アポカリプティックサウンド

世界中で異常なトランペットの音が続き、それは全く新しい音階に到達している。近年、さまざまな国で何千人もの人々が、不可解な音の現象を目撃している。原因不明の大きな音が、世界中の空から聞こえてくるのだ。

空からのラッパの音は、轟音、ゴロゴロ音、金属のきしみ音、ジェットエンジンの音、高速列車の音、空が「フォーン」と鳴る巨大なスピーカーと比較される。

2011年夏以降、世界各地で多くの人が異常な超低音を録音している。多くの人がそれを「黙示録の音」と呼んでいる。

空から聞こえる奇妙な、時には恐ろしい音は、頻度が高くなっただけでなく、全く新しい音階に切り替わりました。

その結果、パンデミックの間にこれらの音は大きく変化した。観測頻度が上がり、音色の性質そのものが変化したのだ。そのため、新しい音の中には、ある地獄の門を開ける音や、その地獄に収容された動物の咆哮のような音もある。

1月20日、スロバキア。

カナダ・サスカチュワン州、1月16日。

ポーランド、2021年12月。

この変化が何に関係しているのかは、仮説を立てるしかない。この音は「審判の日」が近づいていることを示すとされ、神秘視される傾向もある。地球物理学者によると、これらの波を発生させる原因は、地球のコアと太陽の両方にあるという。

科学者たちは、このような強力で大規模な音響重力波の発生源は、非常に大規模なエネルギープロセスであると信じている。例えば、強力な太陽フレアとそれによって発生した巨大なエネルギー流が地表に押し寄せ、磁気圏、電離圏、上層大気を不安定にするようなプロセスである。

つまり、強力な太陽フレアの結果、つまり太陽風の衝撃波の影響、コーパスの流れ、電磁波のバーストなどが、太陽活動の増加による音響重力波の出現の主な理由となるのである。また、「天の咆哮」の原因は、地球のコアにあるのかもしれない。

地球のコアでエネルギープロセスが活性化すると、地磁気を変化させることができる。その結果、電離層と大気圏の境界のレベルで一連の物理的プロセスを経て、音響重力波が発生する。

その可聴域は、地球のさまざまな場所で、恐ろしい低周波音の形で人々によって固定されている。

どちらの場合も、音響重力波を発生させる原因は、完全に理解できる地球物理学的な性質を持っているにもかかわらず、である。

これらは、太陽活動や地球の地殻変動の著しい増加が予想されることを物語っている。コアのプロセスは、もちろん、地球の内部エネルギーを調節している。

この先、どこにつながっていくのだろう。


非常に多くの人々が、これらの奇妙な音を宇宙人の活動として見ている。また、何かを掘り返している軍の活動であるとする人もいる。彼らは、この「ハム」音はアメリカの人口コントロール実験の副作用だと考えている。彼らによると、CIAは 「人々の行動を再プログラムする 」ために低周波出力装置を使用しているとのことだ。

有名な陰謀論者チャック・ズオウスキーは、90年代からニューメキシコ州タオスの街で見られる「うなり声」についてこう語っている。地下に秘密基地を建設する工事の結果だという。人々がエイリアンとともに建設しているものだそうだ。

地下の工事は本当に進行中で、信じられないほど多くの報告がある。音は非常に弱く、振動のようなもので、録音できる人はほとんどいない。「ブーム」音、つまり空での奇妙な爆発音はもっとたくさんあった。

また、多くの人がHAARP電離層研究システムが犯人だと考えている。これは、他の多数の主要な陰謀論の一つである。

地球はまだ天軸に衝突していない、惑星はひっくり返っていない。しかし同時に、パンデミックの発生に伴い、UFOの目撃例も頻繁に見られるようになった。このUFOと地震学は、何らかの形で確実につながっていると考える人は多い。そこで、先日のエトナ火山の噴火の際には、次のようなことが確認された。

そして、そのような観測はたくさんある。一つや二つの活火山を長い間見ていると、そこに小さなUFOが現れることがあるのだ。ですから、UFOと地質学的な活動は、何らかの形で相互に関連しているのである。

つまり、空の奇妙な音や地下の力は、これらの連続したハミングの音と何らかの関係があるということである。

しかし、この先がどうなるかは誰にもわからない。だが、このような不穏な音は、世界と人々にとって良い兆候ではない可能性が高い。巨大な生物が地中から這い出てくる可能性を否定しない人もいる。あるいは、南極大陸の氷床を突き破るかもしれない。

もちろん、これは推測に過ぎないが、今のところ、この現象がどこから来るのか、誰も答えられないでいる。

元記事はこちら↓

Trumpet Sounds In the Sky: Supernatural Noise Continues Around the World