シュタイナーの思想について(4)〜アーリマンが人類に大災厄をもたらすことについて

前回からの続きです。前回の内容は こちら です。

シュタイナーの思想体系は複雑で膨大なものですので、体系の最初からをいちいち紐解いていたのでは、このブログの読者様にとって必ずしも興味を惹くものにならない可能性があります。

そこで、優先順位をつけて、調べていくことにします。

その優先順位とは、以下の通りです。

1.アーリマンが三千年期(西暦2000年以降)に受肉し、ルシファーとサタン(?)を使って、人類に大災厄をもたらす、ということの意味を詳しく調べること。

2.日本は地球の頂点であり、日本が、世界に起きる大災厄の雛形になり、日本で、数々の大災厄が起きる、ということの意味を詳しく調べること。

3.人類は霊的な進化の途上であり、大災厄が進化を促すことになる、ということの意味を詳しく調べること。

以上をます詳しく調べようと思います。

限られた時間と能力の中でどこまでできるかわかりませんが、やってみたいと思います。何回かに分けてやっていくことになります。

今回は、第4回目、アーリマンがもたらす大災厄についてのシュタイナーの予言の続きです。

今回もこの本を参考にしていきます。

アーリマンが、科学技術を使って、人間に安穏な暮らしを提供し、さらに、インターネットを通じて仮想世界を見せられることによって、現実世界の背後にある真の霊的世界について、それを感知する能力を失なっていき、結局、目に見えるデータ、専門家や権威者のいうことしか信じなくなります。そして、アーリマンが人々に見せる仮想世界は、個々人にカスタマイズされたものとなり、人々は真実を共有することができなくなり、人々の間に分断が生じる、というところまで書きました。

アーリマンは民族主義を利用する

まず、シュタイナーの生きた時代、1920年頃は、ヨーロッパでは、オーストリア・ハンガリー帝国の崩壊から、ハンガリー、チェコスロバキア、ユーゴスラビアなどの旧帝国植民地が独立し、民族国家を打ち立てた時代だということを念頭におかねばなりません。

その上で、シュタイナーは、その時代、民族主義ということが盛んに言われているけれども、知性や精神の中から発したものではない民族や部族などの繋がりがアピールされるならば、人類の間に不協和音が生じることになる、としています。また、アーリマン的な力は、この人類の間の不協和音をとりわけ利用することができ、民族的なショービニズム、あらゆる倒錯した愛国主義を材料として、アーリマンは自分が必要としているものを組み立てる、と言っています。

この民族国家、部族国家間の対立は、ヨーロッパに限らず現在も世界中で続いています。また、ヨーロッパでは、民族主義的ナショナリズムを標榜した極右運動も盛んになってきています。シュタイナーの指摘する通り、アーリマンは世界中に自分の勢力拡大するために、この民族主義を利用する企てを行なっており、それは大いに成功していると言えます。

今後、民族主義、部族主義をベースにした運動がますます盛んになり、人々の分断、抗争が大いに扇動されて、世界中で、大きな争い、紛争になっていくことが危惧されます。

数字と統計ばかりの学問もアーリマンに利用される

まず、人間は、どんな立場、どんな見解に立っても、その立場、見解に、一定の正当性を持っている限り、それぞれの立場、見解に基づき、自己の正当性を証明することは可能である、とシュタイナーは言っています。つまり、レーニン主義の正当性も、それと正反対の立場も、それぞれに一定の正当性がある以上、それを同程度に証明することは可能だということです。

ただ、その証明は事物の本質に相応した存在の真理の段階までは深まっていないので、表層的な理解にしか至ってはおらず、いとも簡単に、欺かれてしまう、とも言っています。

そして、「現在、人々は学問において数字を好みます。人々は社会生活においてすら数字を好むのです。社会に関する学問に目を向けてみてください。これらの学問はほとんど純粋に統計から成り立っています。そして、重要な事柄は統計から、つまり数字から推論されます。数字とともにあらゆることが証明され、信用を獲得します。数字はあることを証明する手段ではなく、人々を欺くための手段なのです。人々が数字から質的なものへ目を向けないならば、数字を超えて質的なものを見ないならば、たいてい数字に騙されることになります。数字が証明の手段として持ち出され、証明の手段とみなされるとき、アーリマンは目的を達成することができるのです。」

この指摘も、現代に当てはめると、怖いくらいに当たっているのではないでしょうか。経済が好況か不況か、国民が豊かなのかそうでないのか、という指標は山のようにあり、そういう数字で示される指標に基づき、我々は現状を理解、認識するしかありません。我々の健康状態も、数字によって健康、不健康が決められます。血糖値、血圧、コレステロール値、尿酸値、さまざまな健康に関する指標が数字で示され判断されるのです。現在のコロナ禍もそうです。新規陽性者数、病床使用率、実効再生産数、ワクチン接種率、ワクチンの有効性についての指標などなど、全て数字です。数字が、状況を表し、さまざまな施策、対応の有効性などが、数字で証明される、そんな時代に生きています。

指標の有効性や発表される数字が本当に正しいかはほとんど議論されていません。数字に頼っている限り、私たちは、簡単に騙されてしまうでしょう。数字を超えた質的な変化を見ることの重要性をシュタイナーは主張しているのです。

アーリマンは人々を離反させ、互いに争わせる

人々が分断され、争いが生じることはすでに書きました。さらにもうひと推しします。例の本から引用します。

「人々は、ますます小さなグループに分裂していきます。その結果、ついにはグループにはたった一人の人しか属さないようになるでしょう。そうなればさらに、一人の人間は左と右に分裂し、自分自身と争うようになるでしょう。つまり右の人間が左の人間と争うのです。そのため多くの素質が現在既に、人類の進化の中に現れています。」

分裂が究極まで進むと、一人の人間の中に、精神分裂が進む、ということでしょうか。アーリマンは一人の人間の中に、自己矛盾、自家撞着を生み出すと言っているのかもしれません。

だとすると、現代人は、既に、大多数の人が、多かれ少なかれ、精神分裂的な性質を持っていますので、アーリマンの人類への支配は、相当に進んでいると言えるでしょう。

アーリマンについての記述は、一旦、ここまでとします。

次は、ルシファーについて、ルシファーが3000年紀(西暦2000年〜)に、アーリマンと協力して、どのような災厄を引き起こすのか、について調べてお伝えします。