月食について

昨夜、マンションのベランダで、一杯やりながら月食を見ておりました。

曇っていたので皆既月食は見られませんでした。そして、食明けを撮っても、スマホの限界で無理でした。

月食の占星術的意味について少し掘り下げたいと思います。いろんな占星術師がいろんなことを言っていることは承知しています。ここでは、少し違った見方をご提供したいと思います。

一般に月食は、天変地異、戦争、疫病、飢饉、政変などの凶兆とされます。それも、月食の見られる地域に起きます。世界的には、インド半島以西とヨーロッパ・アフリカではこの月食を見ることはできませんので、これらの地域以外は全て、上記の凶兆の可能性があるわけです。

それで、どんなことが起きそうかだけ、チャートで見てみましょう。

ざっくりですが、太陽、ドラゴンヘッド、月、ヴェスタ、木星が、大きな四角形を作っています。ほぼグランドクロスといってもいいでしょう。この配置は、妥協のない緊張関係を星々にもたらします。グランドクロスって、ノストラダムスの大予言で聞いたことがある方も多いかもしれません。

月食の起きる第12室は、病院、医療関係、木星のいる第2室は財政、太陽とドラゴンヘッドのある第6室は健康、ヴェスタのある第9室は海外からの影響をそれぞれ表します。

ヴェスタはもともと竈の神で、聖なる火を表します。強い義務感なども表します。それが海外からの影響の第9ハウスにあり、病院、健康、財政に強い悪影響を及ぼす、ということは、もしかして、「絶対に五輪を成功させなきゃいけないんだ!」と政府、東京都、組織委、IOCが、五輪を強行した場合の最悪の結果を警告しているのかもしれません。五輪を強行しようとしている人たちの主要なメンバーの人相を見ると、有徳の相がある人は誰もいません。総理をはじめ、全ての人です。まあ、それも、日本のカルマなのかもしれません。または、日本を守護してくださっていた神々が悉く追放されてしまった結果、悪霊ばかりが跋扈して、上に立つ人々を操っているからなのかもしれません。

私はもう諦めの境地です。酒甕を盃で叩いて挽歌を歌う、そんな気持ちです。

今回の月食の影響は少なくとも約3ヶ月続くので、五輪が終わった後、日本は、変異種が蔓延し、病院は医療崩壊を起こし、国家財政は大打撃を受け、政変も起きるかもしれません。中止した方が良かった、と誰もが思うような事態にならないことを祈らざるを得ません。

やはり、lam の予感は当たりましたね。