アメリカ人が夢で見た数字を使って宝くじで25万ドルを当てる。

バージニア州ヘンリコ郡に住むアロンゾ・コールマンさんは、バージニア・ロッタリーの「バンク・ア・ミリオン」ローカルくじで25万ドルを獲得しました。

この出来事は2022年6月に起こったもので、その男性によると、前日に夢の中で当選番号を見たことに助けられ、奇跡を期待して表示することにしたそうです。そして、奇跡は起きたのです。

「信じがたいことでした。これが実際に起こったとは、まだ信じられない。」と、興奮したコールマンはバージニア・ロッタリーの代表者に語りました。

コールマンさんの当選番号は、13-14-15-16-17-18、それにボーナス番号の19でした。面白い偶然ですね。

退職したコールマンさんは、リッチモンドの店で2ドルの宝くじを購入した。その宝くじには、番号をダイヤルするためのいくつかのオプションが示されており、コールマンさんは、彼が夢の中で見た4つのシーケンスを選択しました。そしてオプションのいずれかが成功することが判明しました。

バージニア州の宝くじによると、100万ドル、50万ドルと25万ドルを含むバンク-ア-ミリオンのトップ賞のいずれかを獲得する確率は、3.8万分の1だそうです。

元記事はこちら