クレイグ・ハミルトン・パーカー12/14付2022年予言(ヨーロッパ編)

パーカーさん、今年は、更新が頻繁ですね。またまた、長い動画を更新してます。今回は、2022年予言のヨーロッパ編です。極力訳して書いてみます。かなりな量で手こずっています。誤訳しているところがあるかもしれませんが、どうぞ、ご勘弁を。

以下は、2022年のヨーロッパに関する私のサイキック予測です。
このチャンネルに参加していただき、ありがとうございます。

このチャンネルをご覧になっている方は、私が今年、たくさんの予言をしたことをご存知でしょう。
年の変わり目ということで、世界全般の予測をしてきました。また、世界の様々な地域についても、具体的な予測をしてきました。
そして今、私はヨーロッパについての予測をします。明らかにヨーロッパは大きな場所で、多くの国と人々がいるため、様々なことが起こっています。
私の瞑想の中で感じた、これからのヨーロッパで起こりそうなことについて、私のハイライトとできる限りのことをお話しします。
ヨーロッパのこれからの時代に、この他にもいろいろなことが出てくると思いますので、1年を通して他のことも取り上げていきたいと思います。
もしあなたがこのチャンネルに初めて参加するのであれば、チャンネルをフォローしてください。チャンネルをフォローすれば、常にアップデートを受け取ることができますし、何が実現して何が実現しないかを見ることができます。
確かに、多くの評論家やジャーナリストが得られる情報よりも優れていると思いますが、私はただ洞察力があるだけです。
私をフォローしてください。そして、この番組の中で出てきたことで、何か強く感じることがあれば、あるいは私が正しいと思うことや間違っていると思うことがあれば、ビデオを止めてコメントを入れてください。
また、このチャンネル全体を動かし、特に私の考えを伝えることができるからです。

とにかく、これが私の考えです。私は瞑想をしていて、バックグラウンドで様々なオラクルを使っています。私はインドのオラクルに興味があり、中国のオラクルにも興味があり、私の主なテーマである透視術にも興味があります。私はほとんどの場合、霊媒師であり、それが私の主な仕事ですが、とにかく、以下が私のヨーロッパに対する考えです。

2022年のヨーロッパの全体像

全体的に見て、2022年は政治的な変化が多い年になると思います。特に、ヨーロッパでは予想外の突然の政治的変化が多いので、多くの人が頭を抱えることになると思います。
そして、この期間に行われるさまざまな選挙では、予想外の変動が起こるでしょう。トルコをはじめ、ヨーロッパでも同様です。
ユーロに関して言えば、全般的にユーロの価値は低迷すると思います。
ヨーロッパの経済は少し衰退するでしょう。私たちは明らかにパンデミックなどから脱却しつつありますから、霊能者がそこまで言う必要はないと思いますが、私が感じるのは、このヨーロッパ経済の変化と落ち込みは不愉快なものになるだろうということです。
失業は緊張をもたらし、不安を引き起こす必要があります。また、2022年にはヨーロッパへの移民が再び急増すると思われるので、ヨーロッパに流入した移民に対する憤りがますます大きくなると思います。

後で別のビデオを作ろうと思いますが、私はヨーロッパの大きなウイルスのひとつは、実はウォキズムだと思っています……今、アメリカから輸入されています。
私はアメリカ出身ではありませんが……それが私たちを弱体化させ、私たちと彼らを作り出していると感じています。
左翼マルクス主義のリベラリズムは、リベラリズムを装っていますが、実はマルクス主義なので、政治的なコメントが入っていますが、ごめんなさい、どう思われますか?
振り子が左に振れたり、右に振れたりしますよね。
振り子は左に振れ、右に振れ、分離主義に振れ、統一に振れます。振り子が真ん中に来たとき、振り子が大きく振れなくなったとき、それは物事が正しくなったときです。
ですから、私たちは揺れ動く振り子……ペンバートン……小さな振り子……揺れ動く振り子……そして、徐々に……うまくいけば、そのうちにバランス感覚を取り戻すことができると思います。

ポーランドについて


現在、ヨーロッパではさまざまなことが起こっていますが、私が注目している地域のひとつがポーランドです。なぜなら、現在、ベラルーシとの国境問題を抱えているからです。そこで何が起こるかというと、私はロシアがこの背後にいるのではないかと感じています。私は最近、ロシアのテレビ番組に出演し、ロシアに焦点を当てました。
ロシアに関する予測をしていたからです。

私の考えでは、瞑想をしているときに、これらのことに意識を向けようとしたときに、次のように考えました。
この移民の氾濫の背後にはロシアが存在しているのではないかと思うのですが、私は隠れた意図があると思います。
歴史やそういったものが、ロシアと中国の両方の思惑によって、意図的に損なわれているように感じます。
私は、ロシアと中国の両方の思惑によって、意図的にこうしたものが損なわれていると感じています。
ポーランドと東欧諸国は、シェンゲン協定と呼ばれる人の自由な往来について、欧州連合とかなり対立することになると思います。
ヨーロッパ自体が経済的に苦境に立たされているので、ポランドも経済的に少し苦境に立たされると思います。
2022年には世界中で食糧不足に陥ると思いますが、ポーランドもそのような地域のひとつになるでしょう。
飢餓とまではいきませんが、食料の調達や新鮮な食品の入手に苦労することになるでしょう。

同時に、ロシアとポーランドは、国境などを守るために、軍隊にもっと多くの費用をかけることになるだろうと思います。
一般的には、後ほどお話しますが、ウズベキスタンで起こっていることから……ポーランドもまた、ロシア人の……これまでの……東部……への侵入を懸念して、強力な武装を始めることになるでしょう。
ソビエト連邦のこれまでの東部地域へのロシアの侵入などを心配しているからです。
ポーランドでは様々なことが起こっているので、軍隊への支出が増えるでしょう。このことは、実際にポーランドで多くの政治的不安定を引き起こすと思います。
これは、突然の政権交代が起こる可能性のある分野のひとつになるでしょう。
私は、長期的に見れば、ポーランドは多くの意味で “眠れる獅子 “のような国だと思っています……中国が目覚めたとき、私たちが突然その可能性を発見したように。
ポーランドも同じような立場にあると思います。いつの日か……ポーランドはヨーロッパでの力を持つドイツに匹敵する国になると思います。
長期的には、ポーランドは非常に強力な国であり、非常に誇り高い国になるでしょうし、ヨーロッパに非常に強い文化的影響を与えると思います。
音楽を変え、芸術に対する態度を変え、ヨーロッパに非常に強い文化的影響を与えることになるでしょう。
長期的に見れば、ポーランドは私たちが多くのことを学べる国として注目することになるでしょう。
経済的にもI.T.やその他の分野でも活躍していますが、私が特に注目しているのは、ポーランドに富がもたらされると感じている、この素晴らしい文化的なものについてです。しかし、今はそのために少し苦労しています。

東欧諸国は全般的に、シェンゲン協定の終了を求めるようになると思いますが、これはもうひとつの大きな問題になるでしょう。
ヨーロッパの他の地域でも移民が急増して突破口が開かれ、人々の自由な移動に関するヨーロッパでの議論の議題を支配するようになるでしょう。これまでに見てきた弱点がすべて解消され、さらに多くの人々が流入し、誰もがこの問題をどうすればいいのか絶望し、社会不安を引き起こすと思います。

ルーマニアのスキャンダル


また、ルーマニア政府についての記事を見て、これも政治的な問題が多く発生している分野だと感じました。
政権交代などの政治的な問題が発生している分野だと感じました。私はそこである種の汚職スキャンダルが起こるのではないかと感じました。
今後、世界中で多くの汚職スキャンダルが発生すると思います。
実際のところ……1つのスキャンダルがもう1つのスキャンダルを刺激することになるでしょう。
政治家を買収するためにお金が使われていて、そのお金は外国の権力者から来ています。
その外国勢力とは、実は中国だと私は感じています。
そして、私たちだけでなく、多くの人々が実際に中国のポケットに入っていることが証明されようとしています。
そして、特に東ヨーロッパで何かが起こるような気がします。
特に東ヨーロッパで何かが起こるような気がします。そして、ルーマニアもそのような国のひとつになるかもしれません。

ギリシャやトルコの国境紛争


また、他にも様々な緊張関係が起こると思います。
先ほど言ったように、ギリシャとトルコの国境では、移民に対する圧力が強まると思います。
しかし、ギリシャとトルコの間でも緊張が高まっているように感じます。彼らは過去に互いに戦争をしたことがあります。
しかし、人々がこの問題を持ち込むにつれて、トルコは我々が正しいと考え始めているように感じます。
トルコは、もうこのような移民を抱え込むことはできないと考え始めています。
イランやイラクに行きたければ、好きなところに行ってもらおう。ヨーロッパに行きたければ行けばいい、でも彼らはここにはいるべきではない。
ヨーロッパでは、「今すぐ移民を追い出すぞ」という脅迫のようなことが行われているような気がします。
これは特にギリシャとの間に緊張関係をもたらすでしょうし、私たちにも何か起こるかもしれません。
というのも、ギリシャもトルコも、これから経済的に厳しい時期を迎えると思われるからです。このような時代には、社会的な不安がつきまといます。特にトルコでは、政権が交代する可能性があると思います。
トルコでは政治的な反乱が起こるかもしれませんし、イラクとの国境で軍事行動が起こる可能性もあります。
また、イスラエルがトルコとの間に作った緊張感も、よくある問題の分野です。
しかし、これまで述べてきたように、トルコとイスラエルは2022年中にイランの核施設を攻撃し、トルコはどちらに転ぶかわからなくなるでしょう。
ヨーロッパに向かうのか、東に向かうのか。
トルコでは多くの問題が発生し、トルコが不法に移民を放逐するような事態になると思います。
それがこの地域の緊張を高め、実際にヨーロッパにも影響を与えています。

スウェーデンについて


ですから、ヨーロッパ全体で政治的に不安定な状況が続くと思います。
ヨーロッパの北部、例えばスウェーデンを例にとると、右翼への動きが活発化すると思われます。
2022年にかけて、ヨーロッパでは右翼への動きがかなり多くなると思いますが、急激なものではなく、徐々に変化していきます。
これは、特にスウェーデンのように、小さな国なのに大きな国つまり、人口は少ないが移民が非常に多い国、という事実に対する反応だと思います。
文化の混ざり合いは時として緊張をもたらすことがあると思います。
スウェーデン人はこのことを感じ始めていると思います。そして、このことは常に語られているわけではありません。しかし、人々自身の意識に目を向けなければなりません。
私たちはまた、この国はまだ私たちの国なのか、という憤りを募らせているように思います。
同時に、失業者が出始めると、みんなが十分に食べられて、みんなが仕事に就いているときは、これらのことはうまくいきます。
しかし、あらゆる種類の大規模なグループの人々が失業すると、緊張感が生まれ、ストックホルムのような場所でも緊張感が生まれ始めると思います。
ストックホルムのような場所でも、抗議活動などが行われるかもしれませんが、ニュースでストックホルムの抗議活動を見たことはあまりありません。
ストックホルムでの抗議活動はニュースではあまり見たことがありませんが、この地域では多くの不安要素があり、多くの過激派がこの秋にやってくるのではないかと感じています。
この点でも、スウェーデンは長期的には問題を抱えていると思います。

長期的にはスカンジナビア諸国がヨーロッパの崩壊を招く


私はスカンジナビア諸国が長期的にはヨーロッパの崩壊を招くと考えています。
しかし、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンの間でスカンジナビアの同盟を結ぶことになるでしょう。
過去に対立していたことは知っていますが、この2つの国、フィンランド、ラトビア、そして北の国々の間で、より一層の団結が図られるでしょう。
長期的には貿易協定のようなものですが、政治的な協定になると、エストニアはバルト海周辺でよりスカンジナビア的な同盟を結ぶことになるでしょう。

しかしこれは、将来に向けての道筋という意味では、もっと大きなものになると思います。
私は基本的に、ヨーロッパは2022年ではなく、長期的にはもっと小さな部分に分かれていくだろうと思っています。
それは、ドイツ連邦、フランス連邦、スカンジナビア連邦のようなものでした。
厳密にはそうではありませんが、スイスのような独立した国の中で、その間に自分の居場所を見つけながら、将来的には分割されていくような気がしています。

オランダについて


オランダもスウェーデンと似たような問題を抱えることになると思います。
この先の政治には不確実性がつきまとうと思います。
オランダでは、ある種の選挙結果に大きな問題があると感じています。
オランダでは、ハングパーラメントや、何らかの理由で政府が誰になるかを決められないようなことがあると思います。
政権が誰になるかわからない……ハンクが拘束されるようなことがあるかもしれません……アメリカで起こったような、投票の不正操作などが非難されるようなことはありません。
しかし、私は何かが起こると感じています。選挙が僅差であったり、問題が発生したりするようなことが。
私は、聖書に書かれているように、これらのことを見るときには、「暗闇の中のガラスを通して」ということを言っています。
しかし、私が感じていたことのいくつかは、それについて感じていました。
また、不思議なことに、私の関心はオランダの王室にも向いていました。2022年に限らず、一般的には、かつては話題になっていたことで人気が高まっているような気がしたからです。
かつてはオランダの多くの人々にとって、多くの点で非常に不人気であった話題に人気が集まっているように感じましたが、王室を通して一体感が生まれているように感じました。
英国でも同じようなことが起こっていますが……女王は非常に大きな団結力を持っています。
イギリスの女王は2022年末に亡くなると思いますが、これは統一感のある、奇妙な種類の統一要素です。
私はオランダもそのように考え始めているような気がします。世界中で停電が起こると思いますが、停電を起こすために何かがそこで起こるような気がします。洪水か何かで国中が停電し、送電網が破壊されるのかもしれません。

また、オランダ人とデンマーク人は、欧州連合の設立当初から非常に欧州連合を支持してきました。
しかし、デンマークはヨーロッパからの離脱を望む最初の国のひとつになると思いますが、今それは難しいことだと思うでしょう。しかし、22世紀に入ってからは、その動きがより活発になってくると感じています。
オランダについても同様に、欧州連合からの離脱が徐々に進んでいくと思います。
オランダは……ネザーランドと呼ぶべきか、ホランドと呼ぶべきかはわかりませんが、長期的にはイギリスがやろうとしているように、より求められる国になっていくと考えています。
つまり、かつては海洋国家だったわけですが、再び世界の隅々にまで手を伸ばしているように感じます。
2022年ではなく長期的には、ヨーロッパに依存しない貿易国になり、英国と非常に密接な経済関係を築くことができるでしょう。
2022年ではありませんが、もう少し長期的な話をしてみようと思います。私の本の中には、オランダ語で印刷された「死んだらどうするの」という本があります。
私の夢の本はポルトガル語で書かれていますし、同じように「死んだらどうする」という本もポルトガル語で書かれています。
スペイン語のものもあるし、ドイツ語のオーナーもどこかにいると思うし、もし好きならロシア語もあるし、トルコ語もあります。
「psychic casebook」はトルコ語で書かれています。さて、また余計な話をしてしまいました。

移民問題やワクチンパスポートについて


移民問題について話していましたよね?
去年もそう言ったのですが、その後、ベラルーシの国境問題が発生しました。
ベラルーシの国境で問題が起こり、今年も同じことが起こりました。
だから、2022年についても、2021年と同じような予測を2020年にも繰り返しています。
2021年については、移民の急増が予想されていますが、私はこれが2度目の急増だと感じています。
人々の自由な移動と、ナショナリズムではなく国家への誇りのようなものが、いくつかの国、特にフランスにとって非常に重要になってくるでしょう私はその話に続きたいと思います。
ちょっと待ってください……さて、ワクチンと……今、私が話している間に、お茶を飲もうと思っているのですが、ちょっと我慢してください……そこに座って、目の隅で見ています。
ワクチンの問題……人々がワクチンを受けていないこと……新しいオミクロンが出てきたこと……などです。
オーストリアではワクチンパスポートの所持を義務化していますし、ドイツでも今話題になっています。
ドイツも同じようにワクチンパスポートのアイデアを採用すると思いますし、これが欧州連合の中で広がり始め、徐々に欧州のほとんどの地域になっていくと思います。
ヨーロッパ、特に欧州連合のほとんどの国で、人々は何らかのパスポートを携帯しなければなりません。
これには潜在的に危険な人権問題があるのですが、それはIDカードのようなもので、英国ではIDカードを持つべきか持たざるべきかという問題があります。
2022年には大きな話題になるでしょう。しかし、春の数ヶ月後には再びウイルスの減少が見られると思います。
毎年のように問題が発生し、様々な種類のものが戻ってきていますが、政治的な動きがますます活発になり、パスポートや交通手段に関してかなり難しい動きが見られるようになると思います。
これは、旅行やエンターテイメント施設、音楽会場に入るためのものですが、社会不安をこれ以上起こさずに、いったいどうやってこれらの問題を解決するのでしょうか。
また、誰もがパスポートを持てるのか、不法入国者はどうなのか、などなど……。
このようなことが分裂を生み、私はそれに賛成か反対か、どちらとも言えません。
しかし、私が言いたいのは、2022年にはもっと急増して、大きな大きな問題になるだろうということです。また、私が言うように、長期的には2022年ではなく、さらに2つの大きなウイルスを見ることになると思います。
それについては、私の本に書いています。
私の本にも書いたのですが、ついでにこれも書いておきましょう。私はこの広告を出し続けるので、喜んでください。
わからないけど、僕も生活していかなければならないんです、みんな、うん、でも、とにかくいい本だよ。
僕はインドに行って、シャラバナババという人に会ってきたんだけど、彼は素晴らしい素晴らしい美しい聖職者で、素晴らしいアイデアを持っていたんだ。そして、幸せとは何かという話になりました。そして、何が起こっているのかということを考えました。例えば、私はここでドナルド・トランプについての政治的なことや、世界の未来について書いたことなど、いくつかのことを書きました。世界の未来について書いたものや、世界の未来についての私の考えをここに書いています。しかし、もっと重要なことは、私が今話していることのすべてに通じることですが、この一見困難な世界の中で、私たちはどのようにして幸せに生きることができないのかということです。
私たちはすべてを考え、自分自身を外に出して、世界全体がああだこうだと言い、私たちの幸せはニュースで見るすべてのことや世界で起こっていることに大きく依存しています。しかし実際には、自分自身の中には平和な場所があるのです。それは永遠の幸福の場所となり得るのです。私はこのような考えについて話していますが、他にもいろいろあります。世界への関心を内在化することでそして、世界に対する私たちの態度は変わり、私たちはより幸せな人々になれるのです。私の他の本『be miserable』よりもずっとうまくいった。
でも、この本はかなりうまくいっているし、面白いことも書かれていますよ。

自由とワクチン義務化、観光産業の行方

オーストリア、ドイツ、そして世界中に広がるでしょう。
フランスではこれに対する抵抗が大きいと思いますし、フランスはいち早くワクチン義務化を導入しようとするでしょうね。
パスポートをめぐっては、自由とそのビジネスについて、多くの緊張を感じます。
そこで、緊張が走ると思います。
このようなことは、一般的に、すべてのワクチンは、このようなことをするのではないかと思います。
コロナウイルスは、ギリシャ、イタリア、スペインなどの観光市場に影響を与え、観光産業を抑制することになります。
カナリア諸島など、どこもかしこも……観光は低空飛行が続くと思うし、突然の大ブームはないでしょう。
だから、もう終わったことなのです。私たちは前進するつもりです。たとえワクチンパスポートがあったとしても、その利用は遅れると思います。

スペインについて


スペインは収入減で苦戦し始めると思います。
スペインではさらなる不安が広がり、カタルーニャでは人々が失業してしまうという問題が発生するでしょう。
観光業に依存しているため、多くの企業が閉鎖しています。
カタルーニャの独立が実現すれば、なぜカタルーニャに指図されなければならないのか、という思いが強くなっている。
私はバルセロナに行きましたが、美しい国だと思いましたし、彼らはスペイン人とは違う人たちだと思いました。
しかし同時に、スコットランド人がイギリス人と違うのと同じようなものだとも思っています。
カタルーニャが独立するのは、かなり先のことだと思います。
確かに、私が行ったときには、彼らの気持ちがよくわかりました。
でも、当面はスペインの一部であり続けると思います。
2022年には、ジブラルタルをめぐってさらに論争が起こるかもしれません。
また、2022年にはジブラルタルをめぐる議論が活発化するかもしれません。

バチカン市国について


バチカン市国のような小さな国でも、そのようなことが起こっていると思います。
私はイタリアに少し注目しました。
バチカンのことが頭に浮かびました。
そして、法王がとてもひどい目に遭っているのを見たのです。
というわけで、私たちは国よりも個人的なことで、どこか違う方向に進んでいるようです。
でも、法王が階段で転んでいるのを見たんだ……まるで大理石の階段を下りているような感じだよ。
バチカンの前だったか、そんなところだったかはわからないけど。
でも、彼が倒れるのを見たんだ……大丈夫だよ
しかし、私はただ、彼に何かが起こっているように感じました。
スキャンダルとは思わないけど、カソリック教会では子供のスキャンダルとかあったじゃない?
しかし、カソリック教会から過去の情報が明らかにされるような気がしました。
そんなことを言うと、いろいろとおかしなことが思い浮かびますよね。
UFOのことも知っているのか、バチカンのどこかにキリストの遺体を持っているのか、そんなことまで。
今、何か歴史的な文書が明らかにされたような気がします。
そして、これは世界にとって非常に魅力的なことであるように感じました。
ルネッサンス期のものがあるのだろうかと思わせる。
それはローノークの時代に置かれたものです。
とにかくルネッサンス期の何かのコピーなのです。
そこで何かが起こっているのですが、ローマ法王が堕落したようですね。
私はカトリック教徒ではないので、最終的にどの宗教にも従うことはないと思っています。
スピリチュアリティを追求しなければならないと思っています。
しかし、もしあなたがカトリック教徒であるなら、良いカトリック教徒であるべきです。
クリスチャンは良いクリスチャンであれ。何であれ、人々にとっては良い道なのです。
でも、とにかく、私はローマ法王のことを悪く言いたくないんです。
でも、彼はいい人だから。しかし、私はただ、堕落があると感じているのです。

フランス大統領選挙について

そして今度はフランス、2022年にフランスの選挙が控えています。
この選挙もまた、マクロン候補の間で非常に厳しい戦いが繰り広げられると私は思っています。
エマニュエル・マクロン
今回、彼は非常に不安定な立場に立たされると思います。
自由を求める声やワクチンパスポート、失業問題など、さまざまなことが起きています。
そして、マリー・ルペンが彼に対抗する強力な勢力となり、マクロンとルペンの間で揉み合いになると思います。
もう一人は……名前は……エリック・ゼモラ、これだけです。
ゼモラは、発音が悪いかもしれません、申し訳ありません。
ルペンとザモーラの間にちょっとした葛藤がありそうな気がします。
選挙が行われるとき、両者の間に亀裂が生じ、混乱に陥る可能性があります。
そして、最後の最後で再び一緒になるのですが、それは少し遅すぎたようです。
もちろん、特にフランスでは、リベラリズム、ウォーキズム、そういったものからの脱却を感じています。
フランスでは、フランス人であることとは何かということについて、大きな議論が交わされていますからね。
右翼的な活動を嫌でも目にすることになるのです。このような緊張関係を私は感じています。
フランスで選挙が行われる頃には、このようなことが起こり始めると思います。また、社会不安や人々の間の軋轢が生じると思います。
なぜなら、私たちが十分に食べているときは、これらのことはすべてうまくいき、お金がたくさんあるときはすべてうまくいき、快適なときはすべてうまくいくからです。
しかし、生活に支障が出始めると、人々は互いに反発し合うようになるのではないでしょうか?
しかし、生活に支障をきたすようになると、人々は互いに協力し合うようになり、結局は対立することになります。
しかし、2022年にはフランスでユーロに対する懐疑論が高まると思いますし、それがまたフランスでの対立を生むかもしれません。
また、他のビデオで紹介したパリでの洪水も見ました。後でメモしておくと、またこの話に戻るかもしれません。
しかし、2021年のように、ヨーロッパ全土で再び大規模な洪水が起きているような気がします。

イタリアでの地震について


また、強風が吹き荒れ、どこかで地震が起きるかもしれません。
ヨーロッパでの地震を感じていますが、それがどこなのかはよくわかりません。
典型的な場所はイタリアです。
典型的な場所はイタリアですが、どこか普通でない場所のような気がしています。

フランスとイギリスの漁業権争い、両国の台湾への空母派遣について


漁業権と、フランスとイギリスの漁師たちの間で交わされた議論については、これが私の知る限りでのベストです。
最近、フランスとイギリスの漁師たちの間で、漁業権や漁業に関する議論が行われていますが、この問題はまだ解決されていません。
しかし、私は、この問題で再びいくつかの問題が発生し、両者が再び対立するのを見ることになるのではないかと感じています。
イギリスとフランスの間には、ヨーロッパの国境をめぐる大論争などの問題があると思います。

イギリスとフランスの間にはヨーロッパの国境をめぐる大きな論争がありますし、アイルランドとの間でもまた再燃しそうです。
しかし、面白いことに、イギリスとフランスは、このような他の問題があるにもかかわらず、軍事的には非常に緊密に協力し合うと見ています。
共通の敵のために協力し、私の世界予測では、今年の台湾に問題があると見ています。
また、フランスとイギリスの海軍、特に航空母艦が、中国海域で互いに連携しているのが私には見えます。
イギリスとフランスの間に橋が架かっているようなものです。
このように、イギリスとフランスの間に架け橋が築かれつつあります。
2021年にそういうことがありましたが、まだそういう議論があると感じています。
しかし、マクロンが去れば、イギリスとフランスの関係はより良いものになると思います。
そして、それはアイルランドにも役立つことでしょう。

EUの崩壊について

アイルランドのEU離脱


アイルランドもいつかEUを離脱すると思います。
アイルランドは独立し、イギリスとより平和になるとさえ思います。
私たちの歴史が非常に異なるものであることは知っていますが、いずれは経済的な統合のために英国を頼ることになると思います。
アイルランドがポンドを持つ日が来るかもしれない、今はとんでもないようですが、2022年ではなく、もっと長い目で見て。ということで、私は今メモを見ているところです。

ドイツとフランスのEU離脱について


ということで、長期的にはEUの解体についてお話ししました。
ドイツを中心とした連邦と、フランスを中心とした連邦ができると思います。
この2つの国は最終的に分離すると見ています。
そして、それぞれの国が独自の連邦を持つことは、実は良いことだと思うのです。

強風について


そして、洪水、今年の特別な強風のメモがあります。そうそう、これも風でしたね。
しかし、私は大きな平らな森のようなものを見ました。それは黒い森か何かのような、巨大な大きな森のようでした。
木々の一本一本が、まるで踏まれたように平らになっていたんです。
そして、これは風なのか何なのかわからないですが、平らになった松林を見ました、それは落葉樹の森ではなく松林だったようです。ですから、この雨の後に特別に強い風が吹くかどうかは分からないけれど、そんな感じがしました。

ウクライナ問題について

今、ロシアとの対立があり、ウクライナの問題も起きています。私はこのことを2020年、2021年に向けて話しています。
これは2021年の予言の一つで、2022年に向けての展開のようです。
2021年12月の話です。国境にロシアの軍隊がいるので、いろいろな話があります。
来年11月頃、この問題はエスカレートすると思います。アメリカの中間選挙が行われるとき、バイデンをめぐって多くの問題が起こるでしょう。
バイデンは長くはもたないでしょうし、アメリカでは大番狂わせが起こるでしょう。
そうなれば、中国やロシアなど世界の国々が、アメリカがボールから目を離した隙につけ込んでくるかもしれないと感じています。
そのような時には、台湾とウクライナで紛争が起き、同時に二つの異なる地域、二つの前線を分割して征服することになるかもしれないと感じています。
NATOも分裂し、ヨーロッパも分裂し、その決定も分裂する。
誰が行くのか、誰が行動するのか、 混乱と優柔不断に陥りそうです。
フランスとドイツは一致団結して行動するでしょうが、両国の政治的混乱が生じた後です。
しかし、私はウクライナがロシアからの攻撃を受けながらも、フランスのレジスタンスのように戦っているのを見ました。ドイツが侵攻してきたときのロシアのような激しい戦いです。
ウクライナ人の猛烈な反撃があり、ロシアは完全に意表を突かれると思います。
彼らはより良い装備を手に入れ、自分たちが理解している領域に入っていくのです。
しかし、私はまだ、彼らは完全に押し戻されるのではなく、停止させられ、停滞させられ、ロシアは右に停止していると感じています。
そして、この件で大きな政治的な争いが起こり、再び撤退を余儀なくされるような気がします。
そして、ロシア語を話すウクライナ人からの支持さえも期待されています。
しかし、そのようなことはなく、いずれにせよ、このような結果になると思います。


そして、このロシアへの恐怖から、リトアニア、ラトビア、エストニアなどは欧州連合に加盟し、欧州連合との関係をより強固なものにしたいと望んでいます。
NATOへの加盟を希望する国はさらに多く、その中には……ご存じの通り、周辺の国々も含まれています。
そして、これらの国々はウクライナ情勢に影響されます。
また、ウクライナはまだNATOに加盟しないと思いますが、いずれはNATOの一員になると思います。

また、先ほどスカンジナビアとのつながりの話をしましたが、エストニアもそうですが、ラトビアもそうだと思います。
リトアニアは、長期的にはスカンジナビア諸国連合の一員になるでしょうね。
何世紀も前、スカンジナビアは非常に強力な力を持っていましたが、それが再びやってくると私は思っています。
それで、私は何を言いたいのでしょうか。
私はポーランドがその同盟に参加するだろうとも言いました。しかし、実際にはポーランドは非常に独立した国になるのです。独立国でありながら、長期的にはスカンジナビアともドイツ連邦とも密接な関係を持つことになります。ポーランドはいつかまたドイツと同じくらいに繁栄します。

セルビアとロシアの結びつきについて

ロシアもそうですが、セルビアも興味深い分野です。
セルビアはヨーロッパよりもロシアに目を向けるようになるような気がしますから。
セルビアとロシアとの結びつきが、より強く、より強くなっているように感じます。
セルビアとロシアとの結びつきが、より強く、より強くなっていくのを感じます。そして、これが可能かどうかはわかりませんが、セルビアとの大きな貿易取引と観光取引のようなものが見えてきます。
ロシア人観光客がそこに行き、セルビア人がロシアに行くのを見たことがある、そんな感じだ。
バルカン半島では、そのような取引が行われているようです。

イタリアについて

もう一度地震や火山について

近い将来、イタリアで多くの時間を過ごしたいと思っているので、イタリアに行くと思います。
いずれは現地から発信することになるでしょうが、イタリアでは地震が起きそうですね。
そして、珍しい場所で地震が起こると言いましたね。
この夏、イタリアの北部で何かが起こるような気がしています。
つまり、すべての火山はヴェスヴィオのそばにあるのです。
しかし、イタリア北部で火山の噴火や地震活動など、何かが起こっているような気がしました。
2020年、2021年は火山の年になると言ったからです。
特にカナリア諸島で大規模な火山現象が起きています。
エトナは間違いなくベスビオ火山でしょうし、これからの時代、心配な地球の変化がたくさんあると思います。
実際、エドガー・ケイシーはこうしたことについて話していました。エドガー・ケイシーが話していたようなレベルかどうかは分かりませんが。
しかし、私は、世界が暖かくなるにつれて、これらのことがもっとたくさん起こるようになると感じています。
地震活動に影響を与えるものではありません。それらは別々のものですが、この2つのことが同時に起こっているように感じます。
そのうち、太陽と関係があることに気がつくかもしれません。

イタリア経済について


2022年、イタリア経済はとても良くなると思います。
そして22年末には、イタリアの不動産価格や物価が大幅に改善されると思います。
イタリアで家を買うなら、今がその時です。
長期的には、イタリアの銀行とイタリアの状況について心配する必要はないと思います。
イタリアの長期的な将来について考えるとき。
イタリアは経済的に多くの問題を抱えることになると思います。
しかし、最終的には切り抜けられると思いますが、ヨーロッパとの間に亀裂が生じます。
誰が救済するのでしょう。

リスボンあたりで地震かも?

そして、リスボンのあたりで地震があるかもしれないと感じました。
でも大きな地震ではありません。 1755年に起きたようなものでリスボン近辺では地震が起きそうです。
でも心配しないで ください。1755年のようにはならないから、でも何かあるような気がします。

中国とEU、台湾問題、これからの世界についてのパーカーさんの考えなど

世界が発展するにつれて、多くの環境問題が発生します。
そして、これらの問題は世界の国々、私たち全員を巻き込むことになるでしょう。
2022年には、私が言ったように、世界中でこの問題が起こり、台湾や中国でもこの問題が起こるでしょう。
そしてEUが関与することになります。
しかし、EUの動きは鈍く、さっきも言ったように、フランスが中国海域に空母を送ります。
国際的な圧力によって、EUは中国との貿易を見直すことになるだろうと私は感じています。
これは本当に大きなことで、私が話し始めた中国の懐にいる人たちのような腐敗したものが出てくるときでしょう。
中国との取引を破棄する必要があるとき、それを暴露することは人々の利益となるでしょう。
それで、多くのことが明らかになると思います。
そしてこれは重要なことですが、ある種の本当に大きなデータ漏洩の関連性を見ています。
これは欧州の指導者にも影響を与えるだろう。
しかし、私はヨーロッパのデータ・リークを見ていて、多くのことが明らかになりました。バックハンドや、特に中国に関連するお金についてです。
つまり賄賂です、大きな賄賂、欧州連合内の汚職。欧州連合そのものではなく、もっと個々の国での話です。
しかし、2022年の1年先には、そのようなことがたくさん起こっていると見ています。
中国が最も重要な議題になると思いますので、私のビデオ、特に世界予測を見てください。
また、この後オーストラリアの予測も行います。そして、アメリカの予測でも見ることができます。
というのも、どの記事もそれぞれの国についての断片的な情報を拾っているからです。
だから、私はほとんどそこにいると思います……みんな言ってごめんなさい、私が見逃しているヨーロッパの広大な地域がたくさんあるんです。
でも、これで私が見ている将来の姿について、だいたいの感じをつかんでいただけると思います。そして、私が正しいかどうか見てみましょう。
新しいノストラダムスと呼ばれましたが、決してそんなことはないと思っています。
しかし、私はかなり多くのことを正しく理解しているし、もし間違っていても、私は時々間違っていることを受け入れます。
しかし、私が言うように、私たちはこれらのことを常に心配してはならないのです。
世の中のすべてがうまくいかないと思いながら、自分の人生を支配してはいけないのです。
なぜなら、世界の歴史のどの時点でも、常に悪いことが起こっているからです。
疫病、戦争、飢饉など、さまざまなことがありました。
人類の歴史の中で、私たちは実はかなり良い状態にあります。つまり、私たちは皆、王様のように暮らし、王様のように食べ、多くの設備がある、ご存知のように、今見ているこの画面も、その他のものもすべて、私たちは恵まれていると思うべきです。
しかし、私たちは世界を見て、自分自身に言い聞かせるべきでしょう。
でも、世界を見て、自分自身に問いかけることも必要です。
それとも、この世界は私たちの通過点であることを考えないでいいのでしょうか。
私たちはその橋の上にいるのではなく、その上を通過しているのです。
この世界を通過しているのです。そして、そのような超越的な態度に参加することができます。
私たちを通して、いろいろな意味で、それは単なる映画であり、映画であり、起こっているゲームなのです。
そうすれば、私たちの注意を本来あるべきところに向けることができます。外から見て、世の中のことを気にしながら生きるより、内から見て生きる。
また、自分の私生活でも、トラブルを起こす人たちと何が起こっているのか、ましてや政治的な問題も含めて。
私たちは内なる自己に焦点を当て、それが私たちであり、この世界を通過する人間の精神であることを知っています。
そして、私たちはいつかこの世を通り過ぎ、この世の外に出て、私たち全員に死が訪れるのです。それは悪いことではなく、ただその旅の終わり、その章の終わりとして、前に進むためのものです。そして、霊媒によって、愛する人たちが次の場所へと一緒に来てくれるのです。
しかし、私たちは実際にとても幸せな人間になることができます。私がこのようなスピリチュアルなことを言うのは、純粋に私の本を推すためなのです(笑)。
そして、私の新しいウェブサイトもご覧になってください。
新しいインタラクティブなものがたくさんあって、みなさんが参加したり、お互いに話したり、いろいろなことができるようになる予定です。
このビデオに長い間お付き合いいただきありがとうございました。
次はもう少し短いのを作るから、また会いましょうね。

いかがでしたか?ヨーロッパは今年も色々なことが起きそうですが、やはり気になるのは、中国やロシアとの関係ですね。台湾有事で、イギリスやフランスの空母が東シナ海、南シナ海に出動するのでしょうか?

皆さんはどう思いますか?ご意見、ご感想をお知らせくださると幸いです。