人体自然発火

注意!: 生々しい写真があります。

人体自然発火(Spontaneous Human Combustion)とは、周囲に迷惑をかけることなく、非常に高い温度で燃えているように見える人たちのことを指す言葉です。この現象は、何十年もの間、人々を困惑させてきた。この現象は、何十年もの間、人々を困惑させ続け、その答えがあると信じている人もいるが、その理論にはまだ奇妙な穴があり、この現象を解明し、再調査することを求めている。

このような現象が起こる背景には、「内側から燃えるような恐怖」がある。

ウィキペディア より:人体自然発火(じんたいしぜんはっか、Spontaneous Human Combustion、SHC)とは、外部からの明らかな着火源なしに生身の人間が燃える現象を表す名称である。SHCについては様々な憶測や論争があり、現在では説明のつかない特異な現象という見方もある一方、SHCと表現される事例は現在一般に受け入れられている科学的原則で理解できるとする見解もある。約300年の間に世界で約200件の事例[1]が報告されている。

ウィキペディアから記述した事件。1951年7月1日から2日にかけての夜、彼女はアパートで焼死し、死後、地元のメディアによって「シンダーレディ」というニックネームが付けられた。

7月2日午前8時頃、リーザーの大家であるパンジー・カーペンターが電報を持って彼女の部屋を訪れ、警報が鳴らされた。彼女はドアを開けてみて、金属製のドアノブが不快なほど温かいことに気づき、警察に通報した。

リーザーの遺体は、彼女が座っていた椅子の残骸の中に、ほとんど灰になって残っていた。左足の一部(スリッパを履いていた)だけが残っていた。火元から離れたところにあったプラスチック製の生活用品は、柔らかくなり、形が崩れていた。

リーザーの頭蓋骨は生き残ったので灰の中から見つかったが、「縮んで」いた(「ティーカップの大きさに」という説明的な表現が加えられることもある)。この縮小の程度は、公式の調査官が指摘するほどで、顔の特徴(耳、鼻、唇など)をすべて取り除いたために起こる錯覚ではなかった。頭蓋骨が縮んでいる」という主張は、他のSHC事件の逸話や数多くのアポクリファルの話の常套句になっているが、SHCの疑惑のある事件では、頭蓋骨が縮むということはあまりない。しかし、遺骨が縮んだ頭蓋骨を特徴としていたのは、この事件だけではない。

1951年7月7日、セントピーターズバーグ警察署長J.R.ライヒェルトは、現場からの証拠品の箱をFBI長官J.エドガー・フーバーに送付した。その中には、灰の中から見つかったガラスの破片、「歯と思われる小物」6個、カーペットの一部、そして生き残った靴が含まれていた。

遺体はほとんど完全に火葬され、非常に高い温度が要求されるにもかかわらず、その部屋にはほとんど火災の痕跡がなかった。

ライヒェルトはこう書き添えている。「人体がこれほど破壊され、火はこれほど狭い範囲にとどまり、建物の構造にはほとんど損害がなく、部屋の家具は煙で焦げたり損傷していないことを説明できるいかなる情報または理論も要求する。」

FBIは結局、リーザーは芯の効果で焼却されたと断定した。睡眠薬の常用者として知られていた彼女は、喫煙中に意識を失い、寝間着に火をつけたという仮説が立てられた。「いったん体が燃え始めると、脂肪やその他の発火性物質が十分にあり、さまざまな量の破壊が行われる。この燃焼による破壊は、時には遺体のほぼ完全な燃焼をもたらす程度まで進行する」と書いている。1982年、イギリスの自宅で午後4時頃、台所に座っていた彼女は、近くのテーブルに座っていた父親のジャックと共に突然炎に包まれた。
ジャックは突然の閃光を見て、ジーニーにそれを見たかどうか尋ねようと振り返ったとき、彼女が炎に包まれているのに気づいた。サフィンさんによると、娘は動かず、泣かず、ただ膝の上に手を置いて座っていた。

父親はジーニーの命を救うために、自分の手を傷つけながら、彼女を台所の流し台に引き寄せた。父親はジーニーの周りの炎を消しながら、婿のドナルドに助けを求め、「ジーニーが燃えている!」と叫び始めた。ドナルドは救急隊に連絡しながら、顔や腹部を炎で包まれたジーニーを見つけ、キッチンに駆け込んだと述べている。

炎が消えると、ジーニーはむせび泣くようになった。審問の結果、彼女の精神状態、ショック、事件によるエンドルフィンのため、痛みは最小限に抑えられたことが判明した。ジーニーを病院に運んだ救急隊員は、キッチンとその中身は無傷であったと証言している。ドナルドとジャックは、ジーニーから出る炎が轟音を立てていたと証言している。

この事件の報告書には、ジーニーの怪我は顔の火傷のほか、胸、首、肩、左腕、腹部、大腿部、左臀部、両手の両側と記載されている。中には、皮膚が脂肪組織まで破壊された全層火傷もあった。その時のジーニーの顔は、ひどいものであった。やがて彼女は昏睡状態に陥り、やけどによる肺炎で死亡した。

エドモントン警察署のマースデンPCは、検視官事務所への報告書の中で、炎上の原因は見つかっていないと述べている。この報告書には、キッチンの椅子や壁は火や煙で損傷していないこと、最も近い発火源(ガスコンロ)は少なくとも5フィート離れていたこと、彼が住宅に到着したときジーニーはまだ燃えていたことも書かれている。彼は、タオルで炎を消すのを手伝った。マースデンの報告書は、検死官によって受理され、ジーニーは人体自然発火の犠牲者であると結論づけられた。

1995年、マースデンは死因について改めて確信を持ち、事件後何年も経ってから上級士官から尋問を受けたことを明らかにした。ジョン・E・ヘイマーの1996年の著書 「The Entrancing Flame 」では、ジーニー・サフィンのケースが、人体自然発火の犠牲者と思われる他のケースと一緒に論じられている。これらのケースを調べてみると、犠牲者はもがく様子もなく、意識の兆候もなく、泣き叫ぶこともなく、ジャック・エンジェルやウィルフレッド・ガウソープのような生存者には記憶がなく、研究者は彼らが燃えている間は意識がないと考えていることがよくわかる。

ヘイマーはミトコンドリアの欠陥が原因であると主張し、ミトコンドリアが細胞内に水素を蓄積させると主張する。「そうすると、内膜を横切って0.225ボルトの電気が発生し、これが体の他の細胞に連鎖反応を起こすので、細胞が燃え出すのだ 」という。

私は70年代の子供なので、人体自然発火はマスコミでよく話題になり、好きなテーマであったことは認めよう。子供の頃、この話を初めて聞いたとき、自分が自然に燃えてしまうかもしれないと思い、恐ろしくなった。大人になるにつれて、雷に打たれる可能性の方が高いとわかっても、このテーマは不思議なほど面白いパズルだと思った。襟を正して、器が破裂しないか、発火しないかと考えたことがない人はいないだろう。

上記の最後の話には疑問を感じた。確かに極度の身体的危険の時にエンドルフィンが押し寄せてきて、痛みを感じたり、まともに反応することが全くできなくなったのを覚えている。この人たちが慌てて火を消さないのは、エンドルフィンが出ているのかもしれないが、それでは普通の人(ペプシのCMのマイケル・ジャクソンのように)が火事の時に慌てて逃げようとする原始的な欲求があるのか説明がつかない。現実ではない何かを心に信じさせる、あるいはおそらく反応時間を和らげるような、何か別のことが体内で化学的に起こっているのだろうか?

部屋全体が灰になるわけでもないのが珍しい。また、体の一部が焼け残ったことも不可解である。しかし、足や腕(上の写真にあるように、最もよく残る部分)が燃えないという事実は、私にとってそれほど驚くべきことではない。実は、脚や腕は筋肉質で、体脂肪が少ない。体脂肪を燃料とする芯の効果であれば、体の芯が最も燃えやすいはずである。脂肪は、よく知られているように、非常に高温で燃焼する。「Myth Busters」で、沸騰した油の入った鍋に水をかけると大火事になるというエピソードを見たことがある人なら、体の水分と脂肪が組み合わさってどんな働きをするか理解できるはずである。これらの遺体が多くの火葬場よりも高い温度で焼かれることも異常である。体脂肪はSHCと同じように火葬の燃料になるはずである。

これは何かおかしな超常現象だと思うだろうか?いや、そうではない。超常現象をどう見るかだ。このようなことは、私たちの物理的な世界に影響を与えるので、自然の一部でもあるのである。このような状態が起こるには、何か驚くべき状況が存在しなければならないように思われる。私たちは、この状態を目撃して測定することはできないでだろうから、できるのは科学捜査だけである。幸い、ここ数十年で科学捜査が飛躍的に進歩し、事象を見つめ、「犯罪現場」の証拠を分解して、その経緯を解明することができるようになった。体脂肪がランプの油の芯のように作用するというのは、研究者による非常に鋭い宣言であり、私もそう思う。しかし、この極めて珍しい現象が起こるためには、どんな特別な条件が必要なのか、という疑問は依然として残っているのだ。

ここで奇妙な事件が起きた。 2006年10月、ジュネーブの自宅で、ある男性の遺体が発見された。彼は胸の真ん中から膝の間がほぼ完全に焼けただれていた。タバコを吸っていて心臓発作を起こしたと思われる。タバコが発火源となり、その後、芯の効果が現れた。遺体を乗せた椅子はほとんど焼け落ちたが、それ以外のものはほとんど損傷がなかった。茶色い油のような被膜が覆っていた。その男が飼っていた犬も死んだ。犬の死因は一酸化炭素中毒とされた。

結論

私の疑問は、なぜ人々は立ち上がり、炎を消すために急いだように見えないのか、ということである。

衣服に火がついたのなら、なぜまだ椅子に座ったままなのだろうか?体内で燃えているはずの脂肪が液体燃料になり、フローリングや周りのものに火をつけないのはなぜか?なぜ、不思議なことに、彼らの一部が無傷のまま止まり、暴れたり、必死に戦ったりした形跡がないのだろうか?なぜ、頭蓋骨が縮んでしまうのだろう?

うーん……。

まだまだ謎は続く。

元記事はこちら