復するとき、公共交通機関や航空会社を利用することがありますか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問68:あなたが乗っている飛行機は、プライベートジェットですか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

質問69:飛行機は政府や軍と関係があるのですか?

回答:いいえ

ポリグラフの結果:真実

質問70:アメリカの中部または東海岸で、宇宙人技術の研究が行われている場所で、あなたが個人的に訪れたことのある場所はありますか?

回答:はい

ポリグラフの結果:真実

UFOの話題は、否定できない証拠が出るまで、長い間論争が続くことは間違いないでしょう。

 元記事↓

https://www.phantomsandmonsters.com/2022/01/was-lockheed-martin-senior-scientists.html

いかがでしたか?高名な博士号も持っている一流企業に勤務している科学者が、死の直前に、自分の名誉を汚すようなデタラメを言うとはとても思えませんよね。公表できない事実もたくさんある中で、彼が公開したことは、真実であると私は思います。