アメリカの科学者がマンモスの復元プロジェクトを立ち上げ

マンモスは鮮新世から完新世の初期に生息していました。体長5m以上にもなる巨大な哺乳類は、気候の急激な変化により絶滅してしまいました。

現在、博物館には古代の巨人の巨大な骨格があり、科学者たちは彼らの生活についてかなり多くのことを知ることができるようになりました。しかし、マンモスの研究は止まりません。アメリカのコロッサル社の遺伝学者が、マンモスを復活させるプロジェクトを開始したと発表したのです。

このプロジェクトの作者は、自分たちの研究グループがこのアイデアの実現に向けた最初の一歩になるだろうと、楽観的な見方をしています。

このプロジェクト自体が、科学の可能性を示す実例ではなく、科学者は、絶滅した動物の復活の経験が、人間の過失による絶滅種の復元に役立つと信じています。

情報筋によると、科学者たちはこのプロジェクトのために1,500万ドル以上の資金を集めたといいます。とはいえ、科学者たちは自分たちの仕事について客観的な評価を下しています。科学プロジェクトの責任者は、20年後には、人々は本物のマンモスを見ることができるようになるだろうと述べました。

科学者たちは、実験室で再現される最初のマンモスはアジアゾウの大きさになるだろうと言っています。

実は、遺伝学者が遺伝子編集の手法を使ってアジアゾウとマンモスのDNAを結合させることを計画しているのです。両者のDNAはほぼ100%(99%)類似しているため、この特定の種のゾウが選ばれたのです。

元記事はこちら↓

Scientists from the USA launched a project to resurrect mammoths