デビッド・ウィルコック: 地球内部の文明が、もうすぐ世界に明らかになります。

作家で研究者のDavid Wilcock氏がCoast to Coast AMのインタビューで、古代文明の同盟が地球内に住んでいると主張したとufospain.esが報じている。

古来より地球の底と呼ばれてきたこれらの文明は、今まさに世界に開かれようとしていた。

ウィルコックは、地球の長い歴史の中で、アトランティス人のような数多くの高度な文明が、地球の表面を支配していた混沌とした時代を生き残るために、地下に潜ったと固く信じている。

「やがて、彼らは新しい地下の居住地に定住することを決めたのです。」

地下トンネルや通路の存在は、何世紀にもわたって議論の対象になってきた。世界中の古代文明は、地下深くに位置する全く新しい領域へ通じる入り口があると語っている。

トルコのカッパドキア近郊で発見された史上最大の地下都市「デリンクユ」のように、古代人類はこれらの伝説を再現していたようである。

ウィルコックは、秘密の地下基地建設を目的とした秘密プロジェクトによって偶然発見されたため、米国政府はその存在に気付いていると考えている。

インタビューの中でウィルコックはこう述べている。「彼らはこれらのトンネル掘削機を持っていて、時々、そこに個人がいるため、行ってはいけない場所を壊してしまうのです。」

コンタクティのコーリー・グッドの証言を引用しながら、ウィルコックは、地球内部の存在と、その存在を認識している地上に住む人々との間の微妙な関係が、最近になって分断されたと述べた。

「この軍産複合体は、以前はこれらの存在と協力し、条約を結んでいたのに、今は彼らを殺そうとしています。」とウィルコック氏は言う。

ウィルコックによれば、このため、これらの内なる地球文明は、最近の時代に出現した大きな脅威に対応するために集まり、自分たちを破壊しようとする勢力と戦うために彼らの助けを得ることを望んで、星間存在に目を向けているのだという。

ウィルコックはまた、二つのグループの間で長い間待ち望まれていた会合がついに行われ、グッドがそのやりとりを観察することを許されたと述べている。

「星間存在たちは会議の後、印象的な要求をしました。」 「内なる地球の存在たちは、衝撃を受けて出てきました 」とウィルコックは言った。「彼らは、自分たちを明らかにすることの一環として、自分たちの存在を明らかにするよう要請されたのです。」

万が一、地下学会が要求に応じたらと思うと、彼はこう振り返った。「地下基地は思ったよりずっと広くて、ずっと古いことが分かると思います」と振り返った。

デイヴィッド・ウィルコック氏:古代文明、意識科学、エネルギーと物質の新しいパラダイムに関するプロの講師、映画制作者、研究者

彼は、科学の全分野を書き換え、地球と宇宙を共有する高度に進化した種族を含む、人類の歴史の新しい物語を導いている。

元記事はこちら