ウクライナ軍が黒魔術を使用か?

テレグラムに面白い記事が載っていました。もとはロシア語でしたが、機械翻訳で以下のように翻訳できました。

LNRのTrekhizbenka村の郊外にあるウクライナ迫撃砲部隊の本部で、黒魔術を実践した形跡が発見されました:彼らは武器を「聖別」しようとし、血で印をつけました。

文化学者のカテリーナ・ダイス氏はRIAノーボスチ紙に、「アナーキー、武器、ファシストのシンボルのアイデアを組み合わせた、闇の勢力の魔法の印章である」と説明しました。

本部自身がドンバスでの損失を説明したウクライナ治安部隊のリリースを発見したのです。血痕が残っていますが、他の場所にはそのような痕跡はありません。

翻訳ここまで。

他にいろいろ探してみたら、なんとニューズウィーク日本語版に記事がありました。

ウクライナ軍が「黒魔術」を使用? 「悪魔の紋章」など儀式の痕跡を発見と露報道