悪夢に悩まされため、寺院から盗んだ神像を返還した。

インドのある寺院から数体の神像を盗んだ窃盗団が、まもなく盗んだものをほとんど返還した。彼らは、犯行後、恐ろしい夢に悩まされるようになったからだと認めている。

Times of Indiaによると、この非常に奇妙な事件はウッタルプラデシュ州のタルーハ村で起こった。先週、バラジ神を祀る地元の寺院に正体不明の男たちが押し入り、神像16体と重さ15kgの銀製の宝飾品を盗んだのである。

聖職者によると、この寺院は約300年前のもので、すべての彫刻は非常に高価で崇拝されていたため、犯行は深刻化した。

幸いなことに、事件からわずか6日後、ほとんどの神像が戻ってきた。超自然的な力が介入したようだ。

盗まれた14体の彫刻は、聖職者の家の近くで袋に入れられ、泥棒たちが罪を告白し、許しを請い、恐ろしい悪夢に悩まされていると訴える手紙も一緒に入れられていた。

「私たちは悪夢に悩まされ、眠ることも、食べることも、平穏に暮らすこともできません。私たちはひどい夢にうんざりしているので、あなたのアマアナ(宝物)を返します」と書いている。

聖職者は、盗まれたバッグの中に同じ神像があることを確認し、その後、神像はきちんと寺院に戻された。

一方、警察は銀製の宝飾品と残りの2つの神像を回収するため、2つのチームを編成してこの窃盗団を捜索している。

元記事はこちら