カタカムナウタヒ5678首を継続中

カタカムナウタヒの5、6、7、8首を唱えてパラレルワールドに行く、タイムリープする、という実験をしています。

カタカムナウタヒ5678首とは、以下の通りです。

五 .ヒフミヨイ  マワリテメクル  ムナヤコト  アウノスヘシレ  カタチサキ

六 .ソラニモロケセ ユヱヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ

七. マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ

八. ウマシ タカカム アシカヒヒコ トコロ チマタノ トキ オカシ

カタカムナは、古史古伝だと言われていますが、私は懐疑的です。しかし、何か効果のあるものだと思います。特に、空間と時間に関することには効果があるように思います。そこで、古史古伝としては偽物かもしれませんが、効果があるものなら使ってみようという立場です。

今、これを毎晩3回ずつ唱えています。先日、唱え始めると、ものすごくラップ音がし始めました。空間がきしんでいるように感じました。

以前、世界線を飛んだ方の体験談の動画を貼りました。↓

この動画では、本当に世界線を飛んでしまったら困るので、ある手順を一つはずしていると言っていました。

その外した手順というのが、どうやら、カタカムナの5、6、7首だけではなく、8首も唱えるというものだったようです。下の動画の動画の13:30〜からそう話しています。

今回、メルマガの読者の方に教えて頂きました。どうもありがとうございます。

つまり、行きたい世界を思い描きながら、カタカムナの5.6.7.8首を唱えるといい、ということです。

以前、私は、5.6.7首を唱えていました。メルマガには、マンデラ効果が増えてきたように思う、ということを書きましたが、世界線を飛んだ感じはありません。

手順をもう一度整理します。

1.夜寝る前に、カタカムナ5、6、7、8首を通して3回唱える。

2.行きたい世界線をイメージして、その世界に行けますように、と祈る。

3.寝る。

これで、世界線を飛べるのか、実験を継続します。また、何か変化がありましたらお知らせします。

あっ、もしやってみようという方は、自己責任でお願いします。