ジーザス・クライスト・スーパースター

オペラ座の怪人、エヴィータ、キャッツ等で有名なアンドリュー・ロイド・ウェバーの出世作。あっ、ウェバーは作曲家です。監督は、ノーマン・ジェイソンという人。

当時は、神への冒涜だ!と劇場の外では、抗議のデモもあったらしいですね。

でも、文句なくミュージカルの金字塔と言ってよいでしょう。

「ジーザスクラーイスト、スーパースター・・・!」っていつの間にかいっしょに歌っている自分がいます。どんどん引き込まれていく、とにかくエネルギッシュです。

劇団四季の作品もありますが、やはり、オリジナルに勝るものはありません。