地球上で最も秘匿性の高い場所として、訪れることを禁じられている場所

科学技術の進歩した現代では、世界はかつてないほど身近なものになっています。お金さえあれば、飛行機に乗り、地球の裏側まで1日もかからずに旅することができます。

私たちは、適切な価格であらゆるものを手に入れることができる世界を作り上げました – でも、そうでしょうか?極秘軍事基地から高級クラブまで、一般人の立ち入りが制限されている場所がいくつもあります。

英国空軍メンウィズ・ヒル

英国王立空軍(RAF)メンウィズ・ヒルは、ノースヨークシャー州ハロゲートの近くに位置し、多くの興味深くユニークな建造物を含む広大なコンプレックスです。この場所は、イギリスとアメリカの両方に通信と情報支援を提供しています。

世界最大の電子監視局と言われています。敷地内には大規模な衛星地上局もあり、通信傍受やミサイル警戒の場として機能しています。

ボヘミアン・グルーヴ

毎年夏にボヘミアン・クラブが、世界で最も影響力のある人々をこの地に招き、2週間の合宿を行います。カリフォルニア州にある2,700エーカーの田園地帯ですが、正確な位置は不明です。

ここは男性専用なので、女性の方はごめんなさいね。

ゲストブックにアクセスすると、ハーバート・フーバーやリチャード・ニクソンなど、歴代のゲストが記されています。

スネークアイランド

ブラジル沖に浮かぶスネークアイランドは、地球上で最も凶暴なヘビ4,000匹が生息する小島です。その危険性は非常に高く、ブラジル政府はこの島への訪問者の立ち入りを一切禁止することを決定しました。

過剰反応だと思いますか?この蛇の毒はとても強力で、人間の肉を溶かす力があるんですよ!

スバールバル種子保管庫

ノルウェーのスピッツベルゲン島、北極圏の辺境地スヴァールバル諸島のロングヤービーン近郊に位置します。世界各地の遺伝子バンクに保管されている植物の種子を複製して保存し、環境災害が発生した場合にのみ利用できるように設計された安全な種子バンクです。

保管庫へのアクセスは非常に制限されており、保管されている種子を提供した国にさえも公開されていません。ノルウェー政府、作物トラスト、北欧遺伝資源センターの三者間協定に基づき管理されています。

バチカンの秘密のアーカイブ

バチカン使徒図書館は、1475年に正式に設立され、人類が知る限り最も重要な歴史的文書のコレクションを所蔵しています。この秘密の図書館には、古代マヤの写本から、宇宙人とのコンタクトの証拠とされる本まで、あらゆるものが含まれています。

その壁に足を踏み入れることができるのは、選ばれた数人のみであり、地球上で最も大きく、最も秘密めいた図書館の一つです。

パイン・ギャップ・オーストラリア

オーストラリア中央部、アリス・スプリングスの南西に位置するこの場所は、オーストラリア大陸で唯一、厳格な飛行禁止区域に指定されています。世界的な監視ネットワーク「エシュロン」に貢献する秘密基地です。

この場所は、米国中央情報局、米国国家安全保障局、米国国家偵察局、オーストラリア政府によって一部運営されています。

20世紀末には、「エシュロン」と呼ばれるシステムは、軍事・外交の起源を越えて、「民間・商業通信の傍受のためのグローバルシステム」(大衆監視と産業スパイ)へと発展していたのです。

モルモン教会の秘密の金庫

アメリカ人の家系図や家族史に関する30億ページ以上の情報が保管されているとされるこの金庫は、ごく稀に見学ができる程度で、完全に立ち入り禁止になっています。

この金庫は山の斜面に作られ、中に入れる資料の保存に細心の注意が払われています。そのため、温度管理には細心の注意が払われています。

ディズニー・クラブ33

ディズニーパークの3つの場所にある一連のプライベートクラブで、当初はその存在が秘密にされていました。本家はディズニーランドのニューオーリンズ広場の中心部にあり、東京ディズニーランド、上海ディズニーランドにも同様の場所があるため、これらのクラブへのアクセスは非常に制限されています。本家は14年待ち!

入会金は4万ドルで、年会費は2万7000ドル。会員には、米国大統領、ビジネスリーダー、俳優などが名を連ねています。

エリア51

ネバダ州、ラスベガスのダウンタウンから約80マイルのところに位置するエリア51は、地球上で最も秘密が多く、厳重に保護されている地域の一つです。この基地の目的はまだ公にされていませんが、実験的な航空機や兵器の研究開発に使用されていると考えられています。

2013年までアメリカ政府はその存在を完全に否定していましたが、その後、公式に認められています。

元記事はこちら