シュタイナーの思想について(2)〜ルツィフェル(ルシファー)とは何か?

前回からの続きです。前回の内容は こちら です。

シュタイナーの思想体系は複雑で膨大なものですので、体系の最初からをいちいち紐解いていたのでは、このブログの読者様にとって必ずしも興味を惹くものにならない可能性があります。

そこで、優先順位をつけて、調べていくことにします。

その優先順位とは、以下の通りです。

1.アーリマンが三千年期(西暦2000年以降)に受肉し、ルシファーとサタン(?)を使って、人類に大災厄をもたらす、ということの意味を詳しく調べること。

2.日本は地球の頂点であり、日本が、世界に起きる大災厄の雛形になり、日本で、数々の大災厄が起きる、ということの意味を詳しく調べること。

3.人類は霊的な進化の途上であり、大災厄が進化を促すことになる、ということの意味を詳しく調べること。

以上をます詳しく調べようと思います。

限られた時間と能力の中でどこまでできるかわかりませんが、やってみたいと思います。何回かに分けてやっていくことになります。

今日は、第2回目で、アーリマンの続き、ルツィフェル(ルシファー)についてです。

ルツィフェル(ルシファー)とは何か?

「アーリマン」は、人間を物質界に引き止める力を持っているのに対して、「ルツィフェル(ルシファー)」は、人間を物質界から引き離し、魂を高揚させ、感覚世界で幻影を見せる働きをするそうです。

「ルツィフェル(ルシファー)」は、神秘主義と芸術を人間に志向させるそうです。

「ルツィフェル(ルシファー)」は、元々は、高位の大天使の一人で、地球の進化の太陽紀から月紀にかけてあった「天上の戦い」で自由になった存在です。

つまり、運動霊(キリスト教でいうデュナメイスのことで、人間の進化を妨害する、「妨害の神々」となった)により誘惑され、「ルツィフェル(ルシファー)」は、月から分離した太陽に行くことに反抗しました。この反抗によって自由になることが可能となりました。

太陽に行くことで高次の霊的進化を遂げた他の高位の天使たちから、「ルツィフェル(ルシファー)」は、進化に取り残された格好になりました。それまでは、高位の天使といえども、善悪のうちのうちのどちらかを選ぶ自由を持ってはいませんでしたが、「ルツィフェル(ルシファー)」は、初めて自由を得て、進化の過程から独立した存在になったのでした。

「原罪」の本当の意味とは?

「天上の戦い」で悪に落ち込んだ天使たちは、「ルツィフェル(ルシファー)的存在」と呼ばれ、月紀のあとの地球紀のレムリア時代に人間に悪の可能性を生じさせました。すなわち、それまでアストラル界にいた人間に自由と感覚的欲望を与え、感覚的世界へ人間を引き下ろしたのでした。

そして、人間は、神様の決めた進化の予定より早く感覚的世界よりさらに下位の物質界に降りて肉体を持ちました。しかしながら、物質界の背後にある霊的世界を見ることができなくなってしまいました。

シュタイナーによると、キリスト教でいう「原罪」とは、上記の出来事を指すそうです。

苦痛、病気、苦悩の意味とは?

「ルツィフェル(ルシファー)」は、人間に自由と感覚的欲望を与えて、人間を誘惑しました。人間が、このルシファーの誘惑に無制限に陥ってしまわないように、高級霊特に形態霊(エクスシアイ)は、その対抗手段として、人間に苦痛、病気、苦悩を与えたそうです。

ルシファーの誘惑は、利己主義、名誉心、高慢、虚栄心を煽り立てることにより行われますが、人間が、これらを無制限に満たそうとすると、苦痛、病気、苦悩を結果するように形態霊が仕向けたということです。苦痛、病気、苦悩が人に生じるのは、「限界を超えたよ」という形態霊による警告サインだということです。

ルシファーの誘惑は、神の計画の中で、人間の霊的進化を促すために必要なものらしいのですが、度を越すと、病気、苦痛、苦悩があるということですね。そこで、シュタイナーは、ルシファーの誘惑に対抗するためには、「道徳」が有効だとしています。道徳は、ルシファーを焼き尽くす青い炎だと言っています。

道徳に従っているとルシファーの誘惑による私たち、人間の行動が度を越すことがなくなり、病気、苦痛、苦悩は生じないということでしょうか。うーん、何とも言えないですね・・・。まあ、シュタイナーの言うことを一応は、聞いておくことにしましょう。

さて、次回は、いよいよ、3000年紀(西暦2000年〜)に、アーリマンとルシファーが人類に大災厄をもたらす、ということの意味を探ってみます。