我が祖国

チェコの国民楽派の作曲家、スメタナの作品です。連作交響詩という呼び名になっています。

この組曲の中の、第2曲はとても有名な「モルダウ」です。「モルダウ」というのは、ハプスブルグ家統治下のドイツ語の呼び方で、チェコ語では、「ヴルタヴァ」と言います。

この「我が祖国」を「プラハの春音楽祭」のオープニング曲として毎年演奏します。プラハの春音楽祭は、スメタナの命日の5月12日から始まります。ちょうど今頃の季節ですね。

私は、7年前に、このプラハの春音楽祭のオープニングコンサートとして、スメタナホールで、「我が祖国」を聴く僥倖を得ました。

「ヴィシュフラド」という古いお城のテーマから始まって、 「ブラニーク」というチェコの富士山に喩えられる山のテーマまで、全六曲で構成されてます。

ハープの調べから、ヴィシュフラドが始まると、なんとなく、胸が詰まってきて 第2曲のブルタヴァ、つまりモルダウのフルートとトライアングルが始まったとたん 涙が溢れてきました・・・。

そして、最後まで泣きっぱなし・・・。 心底感動しました!!!

チェコ人が、いかにこの交響詩を愛しているか、スメタナをいかに敬愛しているか よ~くわかりました。 ほんとに、素晴らしい夜でした。

チェコは、チェコスロヴァキア時代、「人間の顔をした社会主義」を標榜し「プラハの春」と言われる一連の改革を試みたドプチェク政権がソ連の軍事介入で倒され、ずう〜っとソ連の衛星国でした。

そして時代は流れて、1989年の100万人集会、ビロード革命の舞台となったヴァーツラフ広場を通り、スメタナホールに私でも歩いて行けるまでになりました。

しかし、去年、新型コロナのために、プラハの春音楽祭は中止になり、チェコも感染拡大に苦しみました。今年は予定通り行われています。

YouTubeからとってきたのは、私が客席で聴いて泣いていた、まさにその演奏です。2014年5月12日、指揮はイルジー・ビエロフラーヴェク、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

またいつの日か…。