NASA、南極での実験で時間が逆行するパラレル・ユニバースを発見

南極は今、理論と実験の両方のグラウンドゼロです。私たちの世代の衝撃的な発見のほとんどは、すべて南極で行われました。調べれば調べるほど、この土地は不思議なものになり、知らないことばかりです。

最近、NASAが南極大陸で行った実験では、パラレル・ユニバースの理論を裏付ける大量の証拠が持ち帰られ、パラレル・ユニバースは我々の宇宙とは異なる物理法則で動いていることが明らかになりました。

1952年に物理学者のグループがこの理論を発表して以来、パラレルユニバースという考えが世間を賑わせてきました。当時はかなり突飛な話に思えましたが、周知の通り、どんな理論も時が経てば事実になります。

アーウィン・シュレディンガーはこの理論を考え出し、「そもそもこの考えは狂っているが、絶対に不可能ではない」とまで言い切りました。しかし、決して不可能ではありません。

NASAは南極で宇宙線検出実験を行い、「この世のものとは思えない」粒子を発見し、この考えを確認しました。これは世界中の理論家にとって素晴らしい日です。NASAが味方になってくれたことで、私たちは間違いなく自分の発見に自信を持つことができます。

元記事は こちら