ソロモン諸島に古代の巨人はまだいるのか?

地球上に、今もなお、文化を保持する古代の巨人が集団で暮らしている場所があるとすれば、それはソロモン諸島だろう。

ソロモン諸島は、南太平洋、オーストラリアの北東、インドネシアの東に位置する。 ここでは、巨人は単に語られるだけでなく、現在進行形で語られ、今も共存している存在である。

私がこの地域の巨人に興味を持ったのは、いくつかの理由がある。その一つは、オーストラリア、インドネシア、南太平洋の島々で報告されている足跡や骨が、世界のどこよりもはるかに大きく、時には20フィート以上の巨人がいることである。同様に、ペルー、インペリアルバレー、テキサスの海岸線からミシシッピ地方に向かうような銅採掘地域に上陸したと報告されている巨人は、すべて非常に熟練した船大工と航海者だったのである。もし、古代の巨人の発祥の地があるとすれば、南太平洋が妥当な場所と思われる。

その地の先住民の神話から-。
すべてを創造する大精霊カトとその12人の兄弟は、カサヴァラという巨人の家に招かれて一夜を過ごすことになった。巨人は寝ている間に彼らを殺して食べようとしたが、カートが家の梁の一つを割って、兄弟はその梁の中に隠れた。ある朝、業を煮やしたカサバラは、カサリナの木に登っていく兄弟を追いかけた。すると、その木はとても長く伸びて、折れ曲がると先端が隣の島に触れてしまう。兄弟が飛び降りると、木は重さから解放され、カサバラは空高く投げ出された。カサヴァラは地面に叩きつけられると、死んで石になった。この石は現代でも存在し、戦いの成功や強さを求める者はこの石に生贄を捧げたという。 また、あまり知られていないが、カサヴァラは呪われた者たちの霊を集め、神話の怪物に食べさせるという説もある。

地元の多くの報告によると、ガダルカナルの熱帯雨林のジャングル山脈の中に巨人が生存しているとのことである。彼らは島全体を縦断する広大な洞窟網を持っている。オーストラリア人のマリウス・ボアラヨン(元ヘリコプターパイロット/エンジニア、ソロモン諸島人と結婚)は、この巨人が日の目を見ることなく、これらの洞窟網を通って東から西まで移動できると信じるガダルカナル人に多く出会ってきた。その数は数千にのぼるという。(情報源はこちら)

その確かな証人が、かつてのガダルカナル州首相、エゼキエル・アレブア氏である。彼は子供のころ、父親に連れられてガダルカナル島東部にある埋葬用の洞窟に行ったことを思い出す。その洞窟の中にあったのは、全長3mはあろうかという完全な骸骨であった。ガダルカナルの地元住民にとって、巨人は常識である。巨人との交流は、彼らの歴史を通じて頻繁に行われてきた。巨人の縄張りは、ポポマナセウ山の西側に広がる熱帯ジャングルに覆われた1,000平方キロメートルの山地である。

ガダルカナルだけでなく、ソロモン諸島のほとんどの地域で、地元の部族は巨人との波乱に満ちた歴史的な関係を記録している。この地域には、そのような出会いの記憶が豊富に残っている。 サンタ・イザベル島には、今も巨人が生存していると言われている。ガダルカナルに比べると数は少ないが、巨人が生息するエリアが2つある。現地の人なら誰でも正しい方向に誘導してくれる。 ソロモン諸島のもう一つの島はチョイスル島である。チョイスル島は決して小さくはない。長さ約300キロ、幅約80キロの島には、数多くの村がある。しかし、その内陸部には、村が存在しない広大なエリアがある。巨人が住んでいるからだ。

私の理解では、これらの巨人には3つの異なる種またはタイプがある。より大きく、より一般的に見られるのは10フィート以上の背の高さだが、私は彼らがそれよりもはるかに背が高く成長することをサポートする証拠を持つ多くの島民のアカウントに遭遇した。これらの巨人は非常に長い黒、茶色、または赤みがかった髪、または混合物を持って、彼らはあなたをよく見たいと思うとき、彼らは片手で彼らの顔からそれを脇に引っ張る。彼らは突出した二重の眉毛、にじんだ赤い目玉、そして平らな鼻、大きく開いた口という顔立ちをしており、かつては沿岸の人々が風によって彼らの存在を示すサインとして使っていた、紛れもない臭いがある。大型の毛むくじゃらなタイプから、体毛の量を減らして小型化したタイプまである。小型のものは、普通の人間より大きいが、ジャングルに住む野人のようなもので、大型のものほど毛深くはない。ガダルカナル島の人たちは、彼らをこのように表現している。本来、彼らはこの小さな巨漢の半人間を見ては、殺す努力をする。これらの小型のものは巨人社会秩序の下位に位置し、主にジャングルの洞窟システムの外で生活しているが、島のジャングルには3種類(すべて)とも生息している。ちなみに、最近でもパプアニューギニアの毛むくじゃらの巨人の新聞報道が多く、また、バヌアツの人々もソロモンと同じように巨人との過去があることは、私の研究を追えばわかることである。

1998年、鉱山労働者が試掘のために土地を耕し始めたときのことである。ブルドーザーが故障して、一晩放置した。ブルドーザーが故障し、一晩放置した後、戻ってみると、ブレードがない。そこから100メートルほど離れたところに、3フィート(約91.4センチ)の人間の足跡があった。

新しい金鉱を見に行った職員が、途中で車が泥に足を取られて動かなくなってしまった。村まで歩いて戻らねばならない。しかし、村に戻った後に別の自動車でその車のところに戻ってきたとき、車はぬかるみでない道路に移動していた。しかも、車の前方には巨漢の男が、後方にはもう一人の男がいたという。その職員は、は怖くなって他所に逃げたが、後で戻ってくると、巨人の姿はなく、車は道路上にあり、足跡から、確かにこの巨人たちが車を移動したことがわかった。

巨人の骨が定期的に出現しているある村では、あるテントが8フィート(約243.8センチ)の長さの大腿骨で支えられているとされる。もし、人間と同じようなプロポーションだとしたら、その巨人はおよそ……。身長32フィート(約9.7メートル) ついでに言うと、先ほどの3フィート(約91.4センチ)の足跡は?これもだいたい同じような身長になる。

ソロモン諸島には巨人がいるのだろうか?まあ、霧の中で永遠に探索されていない山の膨大な熱帯雨林、果てしない洞窟網、および土地の相対的な未開発を考えると、それは地球上で最も可能性の高い場所に思えるだろう。

ポリネシアには、さらに多くの巨人が存在する。タヒチには高さ2.5メートル、指が6本ある巨人像がある。マルケサス諸島にも多くの巨人像がある。サモアには、モソという足の指が6本ある巨人の足跡がある。多くの島で、6本の指を持つ古代の巨人や、珍しい古代の像が発見されているのである。

元記事はこちら