光る目を持つ巨大な謎の生物が釣り人の船を追いかけてきた

先週、ブラジルの釣り人の船を暗闇で光る謎の海獣が追いかける映像(下記参照)がネットユーザーを困惑させた。

ブラジル最南端のリオグランデ・ド・スル州の海岸で、ある釣り人が撮影したゾッとする映像だ。夕方から夜にかけて撮影された映像では、釣り人がモーターボートで素早く移動する様子や、目が鮮やかに光る黒っぽい大型生物がボートを追いかけている様子が確認できる。その生物は、船のスピードに合わせて定期的に水面から顔を出し、わざと釣り人を追いかけているように見える。

ネットユーザーの中には、この映像は偽物で、この生物はCGで作られたものだと考える人もいた。また、釣り人が大きなアザラシを怒らせた可能性が高いと判断する人もいた。

ブラジル科学技術開発評議会の専門家であるペドロ・エンリケ・トゥネス・ペレイラ氏は、釣り人はアシカに追われていた可能性が高いと考えている。

「恐ろしい光景に見えますが、この男性は危険な目に遭っていたわけではありません。暗闇の中で飛び出してきたこの奇妙な海の生き物は、実は鰭脚類、つまりアザラシかアシカなのです。この州には7種類のこれらの動物が生息しており、中には体長4mにもなるヒョウアザラシのような恐ろしい大きさや姿の動物も時折訪れ、映像に収まっていることもあります。鰭脚類はもともと好奇心が旺盛で、特に夜間はよく船を追いかけることがあります。」とペレイラ氏は結論づけた。

また、鰭脚類は本当に暗闇で光る目を持っているのだ。しかし、この説明で皆が納得したわけではない。アザラシやアシカがスピードの出るボートについて行くのはおかしい、アザラシというよりイルカのように水面から飛び出してきたというネットユーザーもいた。

多分、アシカかアザラシでしょうね。

元記事はこちら↓

Huge mysterious creature with glowing eyes was chasing a fisherman’s boat