巨大な「黄色い目の犬男」がブルガリアのキャンパーを恐怖に陥れる!

ブルガリアの若者たちが、アウトドアでキャンプをしている。ハイキングで別の場所に移動した後、彼らはすぐに最悪の悪夢に遭遇する。誰も忘れることのできないドッグマンとの遭遇だ。

この体験談は、最近、私に転送されてきたものである。私はこの事件を検証する術を持たないので、読者の判断に委ねることにする。

キャンプは新しい体験、新しい冒険の幸福とともにあると誰もが聞く。私たちのグループは、ブルガリアの森の奥にあるキャンプ場に配属された。正直なところ、私たちには信じていることや聞いている伝承があるが、私たちが見たものは、自分にも説明できないほど奇妙なものだった。

私たちは楽しい時間を過ごすために、酒を飲み、近くの山へ何本かトラックを走らせる準備をした。私は深く眠っていて、ミアに揺り起こされ、眠気を瞬きで消すまで分からなかったので、キャンパスの敷地には割と早く着いたのだろう。男女別の部屋に入り(みんな18〜19歳くらい)、すぐに準備完了。

数日間はあっという間で、二人の年長者に連れられて、彼らの地元のキャンプファイヤー場まで行った。私たちのキャンプ地からは遠いので、ひたすら歩く。やがて、目的地に近づいた。しかし、誰かが自分を見つめているとき、その視線が自分に注がれているのを感じるというが、私はそれを感じたのだ。私はいつも懐疑的だったが、今はすべての感覚が高まっていた。

大きな焚き火のある広場に近づくと、私たちはそれぞれやるべきことのリストを作った。ある者は枝や小枝を探し、ある者は食事の準備をし、ある者は年長者と話しをした。私たちのグループは、すべての作業が終わると、ウォッチポイントに向かった。そこは監視塔のようなものだが、設備は整っていない。人があまり入れないような開放的で巨大なもので、そこからは息を呑むような美しい光景が広がっていた。

その監視台を降りてきて、また、誰かに見られているような気がした。人を振り向かせるような強烈な監視のような視線だ。その視線を感じないように、ゆっくり、慎重に振り返った。何もない、私の後ろには何もいなかった。

焚き火に向かって歩いていると、ドンドンと誰かが四足で走っているような音がする。森なんだから、ヘラジカかキツネか何かだろうと思い、立ち止まってみた。しかし、その時、私は恐怖に襲われた。あまりの衝撃に、私の注意を引こうとする友人のミアに気がつかなかったのだ。『おい、ダーナ!一体全体何を見たの?鳥?ヘラジカ?』 私は頭を振って、驚きで眉をひそめながら、『わからない、気のせいかも!』と話した。彼女は笑いながら私を焚き火の方へ引っ張って行った。私は何度も振り返りながら、嫌な予感がしてみんなで座った。もしかしたら、空腹で私は感じ過ぎていたのかも知れない、でも何かがおかしいと思ったのである。

その中の一人、ニックがトイレに行くことになり、不思議なことに、彼は肉の塊が入った皿を持って行ってしまったのだった。焼肉でお腹が一杯の私たちは、まるで幽霊を見たかのように急いで戻ってきたニックを見て、みんなで話をした。彼は、自分の肉が載っていた皿を指差して説明した。『イタズラじゃないんだ。小便をしていたら、何かが通り過ぎたような気がして、プラスチックの皿の音が聞こえたんだ。それで振り向いたら、食べ物がなくなってたんだ!』と困惑した顔をしていた。年長者も含め、誰もが野生動物に盗まれたのではと思った。しかし、彼の目を見ていると、別のことがわかる。

中には自分の肉片を分けてあげる子もいたが、それでもちょっと心配になった。私たちは、キャンプファイヤー場を出るときに持っていくようにと用意されたゴミ袋に、ビニールや残った食べ物をすべて集めた。年長者は少し歩いて、滝や洞窟のある他の場所に行ってみようと提案した。濡れた泥の中のくぼみを見ながら馬道を歩いていると、ちょっと変わったものがいくつかあったので、立ち止まって観察してみた。熊か山犬のような幅の広いものだったが、どうしてこんなに広くて大きいのだろう?そう思いながら少し歩いたところで、再びその感覚に襲われた。振り返ると、かなり古いツリーハウスを発見した。私は他の仲間に、私たちを待たずに先に進むよう注意を促した。私たちは皆、そのツリーハウスに向かって歩き、梯子を見つけた。それは、木に釘で打ち付けられた木の板が上に向かっているだけだった。

小枝を折る音や、誰かが周りを走っているようなざわめきが聞こえたので、私たちは登ってみることにした。私たちは立ち止まって、それをやり過ごすことにした。最後に登ったニックが、『今すぐ中に入れ!』と叫んだ。私たちは皆、ツリーハウスの中に集まって、まるでニックが精神異常者であるかのように見ていた。

彼は震えていたので、私たちは彼に説明を求めた。『下に何か大きなものが走っているのを見たんだ!』私たちは皆、パニックになった。私は小声で『熊だろう』と言った。男の子がナイフを取り出すと、彼は必死であたりを見回した。さらに走る音が聞こえた。四つ足の動物の音だった。『もし熊だったら、家の中に入ってこれるかな?』私の心はそう叫んだ。走る音にうなり声が加わり、私たちは立ちすくんだ。骨身にしみるような音ではなかったが、すぐに次の音が聞こえてきた。

それは狼の遠吠えと、耐え難い苦痛を伴う人間の遠吠えが混ざったようなものだった。私たちは皆、凍りついた。まるでホラー映画のようだった。ツリーハウスの奥でじっとしていると、何かが木に登っていく音がした。開け放たれた窓から外を見ると、巨大な熊が木に登っているのが見えた。『私たちの気配を察知したんだろうか。お腹が空いたのかな?』私の頭の中は秒速1マイルで駆け巡り、あることに気がついた。クマは私たちの方を見ていないのだ。下を向いているのだ。私もニックも窓際に一歩近づいた。二人とも混乱した。このクマはどうしたんだろう?つまり、私たちを襲わないのはいいけれど……いったい何が熊を怖がらせたのだろう?その答えは、大きなうなり声、それに伴うドスンという音と引っかく音で、私たち二人が下を向いた時に出てきた。そうでなければよかったのに。

この…もの…は…とても巨大だった! それは少なくとも2.4メートルの身長で、大きな鼻と本当に鋭い犬歯を持っていた。それは黒く、その耳は尖っていた。毛皮は黒く、目は…目は黄色だった! 私たちはショックを受け、この恐ろしい生き物が何であるかを理解しようとした。

私たちは皆、窓から離れた。それが、かわいそうな熊に照準を合わせていると思ったからだ。すると、誰かが私たちの名前を叫び、私はほっと胸をなでおろした。私はそのオオカミのようなものが退却するのを見るために、外を覗いた。その体型が一番不思議だった。人間の体に近いが、もっと俊敏で、もっと力強い。私たちは、まるで隣で小枝が倒れ、引っ掻くような音がしたので、下に降りようとした。女子の一人が血まみれの叫び声をあげると、ドーンという音と熊が道の反対側を走っていく音が聞こえた。私たちは皆、年長者がこちらに向かって駆け寄ってくるのを見て、つまずきそうになりながら駆け下りた。私たちは紙よりも真っ青になった。 帰り道、私たちは奇妙な光景を目にした。焚き火は壊され、ゴミ袋は破かれ、生ゴミはなくなっていた。

一行は茫然と立ち尽くし、年長者は周囲に動物がいないかどうかを確認した。何も見つからなかったので、私たちは再びゴミを拾って出発した。今度は、私たちのグループは、キャンプに向かって走っているようなものだった。皆に馬鹿にされながらも、私たちはそれをやり過ごそうとした。走って戻りながら、私はまた感じたのである。見られているという恐怖と、キャンプ場なら安全だろうという思いである。私たちは皆、古い塔の方へ向かった。それは廃墟で、中の鐘は引きちぎられていた。扉は金属製で重かったので、念のため閉めておくことにした。長老たちが戻ってくる前に一服しようという人もいたので、集合した私たちは深呼吸をしてハァハァと息をついた。アリサは『あれは一体何だったんだ!』と言いながら、神経を落ち着かせるかのようにタバコの煙を吸い込んだ。『熊よりでかいのがいたよ。』ニックは、まだフェンスの外側を見ながら言った。

その後、アメリカから来た交換留学生のジョンと話をしていると、彼はハンガリーについてもっと知りたいと言ってきた。彼は、「全然平気ですよ!」とガッツポーズをした。何か思い出のようなものが顔をのぞかせたのか、ほとんどしゃべらない。『ドッグマンだ!』皆、困惑して彼を見た。『私の祖父がウィスコンシン州の北部でキャンプをしていたときに遭遇したんだ。ホラー映画より怖いって言ってた。灰色なんだけど、黄色い目をしていて、おじいちゃんは怖くてテントを置いて逃げ出したんだ。おじいちゃんは立ち止まったら死ぬか、もっとひどい目にあうと思った。翌朝、救助隊がおじいちゃんを森から助け出した。その時の恐怖は今でも忘れられないという!おじいちゃんは荷物を取りに戻らなかったそうだ。』私たちはそれを聞いて、自分たちが無事に生きていることがいかに幸運なことかを実感した。

しかし、その平和は、この恐ろしい遠吠えのような叫び声によって、再び破られた。皆、フクロウのように辺りを見回して、その原因を探ろうとした。そして私は、後ろ足で立っているそいつを見つけたのだ! それはまるで映画「ヴァン・ヘルシング」に出てくるようなものだった。それは空気を嗅ぎ、耳を動かしながら、鉄条網に向かって一歩一歩近づいてきた。私たちは立ち上がり、互いに顔を見合わせた。私は全身に恐怖を感じた。手に汗をかき、心臓の鼓動は急上昇していた。もし直面したら、私はこのまま死んでしまう。そう思うと、私はむせび泣いた。

何人かが私の後ろの金属製のドアをバタンと閉めたので、みんなは再びパニックになった。ゆっくりと正気に戻り、呼吸を整えようとした。しばらく静かにしていると、『私たちは精神的にもう限界なんだ』と口にした。『私はそれを知っている。人というのは集合して冷静になることはない。これは森で熊を追っていた本物なんだ!』と。みんな黙って同意して、静かに歩いて帰っていった。

なんとなく安心したのか、グループのほとんどが眠りについた。しかし、その夜、私はハラハラして眠れなかった。結局、同じグループのみんなもハラハラして、よく眠れなかった。

あのね、私は懐疑的で不信心な人間だったんだよ。でも、この体験で、私も友人もキャンプに行くのが怖くなったんだ。たとえ大人数でも、家の中にいたいんだ。でも、本当に不信心者を信者にするのは、自分で直接向き合う経験なんだ!心の奥底にある不安は、熊がいれば十分だった。今でも冷や汗をかきながら、周りを見回し、ドアや窓の鍵を確認しながら起きている。今でも時々、監視されているような感覚に襲われることがあるのだ。DJ

注:ブルガリアの不思議なイヌに関する別の記述はこちらです。↓

ブルガリア・ソフィア近郊の大学敷地内を黒い直立したイヌが歩き回っている。

元記事はこちら