占いボード(ウィジャボード)は安全か危険か?

占いボード(ウィジャボード)は危険なのか?特に、悪霊を家に招き入れたくないので、人々は、家で使っても安全かどうかを知りたがっています。

もしあなたが幽霊や超常現象の信者でないなら、何も怖がることはないでしょう。占いボード自体は、邪悪でも危険でもありません。専門家が言うところの、霊との交信方法、つまり機器によるトランスコミュニケーションに過ぎないのです。

悪意ある霊と交信するような状況に陥るリスクは多少あるかもしれませんが、それでも、その霊が実際にあなたに深刻な脅威を与える可能性は非常に低く、ほとんど前例がないのです。

非常に危険なオカルト道具として知られているにもかかわらず、これまで占いボードの販売や使用が禁止されたことは一度もありません。アマゾンやイーベイ、専門のオンラインショップで簡単に手に入れることができます。実際、「Ouija」という言葉は、おもちゃ会社のパーカー・ブラザーズが所有するブランド名なのです。おもちゃ屋で売られなくなったのは、世論が変わって、信じる人が少なくなったからです。占いボードは、おもちゃとして廃れてしまっただけなのです。

占いボードのセッションがうまくいかず、怪我をしたり、財産を破壊したり、攻撃的な憑き物が出たという話はよくありますが、実際には、これらの話はまったくの捏造か、現実に即しているが信じられないほど誇張されているかのどちらかです。

占いボードは危険だという認識があるのは、大衆文化で使われていることが一因です。1973年のホラー映画『エクソシスト』など、数え切れないほどの映画に登場します。ボードが炎に包まれたり、グラスが飛んできて壁にぶつかったり、プレイヤーが悪魔に取りつかれたりすることがよくあります。

また、占いボードの使用に関して、私たちの判断を鈍らせる要因として、多くの宗教が占いボードに対して抱いている暗い見方があります。ある宗教団体は、「占い(超自然的な情報源から情報を得ること)の一種である占いボードは、無害とは言い難い」と批判しています。

宗教は一般的に、あらゆるオカルトを罪深いものと見なす傾向があります。

占いボードは冥界への入り口だと考える人もいますが、実際には危険はなく、占いボードが直接の原因となって誰かが傷つけられたという記録は1つもありません。毎日、何百人、何千人もの人々が、心霊スポットと言われる場所やゴーストハントで、あるいはただ家で、盤面が動くのを見るスリルを求めて、占いボードを使用しています。

しかし、占い盤を使った結果、悪い経験をした人もいます。暗示にかかりやすい人は、占いボードを使った家の場所に戻ると、憑かれたように感じたり、不快な思いをしたりすることがあります。もちろん、これは気のせいなのですが、気のせいだからといって、怖くないわけではありません。

ですから、もしあなたが占いボードの使用について深刻な疑問を持っているのなら、使わないでください。同様に、あなたの宗教的信念に反する場合は、罪悪感や葛藤を引き起こす可能性があるため、使用しないようにしましょう。もし、占いボードを使うことに不安を感じているのなら、自分を守るためにできることがいくつかあります。

占いセッションの前や後に、セージを燃やしてみるのもよいでしょう。これは、悪霊を追い払い、保護を提供すると信じられています。もしあなたが宗教を信仰しているのであれば、自己防衛のためにお祈りをすることもできます。超常現象捜査官の中には、イビルアイのアクセサリーや宗教的なシンボルなど、安全で安心できるスピリチュアルな保護具を持ち歩いている人がいます。もし、あなたがその物に対して強く感じるのであれば、それはあなたのポジティブなエネルギーで満たされていると考えてください。

また、霊を刺激したり怒らせたりすることは避け、質問するときは礼儀正しく、彼らの努力に感謝する必要があります。もし、悪意や悪戯心があったり、あなたに好意を抱いているような霊と接触した場合は、その霊にセッションの後、あなたについて来てはいけないと伝えても害はありません。交霊会を終了するときは、単に霊に呼びかけ、「今晩はお話しくださってありがとうございました。」のように言います。「私たちはもう帰りますので、あなたは元の場所に戻らなければなりません。」と言ってください。

もう一つの重要な対策は、セッションの後、ボードを閉じることです。そうすることで、セッション後に呼び出された霊が、あなたの後を追わないようにすることができます。

もちろん、懐疑論者は、なぜ占いボードを使っても安全なのかについて、まったく別の意見を持っています。彼らは、ボード上でプランシェットを動かしているのは霊ではなく、本物の霊が存在しないため、悪霊に遭遇するリスクはないと主張します。

懐疑論者から見れば、占いボードは表意運動効果の完璧なデモンストレーションに他なりません。ダウジングロッドが揺れるのと同じ原理で、降霊術の参加者が望んでいる言葉を綴るときの、プランシェットの微妙な潜在意識の動きに現れているのです。

占いボードはおもちゃであり、超常現象の道具として試されてきたものであり、また、人間がいかに暗示にかかりやすいか、潜在意識に何ができるかを示す強力な道具でもあるのです。

元記事はこちら