アメリカの物理学者:人間は死後、パラレルワールドに落ち込む

米国再生医療研究所の専門家、ロバート・ポール・ランツ氏が、人がこの世を去った後の魂の行き先について、自身の仮説を披露してくれた。科学者によれば、人間の一生というのは、多くの人が考えている以上に複雑な現象である。

物理学者ロバート・ポール・ランツ氏は、人間の肉体が死んだ後、魂はパラレルワールドに行くことを確信している。この場所は、この専門家によれば、聖書の天国や地獄とは何の関係もない。

この専門家によれば、魂は一種のエネルギーの蓄積であるという。人は生前にそれを蓄積し、死後そのエネルギーが放出され、独自の道を歩み始める。この状態を科学者は「量子テレポーテーション」と呼んだ。

今日まで、世界中の多くの科学者が、パラレルワールドや異世界の存在について繰り返し語ってきた。その証拠に、マクロ粒子は、同時に2つの状態になることができる。つまり、同じ時代に全く別の場所にいることができるのである。

この理論の科学的確証はまだ得られていないので、この科学者を信じるか信じないかは、純粋に個人的な問題である。

元記事はこちら