ファイザーが投資家に伝える。”事態はうまくいっていない – ワクチンに関する本当の事実を明らかにする必要がある”

面白い陰謀論があったので貼っておきます。

ますます多くの検死がCovid19ワクチンを正式な死因として指摘している今、ファイザー社は、これから起こるであろう暴露の「津波」について投資家に警告しているのだ!?

米国FDAは、同社のワクチンに関するFDAの認可の根拠となった55,000ページ(全455,000ページ中)の臨床データの最初の月次バッチを交付する必要がある。

FDAは当初、月に500ページだけ提供するよう求め、2095年まで真実を隠蔽できるような内容にして逃げようとしたのだ!しかし、裁判所の判決により、このスケジュールが早まり、ビッグ・ファーマの違法状態に直接影響するようになった。

ファイザー社はワクチンで数十億円を稼いだことで知られており、最近、同社のCEOであるアルバート・ブルラ氏がこのイベントを祝っている。

「何という四半期、何という年だったでしょう。ファイザーの仲間のおかげで、私たちの医薬品やワクチンを約14億人の患者さんに届けることができました。これは地球上の6人に1人以上の割合です。私たちの患者への影響がこれほど広範囲に及んだことはかつてありませんでした」と、ファイザーのトップはツイッターの投稿で述べている。

しかし、このシナリオが崩れれば(その可能性はますます高まっている)、大手製薬会社は巨額の損失を被ることになるし、特定の医薬品を「違法」な方法で入手していたことが判明すれば、状況はさらに悪化することになる。

ファイザー、迫り来る暴露の津波について投資家に警告!

ファイザーは直近の2021年の四半期決算報告で、投資家に事態の悪化を警告した。NEWSTARGETの主張するところでは、彼らの発表によると、同社とコロナウイルスワクチンにとって、情勢は好ましくないということである。

もともとFDAが実験的緊急認可(EUA)を認可し、その後ファイザー製ワクチンの通常認可に使用した偽の「科学」の背後にあるデータベースに、根本的な詐欺と欺瞞が今、発覚しつつあると多くの人が考えているのである。

ファイザーは、2021年第4四半期決算報告で、「有害な新しい前臨床および臨床データまたは安全性データおよび既存の前臨床および臨床データまたは安全性データのさらなる分析、または前臨床品質および臨床または安全性データに関するさらなる情報(管理または検査を含む)が「このプロセスを通じて明らかになる」場合があると投資家に通知している。

誤報による挑戦」は同社の株価を押し下げ、ファイザーの収益が「臨床データの完全性に関する懸念」によって影響を受けるというメッセージを投資家に送る可能性があるとしている。

なお、数日前、Moderna社のCEOであるStephane Bancel氏は、Twitterアカウントを削除し、4億ドル相当の自社株を売却している。

元記事はこちら↓

Pfizer tells investors: “Things are not going well – We need to reveal the real facts about vaccines”