1993年、米海軍の潜水艦がタイムループに陥った。その行き着く先と乗組員の運命は?

タイムループとは、時間の流れが完全に止まったり、強制的に遅くなったりする不思議な時間異常のことである。時折、その中で繰り返される現象が目撃されることがある。

これまで、時間のループは学術的には認識されていなかったが、近年、ある条件下で時間が伸びたり加速したりすることに注目する研究者が増えている。つまり、理論的な時間のループが現実になる可能性が非常に高いのである。

このような異常に陥った最も興味深いケースは、1993年に記述されたものである。アメリカ海軍の潜水艦がサルガッソー海を航行中、水深65メートルの地点で通常任務に就いていた。潜水艦の航路をレーダーで探知していた2隻の駆逐艦が水上にいた。ところが突然、潜水艦の姿が見えなくなった。この潜水艦の乗組員に何度も連絡を試みたが、応答はなかった。

数時間後、潜水艦の艦長が通信を送ったが、その声はかすれていて、誰が話しているのかすぐにはわからなかった。潜水艦はなぜか短時間に5,500km以上も航行し、インド洋に浮上したことが判明した。同時に、潜水艦からのメッセージには、乗組員全員の健康状態が悪いという情報も含まれていた。ドイツ、アメリカ、オーストラリアの救助船数隻が緊急に指定された地域に移動した。

ダイバーたちは、何が起こったのか分からず、呆然としていた。彼らによると、すべての機器の電源が切れ、潜水艦が海の底に沈み始めるような感覚があったそうだ。この現象は数時間続き、その後、再びすべての電源が入ったが、潜水艦は配備場所から5500キロメートルも離れたところにいた。

以下は、潜水艦の艦長が、その時の様子を報告書(ペンタゴンの秘密文書より)に書いたものである。

「突然、私たちの船が強く振動し始め、専門家もこの奇妙な状態の原因を確定することができなかった。そして、それは1分も続かず、すべてが落ち着いた。そして、計器によると、私たちはもはやサルガッソー海ではなく、アフリカから約150キロメートル離れたインド洋にいることが判明したのである。私はすぐに無線で司令部に連絡し、クウェート(この地域の最寄りの港)に寄港する許可を得たのだが、1分間で3,000マイル以上移動していたことがわかった。信じられないことだ!」。

潜水艦の乗員は全員栄養失調で、さらに医学的検査で早老化が指摘され、しかもそれが何百倍にも加速された。この数時間の間に、潜水艦の乗組員は15〜20歳も老けてしまったのだ。ドイツに運ばれている間も老化は進み、ほとんどの水兵は輸送中に死亡した。死因は栄養失調と多臓器不全であった。

残りの乗組員のその後の運命は不明である。シワ、白髪、筋肉の衰え、視力の低下……あらゆる老化現象が見られたという。

1993年、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスの大手出版社がこの事件を記事にした。その3ヵ月後、同じ出版社にある記事が掲載された。この記事は「フェイク」という烙印を押された暴露記事であった。ある人は、この事件は実際には起こっておらず、書かれていることはすべて誰かの想像上の話であると考えた。また、これはタイムループに陥った典型的な状況であると主張する人もいた。

このようなテレポーテーションと潜水艦要員の急激な老化は、実際には何が原因なのだろうか。一時的な異常の影響が明らかなものもある。私たちの地球にはたくさんあるのだ。

現代の太陽系の構造は、時間のループなしにはありえない。記述されたケースは、合理的な異常地帯の選択的影響による「限界効果」に類似している。1930年にエスキモーのアンジクニ村の住人が失踪し、飼い犬が過労死した。63年の時を経て、米国の潜水艦乗組員とアンジクニの犬を比較することができる。指導部はこれを理解し、この事件はフェイクに分類された。

多くの不可解な事実は、緘口令が敷かれているか、捏造とされている。だから、それを全真実に解明するのはとても難しい。これは、統治機構の意識的な方針であるように思える。つまり、人類の発展の現段階において、現代科学では説明できないすべての情報を黙殺し、あるいは信頼できないものとして提示することである。

場合によっては、タイムシフトはほとんど目立たず、機器がなければ検出できないこともある。今回の事件では、生物学的なレベルで時間の急激な加速があった。

元記事はこちら↓

In 1993, a US Navy submarine fell into a time loop. Where did it end up and what happened to the crew?