シルル人仮説。人類以前に地球上に別の文明が存在したか?

科学者たちは、過去に高度な文明が存在し、それが地球温暖化を引き起こし、滅亡したかどうかという問題を調査している。

シルル人仮説は、数百万年前の地球上に、人類以外の文明が存在し、産業革命時代に人類が引き起こしたのと同等以上の気候変動を引き起こした可能性があるというものである。

ロチェスター大学の宇宙物理学者アダム・フランクとゴダード宇宙研究所所長のギャビン・シュミットは、2018年の論文で、人類以前の高度な文明を想像し、「地質学的記録から産業文明を検出することが可能か」と考察している。

科学者たちは、5600万年前の暁新世の終わりと始新世の始まりを告げる劇的な気候変動である「暁新世熱最大」と呼ばれる現象の研究に基づいて、この発見を行った。

この時期の地球の平均気温は、現在より15度高かった。地球の表面にはほとんど氷がなく、極地の気候は熱帯に近かった。

不思議なことに、過去数世紀において、人間活動が環境に与える影響により、現在の完新世に代わる地質学的時代である「人新世」で予想されるのと同程度の衝撃的な炭素排出量の増加があったことを示す研究結果がある。

「これらの出来事は、人間以外の産業文明が存在する証拠なのだろうか?」とフランクは記事の中で問いかけている。

この暁新世の炭素排出量の増加は、現在と同じように化石石炭の燃焼によって引き起こされた可能性があるが、大きな時間差がある。

過去には何十万年もかかって起きていたことが、今では100年単位で起きているのだ。しかし、科学者たちはある一点に注目する。

もし、この文明が本当に存在したのなら、その痕跡が残っていない可能性も十分にある。発見された化石のほとんどは、数百万年ではなく、数千年から数十万年前にさかのぼったものであることを忘れてはならない。

当時の仮想の工場や建物の跡が、現在ではただの塵になっている可能性もあるのだ。

「たった10万年、つまり我々の産業文明の500倍も長く生きていた産業文明を見過ごすのは簡単なことだ」とフランクは言う。

古代の堆積物からそのような短いイベントの証拠を探すには、新しい特殊な検出方法が必要かもしれない。

つまり、特別に探さない限り、見つからないかもしれないのだ。この認識こそが、今回の研究で最も重大な結論であろう。

人類がその行動によって地球の持続可能性に強い影響を与えている今、気候変動によって絶滅する可能性があると考えるのは間違っていないように思う。

そして、この地球上の別の文明では、すでにそのようなことが起こっている可能性があるのだ。

元記事はこちら