ポロックの双子は、亡くなった姉妹と特別なつながりがあったのでしょうか?

1957年、2人の女の子が交通事故で亡くなりました。翌年、彼女たちは「生まれ変わった」のでしょうか。

ポロックの双子の不思議な歴史は、輪廻転生の証拠としてしばしば利用されてきた。二人の娘が交通事故で亡くなり、そのわずか1年後に双子の女の子が誕生するという悲劇。ポロック家の双子は、亡くなった姉たちの人生に不気味なほどよく似ていて、奇妙な親しみやすさがあった。

1957年5月5日、イギリスのヘクサムで姉妹と友人が道路を歩いていたところ、車が歩道に故意に乗り上げ、姉妹は死亡した。運転手は酒に酔っており、自殺願望があった。ジョンとフローレンス・ポロックの2人の娘ジョアンナ(11歳)とジャクリーン(6歳)は、衝撃で死亡した。彼らの友人は病院への移動中に死亡した。家族は深い悲しみに包まれた。

ポロック家は、生前は4男2女の家族で、強い信仰心を持っていた。ジョンは10代後半に英国国教会からカトリックに改宗した。一方、フローレンスは、救世軍のキリスト教会で育ち、カトリックに改宗したのは結婚前だった。ジョンは、娘の死には神の目的があると感じていた。ジョン・ポロックは信心深かったが、一般的なキリスト教徒にはないユニークな興味も持っていた。彼は、幼い頃からスピリチュアリズムやオカルト、輪廻転生に魅了されていた。悲劇が起こった後、彼らは神に祈り、慰めを求め、ジョンの場合は娘たちを返してくれるよう神に願った。

ポロックの双子

翌年、夫妻は新たな妊娠に恵まれる。ジョンもフローレンスも双子の家系ではなかったが、ジョンはこの妊娠で双子が生まれると確信していた。ポロック夫妻の医師は、胎児の心拍が1つしか検出されなかったので、一人での出産を確信していた。しかし、ジョンの双子への執念は冷めることはなかった。このようなシナリオで双子を授かることは、決して珍しいことではないが、次に起こったことは偶然ではないように思われる。

1958年10月4日、フローレンスは一卵性双生児の女の子を出産した。名前はジリアンとジェニファー。生まれ変わりを信じるジョン・ポロックは、ジェニファーのあざを見て、祈りが通じたと思った。

ジェニファーは生まれつき、額に白い細い線が入ったユニークなアザを持っていた。亡くなった姉のジャクリーヌが3歳のとき、バケツの上で転んでしまい、右目の上に額の傷跡が残ってしまったのだ。ジェニファーのあざは、ジャクリーンのあざと同じ場所にあり、似ていた。フローレンスは半信半疑だったが、ジェニファーの腰には2つ目のアザがあり、それがジャクリーンと同じ場所にあるのと不気味に似ていることに気がついた。

一家は双子が乳児のときに引っ越したが、3年後に再びヘクサムに戻ってきた。ポロックの双子は、自分たちの知らない土地に妙に親しみを感じているようだった。双子の姉妹は、自分たちの知らない土地に妙に親しみを覚えていた。一家で歩いている間、両親はその話に耳を傾けていた。亡くなった姉たちが通っていた学校は、まだ教会に隠れて見えないが、「この角を曲がったところに学校がある」とポロック家の双子の一人は言った。もう一人は、「あそこは、私たちがよく遊んだところよ」と言った。

また、姉妹は死んだ姉のおもちゃを発見し、ジョンはその人形の名前を特定したと言う不思議な体験もした。フローレンス・ポロックは、ポロック姉妹が遊びながら事故の詳細を話し合っているのを耳にしたと主張した。ジリアンがジェニファーの頭を押さえながら「目から血が出てるわ」と言っているのを発見した。「そこに車がぶつかったのよ 」と。

ポロック家の双子は、車や他の乗り物に囲まれると、ますます動揺し、パニックを示すようになった。例えば、フローレンスは、ジェニファーとジリアンが、家族の中で、あるいは自分が見てきた他の子どもたちよりも、車の周りで用心深そうに見えると指摘した。双子は、車を見ると母親の手を握り、そばを離れない。しかし、フローレンスさんは、その理由を「前回の悲劇から、自分自身が用心深くなっているからではないか」と考えた。もう1つの記憶は、ヒステリックな叫び声を聞いたジョン・ポロックさんが、急いで双子を捜しに行ったというものだ。その時、双子が抱き合っているのを発見した。

イアン・スティーブンソン博士

双子が5歳になる頃には、不思議な偶然の一致は薄れていたようだが、その話は児童心理学者のイアン・スティーブンソン博士の目に留まった。スティーブンソンさんは、1963年の春に広く報道されたのをきっかけに、ポロック家の双子の事件を知ることになる。スティーブンソンさんは、1963年春に報道されたポロック一家の事件を知り、何度も取材を重ね、フローレンスとジョンが亡くなった後も、ジェニファーとジリアンに取材を続けた。

1967年、ヴァージニア大学の知覚研究部門の創設者となる。同部門の目的は、現在の科学理論では説明できない現象を研究調査することであった。超常現象は、超感覚的知覚の種類(テレパシーなど)、幽霊のようなビジョン、死後の通信、ポルターガイスト、臨死体験(NDE)、体外離脱体験(OBE)、子どもの前世の記憶などに及んだ。

スティーブンソン博士は、「前世を記憶する子どもたち」など数冊の本を書いている。「前世を記憶する子どもたち-輪廻転生への疑問」(1987年)。この本の中でスティーブンソン博士は、輪廻転生についてもっと知るためには、子供たちこそが鍵になると考えている。スティーブンソン博士は、14人の子供たちの事例を紹介し、それが輪廻転生の証拠になると信じている。その中にはポロックの双子も含まれており、子供たちが過去世を再発見した事例を詳細に記録している。

彼は、「このような(生まれ変わりの)主張の報告はまれであるが、いくつかある」と書いている。「そのような主張をする人は、ほとんどの場合、幼い子供で、その記憶は何年か後に薄れてしまう 」と書いている。

輪廻転生が東南アジアで強く信じられているのは、キリスト教以外の宗教の多くに輪廻転生という考え方が組み込まれているためである。ヒンズー教も仏教もカルマを重要視している。これらの宗教では、生まれ変わりとカルマを通じて、原因と結果の法則が信じられています。前世での行いが来世に影響すると信じているのである。

兄姉が双子の記憶や物語に与えた影響については、スティーブンソン博士の著作の中で見つけることはできなかった。スティーブンソン博士は、研究の一環として、他の情報源から子供たちのもとに証言が届いていないことを確認するために、録音した発言に注意を促した。ジョン・ポロックが生まれ変わりを強く信じていることを考えると、ちょっとした自己成就的予言の可能性もある。しかし、ポロックの双子の物語は、輪廻転生とその前世の影響を考える上で、興味深いものであることは間違いない。

元記事はこちら↓

Reincarnation: Are the Pollock Twins Proof of Rebirth or a Hoax?