Ohlala! Tequila!

曲の合間に「テキーラ!」とだけ叫ぶ、インストルメンタルの曲、まさに「テキーラ」という曲があります。

これは、1958年に「Champs」という画像のグループがアメリカで大ヒットさせた曲です。

それ以来、この曲のカバーをするミュージシャンが特にジャズメンを中心に多く出てきていました。

例えば、ウェス・モンゴメリーもカバー曲を収録してます。

あのベンチャーズや、アルトサックスのデヴィッド・サンボーンとか、ヘンリー・マンシーニもカバーしています。

それから時は下って、1993年、Ohlala Tequila!という曲が、J-Waveでよくかかってました。フランス語でラップというのがオシャレだなあ、と思っていました。

YouTubeを見ていたら偶然、おすすめに出てきたので久しぶりに先日聞いてみました。

歌っているというか、ラップをしている人は、David Dexter D.という人で、ジャズメンなんですね。

チャンプスのインストルメンタルをラップにしたのが面白いですね、しかもフランス語。

テキーラを飲んだら、もう何もかも止まらなくなっちゃって、ヤバいよ!っていう曲に仕上がっています。

歌詞こんな感じだと思います。けっこう適当です(笑)

Balladé, de bar en bar, comme des boules sur un billard, de bande en bande, on déboule, roule, au milieu de la foule.
Déballe des banalités à des badauds à moitié alités abrutis, abattus, par le débat, le débit de la la, oh la la! Tequila!
Galère, où est la terre, les yeux collés au fond du verre Je déblatère, pépère, me désaltère et réitère, pervers
Je commets des impairs a moitié dans les vapes, je zappe, dérape
Pâle, je m’affale collé à une diva, sur un divan divin et opportun Je bricole, décolle et picole, dans les bras d’une folle, oh la la! Tequila!
Qui m’a dit que c’était de l’eau, oh la la! Tequila!
La nuit s’est fait la belle, c’est déjà l’aube soleil, on se réveille dans un plumard de bouteilles de vine, la diva de la veille sort de l’abîme, et Bim recule, en me traitant de mule, nul, crapule
Se cramponne et déambule part, en me laissant une bulle d’injures en tout genre
Dur dur, confus, confit, je me confonds en excuses Joue les méduses, mais la muse a mis les bouts, dommage
Je reste planté là, faut voir dans quel état
La tête dans un étau, et la cervelle en gâteau abruti, abattu, par les vapeurs de la la la, oh la la!
Oh la la! Oh la la! Tequila!
Oh la la! Tequila! Oh la la! Tequila!

そして、これもかなり適当な日本語訳ですがこんな感じです。

ビリヤード台の上のボールのようにバーからバーへ、バンドからバンドへ、観客の真ん中で転がる
こんな状況の中で、こんな状況を打開するために、いろいろ工夫を凝らしてきたが、残念ながら状況を打開することはできなかった。
私は、この2年間で、こんな状況になったことを知っている。
私はミスをしている、私は半分抜けている、私はザッピングしている、私は横滑りしている。
私は青ざめている、私は歌姫の上でうつむいている、神聖でタイムリーな歌姫の上で私はいじったり、脱いだり、飲んだりしている、狂った女の腕の中で
誰が水だと言ったんだ、オララ!オララ!テキーラだ!。

夜が更けて、もう夜明けだ 太陽が出て、ボトルクローゼットで目が覚める。驚くことに、前夜の歌姫が奈落から出てきて、ビムが戻ってきて、私をラバ、ラメ、悪党と呼ぶんだ。
私にあらゆる種類の侮辱の泡を残して、持ちこたえてふらふらと去っていく。
難しい、混乱している、混乱している、謝っている、クラゲを演じているが、ミューズが端を付けている、残念だ
私はここに立っている、あなたは私がどのような状態であるかを見なければならない。
頭は万力、脳はケーキの中 ラララ、オララの煙にまみれている
オララオララ!テキーラ!
オララオララ!テキーラ!オララオララ!テキーラ!

私もテキーラ飲みたくなりました。でもまだ待て、今はまだ金曜日の朝だ、あと少しの辛抱。塩とライムだけのテキーラの飲み方を知っていますか(笑)