エイリアンの侵略:宇宙からのゲストに世界がどう反応するか

エイリアンの侵略は、SF映画で好んで使われるテーマである。主人公は、よくある平凡な日常生活を送っている。ある日、空に巨大な宇宙船が出現し、攻撃が始まる。

宇宙からの侵略者は冷酷で、技術的にも生物学的にも我々より優れており、状況は暗澹たるものに見える。

しかし、ヒーローがエイリアンの母船を爆破し、エイリアンの女王を殺すことで人類を救う。もちろん、これらは映画の中のプロットに過ぎない。

宇宙人の襲撃に対応するための政府の手続きは(一般には)公開されていないが、どのような手順を踏むかは想像に難くない。

一般市民は自宅や近くの避難所で指示を待つことになると思われる。指示やニュースはテレビ、ラジオ、ソーシャルネットワークで放送されるだろう。

対策が済んだら、次は脅威の評価と対応策を練ることになる。人類は、宇宙人が地球大気圏に侵入した動機を理解するために、宇宙人とコンタクトを取ろうとするだろう。

宇宙人と直接接触できる場所には、特別な装備をした使者を派遣する。

言語学、心理学、生物学、戦闘の専門家が、宇宙人から非暴力的な反応を引き出そうとするのである。大型スクリーンに映し出された映像や、重機によって地面に描かれた標識など、非攻撃的なジェスチャーを用いる。

また、軍は通信に無線通信とラジオ通信の両方を使おうとする。これらの対策はそれぞれ個別に評価されなければならず、エイリアンが脅威と感じる可能性がある場合は適用されない。例えば、画像を表示するスクリーンは、エネルギー兵器と間違われる可能性がある。

それに対して異星人が攻撃的でないジェスチャーを送れば、コミュニケーションの試みは成功したとみなされる。このジェスチャーは、聴覚、視覚、エネルギーや振動のいずれであっても、一連のモバイル・センサー・アレイによって記録される。

そして、世界中の人工知能と人間の専門家が記録されたデータを処理し、できるだけ早く、正確に翻訳することを目指す。

人類の運命は、タイムリーな対応にかかっているかもしれないので、これらのデータには、ビデオ放送、生体情報、生物学者や心理学者によるその場でのコメントなどが添えられる予定である。

彼らは、出来事、エイリアンの形態、彼らがどのように答えを出したかを科学的に説明する。

宇宙人が応答せず従順である場合、グローバル衛星システムは宇宙人の船団の動きを監視し、侵略か友好的訪問かの意図を見極めようとする。

その後、脅威の予備評価ができるようになる。エイリアンの武器データ、基本的な生物学的データ。これによって、人類は次のような疑問に対する答えを得ることができるだろう。

– エイリアンの武器庫とは?
– 宇宙人の船にはどんな技術や材料が使われているのか?
– 宇宙人はどんな生き物なのか?どうやって通信しているのか?どんな鎧を使っているのか?
– 彼らの技術には、私たちがつけ込むことができる欠陥があるのだろうか?
– 人類はエイリアンの侵略に対抗するチャンスがあるのだろうか?

10年以上にわたって、専門家のチームが、人類はエイリアンの脅威を恐れるべきかどうかを考えてきた。

では、地球人の皆さんに質問しよう。あなたは、宇宙人の心の存在を信じるだろうか?他の惑星には、地球を乗っ取ろうとする緑の小人が住んでいるのだろうか?

元記事はこちら↓

Alien Invasion: How the World Would React to Space Guests