数千年前の最後の柱が倒れれば、世界の終わりがやってくる。

インドには、古くから世界の終わりを告げるという神話上の場所がある。伝説によると、すべての柱が倒れたとき、我々の文明の運命が封印されるという。1本を除いては、すでに破壊されている。

ここは、世界の終わりが訪れる正確な日を予言し、地球の運命を永遠に決めることができる場所なのである。この洞窟とその柱にまつわる伝説を知る人は少ないが、地域社会によって厳重に守られたこの場所には、果てしない秘密が隠されている。

ここはインド人にとってのバチカンのようなもので、ヴェーダの知恵と哲学の中心地である。バラナシはヒンドゥー教の教えの中で最も神聖な場所とされ、世界で最も古い都市の一つである。ここは一種の古代礼拝堂であり、我々の世界の終わりを示し、我々の文明の運命を示す「祭壇」である。

ケダレシュワル洞窟の中央部には、水が張られ、4本の大きな支柱というか、その跡が残っている。

4本の柱のうち3本はすでに倒れたり、破壊されたりしている。現地の古代伝説や神話によると、最後の柱が破壊されると、我々の世界の柱が破壊され、大きな衰退の時が訪れると言われている。

現代人に言わせれば、「世界の終わり」。

実際にどのように起こるのだろうか?まだ誰にも分からない。

前の3本の柱はどのように破壊されたのだろうか?地元の人によると、人為的なものでも、自然によるものでもないそうである。何千年に一度、一柱だけ、神の介入によって倒壊するのだそうだ。そして、その柱が倒れるたびに、ユガの時代が終わるという。

ヒンドゥー教では、古文書に4つのユガが記されており、私たちは今、最後のユガ、つまり世界の終わりに非常に近いところにいるのである。だから、この最後の柱も倒れると、この最後のユガも終わり、全世界が破壊されることになる。さて、世界はどのように終わるのだろうか?

大災害が実際に起こるかどうか、起こるとすればどのようなものかについては、さまざまな説がある。

伝説によると、毎回、柱が倒れた後、我々の世界に巨大な変化が起こり、文明が奈落の底に近づいていくのだという。

さらに、各柱の破壊は、私たちの世界がますます悪化していることを物語っている。

アンドロメダ星の高度文明からとされる情報では、2025年に中性子星が地球に接近するとのこと。アンドロメダ星によると、この星は地球に恐ろしいカタストロフィーを引き起こすという。

カルキと呼ばれる神が空からやってきて、すでに腐敗したこの世界を破壊するだろう。人類を含む地球上のほとんどの生命は消滅し、大気圏と水圏のかなりの部分が引き離されるだろう。

この話には何か真実があるのだろうか?それとも、何千年も前の古代の「迷信」に過ぎないのだろうか?

ひとつだけ確かなことは、私たちの文明がこれほどまでに悪い状態に陥ったことはないということだ…。

元記事はこちら↓

The end of the world will come if the last pillar collapses, which is thousands of years old, can this be a sign of the end of time