リモートヴューイング研究者のご紹介

コートニー・ブラウンというリモート・ヴューイングの研究者がいます。彼も、エド・デイムズ少佐やジョン・マクモニーグルと同様の手法を使ってトレーニングされたリモートヴューイングのチームを持っています。

その調査結果を、YouTubeのチャンネルで紹介しています。

例えば、今年の7月に何が起きるか、ということを彼にチームの5人のリモートヴューワーに遠隔透視させて、予測を発表しています。

前置きがとても長いので、リモートヴューワーへのブラウン博士のインタビューの箇所から引用してあります。連続して5人のリモートヴューワーのセッションが収録されています。インタビュー形式の人もいるし、自分のビューイングをセッション形式で述べている人もいます。

彼らのリモートヴューイングを総合してみると、彼らは同じ出来事を違う側面から見ているのかもしれません。

総合すると、「海の近くの都市のようなところで、災害が起きる」ということでしょうか。原因は、リモートヴューワーによって様々です。自然災害、地震のようなもの、爆撃などです。

あるリモートヴューワーは洪水で建物が流された様子を述べていたので、中国の洪水を予見したのかもしれません。また、そのほかのリモートヴューワーは、爆発、炎の玉が都市を襲う、というようなことを言っているので、イスラエルによるガザ地区の爆撃のことを言っているのかもしれません。あるいは、ドーム型の建物のあたりで何か起きる、というようなことを言っているリモートヴューワーもいましたので、東京オリンピックのスタジアムあたりで何か起きるとか、直撃しそうな台風で被害が出るとか、地震が起きるとか、そういうことを予知しているのかもしれません。

7月はあと1週間ですので、まだ起きていないことなら、地震、爆撃などが心配になります。

このYouTubeのチャンネルは、コートニー・ブラウン博士のサイトで有料公開しているコンテンツのトレーラーを見ることもできます。また、リモートヴューイングのトレーニングの動画もありますので、ご興味のある方はどうぞ。

1ヶ月9.99ドルなので、私もサブスクしてみました。7日間無料トライアルできます。

かく言う私は、最近、リモートヴューイングの練習、サボっています。また、自分にネジを巻いて、頑張りたいと思います。