科学者は、私たちが錠剤を飲み込むことで新しいことを学べるようになると予言している。

多くの未来学者が、将来は技術が非常に高いレベルに達し、時代が認識できないほど変化すると予測している。

あらゆるものが変わる可能性がある。知識を吸収する方法も含めて。マサチューセッツ工科大学のニコラス・ネグロポンテは、30年後には外国語を学ぶことは薬を飲むのと同じくらい簡単になるだろうと述べている。

この発言は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボの創設者が、科学会議TED(Technology, Entertainment and Design)の中で述べたものである。

彼は、将来、人間は文字通りの意味で知識を吸収できるようになると考えている。その知識は、特別な錠剤の中に入っていることだろう。ネグロポンテによれば、「錠剤を飲み込むと、英語がわかるようになる。錠剤を飲めば、シェークスピアがわかる」。

すべての知識は錠剤の中に入っていて、血流にのって脳に流れ込むのだ。

学校や図書館に行かなくても、錠剤を買えば、何でもわかるというのだ。

しかし、そのような知恵袋がいつまで続くのか、すべての人が利用できるのか、どのくらいの価格で購入できるのか、私たちに害はないのか、好ましくない副作用はないのか、などは不明である。

元記事はこちら