米議会がUFOを取り上げる:情報機関関係者が公聴会で証言へ

議会は、UFOの目撃事例を扱うために、アメリカの情報機関の代表者が参加する公聴会を開催することを決定した。

アメリカ政府は、地球上でのUFO目撃事例を深刻に受け止め、これらの現象が何であるか、その本質を理解したいと考えている。

アメリカの情報機関の代表者がアメリカ議会に招待され、まもなく知っていることを証言しなければならなくなる。この種の会合は、50年以上ぶりのことだとExpressは報じている。

この議会での会合は、現代における最大の謎の一つであるものについて、その分野の専門家や情報機関の関係者から直接話を聞く機会を一般に提供するものである。

「この公聴会は、過剰な秘密主義と憶測の悪循環を真実で断ち切るはずです。」とアダム・シフ下院議員は語る。

約150件のUFO目撃情報

2021年、国家情報長官アブリル・ヘインズは、2004年以降のUFO目撃事例を網羅した報告書を発表した。この報告書によると、144件が記録されている。しかし、これらのUFO目撃例のうち、米空軍のパイロットによって説明できたのは、たった1件だけだった。

アメリカの国家情報報告書は、ロシアや中国が何らかの最先端技術を生み出す可能性があるとしている。そして、これが未確認飛行物体の出現を説明する可能性がある。

しかも、これらの現象は、米軍の装備のテストとは絶対に関係がない。この報告書には、米軍の訓練基地付近でのUFO目撃の記述もある。したがって、これらの事例はすべて、アメリカの政治家やペンタゴンの関心をますます集めているのである。

数年前、米国防総省にUFOの目撃事例を研究する特別部門が設置された。また、専門家は、地球を訪れるのが本当に地球外知的生命体の代表なのか、それとも中国やロシア連邦の秘密の開発なのかを見極めなければならない。

しかし、この部門の仕事は満足のいくものではないことが判明したので、ペンタゴンは未確認物体の識別を扱う新しい専門家グループを創設した。

「UFOの目撃は非常に重要な問題である。我々は米国民に対してできる限りオープンであろうと努力している。」と国防総省のジョン・カービー報道官は語った。

元記事はこちら