ウクライナ戦争、プーチンの死、血に染まる赤の広場に関する1992年の予言

グルジア全土でその透視能力が知られているリリア・カクリアは、福島原発事故、イラク戦争、ソ連崩壊後の主な政治的出来事を予見し、もちろんグルジアの最高指導者の交代も定期的に予見していた。

また、1992年には、ロシアのウクライナ侵攻と戦争の全行程を予言した。正確には、1987年にどこかで予知したことを、1992年に地元のテレビ局の記者に話したという。その後、リリアは時々インタビューに応じ、啓示を受けた時点では無名だった彼女が、自分の見たビジョンでわかるようになったことを詳しく説明するようになった。

リリア・カクリアによれば、ウクライナとグルジアがほぼ同時にNATOへの加盟を希望し、それに対してロシアが国境で武器をガチャガチャと鳴らし始め、皆を怖がらせることから戦争が始まる。しかし、すぐに戦争になるわけではない。カザフスタンで戦争に近い何らかの出来事が起こり、それがシグナルとなって、まずカザフスタンで何らかの騒ぎが起こり、次にウクライナへの侵攻が起こるからだ。

ウクライナからの一部領土の最初の分離は遅くとも2016年までに行われることになっており、リリアは特にクリミアについて言及し、その後、ウクライナ全体を掌握する試みが行われるだろうと述べた。NATOは介入せず、積極的にウクライナ人を助け、ロシアはまずウクライナに血を流し、その後這い上がってくる。将来、ロシアはクリミアをウクライナに返還するだけでなく、クバン、ロストフ、ベルゴロドといった都市も返還するだろう。

さらに、ウクライナとグルジアはNATOに加盟し、その手続きは非常に早く行われるだろう。しかし、ロシアはもはやそれどころではないだろう。なぜなら、そこで恐ろしい出来事が始まるからである。

まず、日本と中国が領有権を主張し、ロシアが奪った土地を返還するように求めるだろう。ロシアは懸念を表明するだろうが、戦争は起こらないだろう。

リリア・カクリアによれば、赤の広場は本当の意味で真っ赤になる。

戦争はいつ終わるのか?

「ウクライナはロシアとの戦争に勝つ。」また、将来的にウクライナが分割されたり、分裂したりすることはないだろう。ウクライナは領土を保持し、(ロシアは)クリミアを返還するだろう。」とリリア氏は述べた。

プーチンは殺されるだろう

「北コーカサス全体が団結し、ロシアに宣戦布告する。」ロシアは間違いなくコーカサスを失うだろう。プーチンはロシアの政治情勢を解決できなくなる。モスクワでのイスラム教徒の戦いの後、すべてが破壊され、赤の広場全体が血で覆われる時が来るだろう」とリリア・カクリア氏は言う。

ウクライナの未来

リリア氏の予測によれば、ウクライナは欧州の下にも、米国の下にも、ロシアの下にも属さない。

「ソ連邦の統一計画は実現しない。当局は犯罪を隠すだろうが、それも長くは続かないだろう」と彼女は予見していた。

「ウクライナはロシア人のいない強大な国家になる。ウクライナの新政権は世界をリードして大きな驚きを用意するだろう、世界政治は非常に緊張するだろう」と彼女は言った。

「ウクライナ当局は欧州とのすべての協定に署名し、同国は欧州連合に加盟する」と彼女は付け加えるが、正確な日付と条件は明言しなかった。

以上ですが、果たして日本の北方領土は帰ってくるのでしょうか?

元記事はこちら↓

The 1992 predictions on the war in Ukraine, Putin’s death, and Red Square being flooded with blood