メルマガ76号  新型コロナの感染拡大の動向について エイリアンは地球に住んでいるのか? 風水を学ぶ

メルマガ第76号です。

未来予測の部屋では、以下のようなメルマガを毎週発行しています。

メルマガ限定の情報もございます。

無料ですので、ぜひご登録ください。

ご登録はこちら

ここからメルマガ本文です。

みなさん、こんにちは
未来予測の部屋 テイジンです^^

占い、開運、不思議、エンタメなどの情報をお届けします。

内容がまだ定まっていませんので、こういうコンテンツを入れて欲しいというご要望があったら、
どうぞご忌憚なく、このメールに返信する形でお知らせください。
当然に限界はありますが、ご要望には出来る限りお応えしたいと思います。

さて、本日の内容です。

【不思議な話】〜もし、エイリアン・UFOが地球のものなら、彼らの目的は何なのだろうか?

このコーナーでは、テイジン自身の神秘体験や、海外のオカルトサイト、YouTubeなどの情報をお伝えしています。

今回は、海外のサイト、anomalien.comに載っていた記事をご紹介します。
ここから本文です。



もし、エイリアン・UFOが地球のものなら、彼らの目的は何なのだろうか?

UFOとアブダクション現象は、必然的に結びついていると考えられている。
UFOは、誘拐犯が仕事を遂行するために使うエキゾチックな乗り物なのである。

しかし、これらのUFOはどこから来たのだろうか?
UFOが遠い惑星や異星人の銀河から来たというのは本当だろうか。
なぜ私たちのすぐそばにある地球の地下や海底の基地からではないのだろうか?

合理的な疑問

宇宙人による地球人の拉致に関する話の中で、私たちが最もショックを受けるのは、拉致被害者が「ハイブリッド」な子孫、つまり人間社会と「他者」の社会との間に橋をかけることのできるヒューマノイドを作ろうとしているとされる話である。

この悪名高い「繁殖プログラム」は、その不穏な含意から、多くの書籍の定番となっている。
宇宙人の行動については、デイヴィッド・ジェイコブズやバド・ホプキンスといった作家が説明を試みている。

UFOとアブダクション現象は必然的に関連していると考えられている。
UFOとアブダクション現象は、必然的に結びついていると考えられている。
UFOは、誘拐犯が仕事を遂行するために使うエキゾチックな乗り物なのである。

しかし、これらのUFOはどこから来たのだろうか?
UFOが遠い惑星や異星人の銀河から来たというのは本当だろうか。
なぜ私たちのすぐそばにある地球の地下や海底の基地からではないのだろうか?

また、どこにでもいるような「グレイ」たちは、人を盗むことを強いられていると考えられている。
彼らは何らかの遺伝子疾患により自然妊娠の可能性を失っており、唯一の望みは人間のDNAを注入することである。
この種の説明は完璧とは言い難く、このことは多くの批評家が指摘している。


遺伝学者たちは、人間がエイリアンと遺伝的に相容れることができるという考えを嘲笑する。
それは、人間が昆虫とうまく交尾しようとするのと同じことだと、科学者たちは言う。
確かに、最近の遺伝子操作の発見によって、不可能を可能にすることはできる(人工的にではあるが)。

しかし、高度に発達した宇宙人(明らかに我々より何千年も発達が進んでいる)が、必要な遺伝子サンプルを得るために、無防備な人間を誘拐することだけに頼るとは想像しがたい。
この仮説は、星間旅行や時空間移動が可能な文明に適用すると、特に不合理に思える。

論理的には、彼らは我々の文明よりはるかに優れた遺伝子工学の知識を持っているはずである。
たとえ数百年先の文明であっても、ナノテクノロジーの基本原理をマスターしているはずで、例えば、卵子や精子を強制的に取り出すような方法は時代遅れだと考えているはずである。

「他者」のトリック

これらのことから、「エイリアン」(少なくとも一部の種族)は、どこか遠くの星系から飛んでくるのではなく、実は共通の領土でつながっている身近な隣人であることが判明したのだ。

また、宇宙に関する彼らの頻繁な言及(誘拐犯ベティ・ヒルに見せた有名な「星図」のように)は、私たちの「宇宙訪問者」フィーバーを喜ばせ、家の近くではなく、宇宙のどこかを探させるための策略であるかもしれない。

そして、「エイリアン」が地球人に対して遺伝的関心を持ち続けていることは、彼らが太古の昔から我々と関わりを持つ同族種であることを証明しているに過ぎないのである。

善良で我々とよく似た宇宙人との出会いについて語る「コンタクティ」のすべてが、詐欺師や奇人でないことは明らかである。
中には、本当に本物の宇宙人を相手にした人もいたかもしれない。

また、地球で核兵器が製造された直後、「異星人」が宇宙旅行者として初めて現れたという事実は、地球起源説と矛盾するように思われるかもしれない。しかし、そうだろうか?

もしあなたが野蛮人の中で密かに暮らしていて、彼らがどんどん破壊的な武器を手に入れ、自分のいる領域を破壊(焼き払い、洪水など)しようとしているのを見たら、おそらく介入したい衝動に駆られることだろう。
しかし、自分の安全のために、自分の存在を裏切らないような方法で、同時に、同じ野蛮人にメッセージを伝えることを好むだろう。

もし私たちがこの惑星に住む「他者」(地球外から来たという仮説と同様に、地球から来たという仮説も正しいようだ)と共有しているならば、もちろん、私たちは技術的にはともかく、数字的には彼らより優れている可能性がある。
その場合、「他者」は人間の通常の認識の枠内で生活することを余儀なくされ、おそらく、思考機械や「マインド・コントロール」のためのインターフェースにおける最近の大きなブレークスルーのような方法を私たちに用いることになるであろう。
しかし、そうだろうか?

そして、ここで怪しいのが…。

例えば、宇宙人との接触では、化学薬品を使ったり、被害者の頭に針を刺したりすることが多いが、怪しくないだろうか?
拉致された人々は、「クルー」と話す前に吐き気を催すような飲み物を飲むように言われたり、サイケデリックな「処理」を目的とするような映像やシーンを見せられたりすることもあるようだ。

つまり、地球人であれ、地球外生命体であれ、宇宙人は明らかに我々の現実の認識を変えることを好む。
いわば、私たちは自分の感情を信じる余裕もなく、コンタクトに参加することを強制されているのだ。

しかし、失礼ながら、私たちの感情などお構いなしの無表情な宇宙人科学者(どうやら私たちの地上のことを気にかけていて、実験助手が自分の実験用ラットに同情するのと同じように私たちに同情しているらしい)という人気のある説明とどう整合するのだろうか。

経験したことをすべて忘れろという「宇宙人」の命令による催眠術後の指令はどうだろうか。
なぜこれらの保護バリアは、かなり頻繁に驚くほど簡単に「破る」ように管理されているのだろうか?
それは、私たちが扱っているのが恒星のようなエイリアンではなく、もっと身近で単純な別の誰かだからだろうか?

この「他者」が誰であれ、私たちのサイキックな「語彙」を使いこなす能力は、ただただ驚くばかりだ。
これは、現実的な「遺伝子の収穫」とは全く違う。宇宙人」はこの人間的な側面をどこに持っているのだろうか。
そして、このことは私たちに何を予兆しているのだろうか?

難解な仮説の淘汰が終わると、私たちの地球上の少なくとも一つの「クリプトアース」コミュニティが、衰弱しかねない遺伝子症候群に苦しんでいるという厄介な見通しが残されることになる。

そして、その「他者」は絶望的であると同時に、極めて賢明な人々であり、仲間の長期的な遺伝子修復の可能性を求めて、数十年にわたって我々の集団から「収穫物」を採取してきたようである。

もし、私たちが同じような状況に置かれたら、ほぼ間違いなく同じように、匿名性を確保するために不快で面倒な手順を踏むだろうからである。

これは、マクトニーズが2008年9月30日に掲載した記事 “Human Alien Hybrid? “で述べた見解とほぼ同じである。
しかし、この種の説明とその周辺には、独自の特別な難しい側面がある…。

もし、そのターゲットが私たちだったら?

「他者」は自分たちに他の目標を設定できるのだろうか?
もし「彼ら」が自分たちの(不)妊活だけでなく、私たちの(超)能力にも関心を持っているとしたら?
なにしろ、この地球には私たちが大勢いるのだから。

もし、彼らがすでに我々と密接な関係にあるとしたらどうだろう?
それなら、地球の人口をさらに増加させる我々の能力を完全に破壊するか、厳しく制限することで、そのような不思議な共同体の問題の多くを解決することができるだろう。
もし、私たちが他の高度な文明と地球を共有しているとしたら、その文明が私たちに対して「ゲリラ戦争」を仕掛ける可能性がある。

そのために人類とエイリアンのハイブリッド化をするのではないだろうか?
妊娠3、4ヶ月の女性の子宮からエイリアンに奪われた赤ちゃんはどこへ行くのだろうか?
ハイブリッドはどこでどのように使われるのだろうか?そして、これらのハイブリッドは何なのだろうか?
「他者」は本当にこのような膨大な数のハイブリッドを必要としているのだろうか?何のために?
もし「他者」が我々を種として押し出し、そして完全に押し出そうとしているとしたらどうだろう?

いや、軍事的手段や地球の破壊によってではなく、結局のところ、彼ら自身がここに住んでいるのだ。
そうすると、「芋づる式に」-そしてインポテンツの増加、女性の不妊、エイズ、同性婚、そして我々の遺伝学者や人口統計学者がすでに懸念を持って語っていること-男性のY染色体の消耗、衰弱、将来の完全絶滅の危機が判明する。

もし、我々と「他者」が本当に同じ惑星に住んでいるとしたら、これは双方にとって有益な共生かもしれないし、「捕食者-被食者」という立場かもしれない。
二つの文明のうち、どちらが被害者なのか?寄生虫は誰なのか?
寄生虫(消費者)は他者を犠牲にして生きており、さまざまな戦略を持っているが、その一つがいわゆる寄生虫の去勢戦略である。

私たちはすでに去勢されているようだ。一般的に、生物学的な種として。
人体に埋め込まれたインプラントを彼らがどのように利用するのか、誰が知っているのだろうか。
そして、私たちの行動を徐々に変えていくことは、道徳的・物理的な去勢のための準備にすぎないのである。

モンスター的な発想?そうだ。でも、他の仮説と同じように、存在する権利があるのだ。
しかも、「そのプロセスはすでに始まっている・・・」。
それに、私たち自身、自分たちの生存のために、他の生物種を簡単に利用しているだろう?

例えば、私たちは豚を育てて、その心臓を人間に移植するために取っている。
しかし、その前に豚の遺伝子に手を加える。これはもはやSFではなく、現実なのである。
そして 「他者」は、同じ目的のために私たちを変えてしまうかもしれない……。



ここまで本文です。

エイリアンたちも地球に定住していて、我々野蛮人と同居している、という発想は面白いですね。
野蛮人たちが、エイリアンたちにとっても大切な地球を破壊させないように、人類の野蛮性を取り除くため、地球人とエイリアンのハイブリッドを作って増殖させようとしているとか、
アブダクションした人間にインプラントすることによって、エイリアンたちは人間に野蛮な行動をさせないように去勢しようとしているなど、それらは全て人間が他の生き物を自分達の利益のために利用しているのと同じように、エイリアンが彼らの利益のために我々人間を利用しているにすぎないといった説には説得力があるように思います。

彼らは遠い昔に地球にやってきて、そのまま地球に住み着いた種族かも知れませんし、元々地球で生じた生命で、進化の過程で途中から我々人類とは枝分かれしていった種族かも知れませんね。

あのエドワード・スノーデンが暴露したように、彼らは、同じ地球に住む「地底人」かも知れませんね。

元記事はこちら↓
https://anomalien.com/what-if-the-aliens-ufos-are-also-earthlings-then-what-is-their-goal/

【今週の六爻易】〜今後約1ヶ月の新型コロナウィルスの感染拡大の動向について

高島康司先生の動画に時々出演させて頂き、六爻易などで世の中のことを占っています。


今週のテーマは


今後約1ヶ月の新型コロナウィルスの感染拡大の動向について


です。

前回占った時からそろそろ1ヶ月が過ぎようとしています。
外国人観光客の受け入れも始まって、感染拡大が懸念されました。
前回の結果では、6月の感染急拡大はなさそうという結論でしたが、当たりでいいでしょう。

それでも、ここのところ少しですが感染が増加してきている様子があるので、今後が心配ですね。
そこで、今回も、新型コロナウィルスの感染拡大がこの先約1ヶ月の間にありそうか占ってみます。

占的:今後約1ヶ月の間に新型コロナウィルスは感染拡大するか?

丙午月丙午日寅卯空亡


<<本卦>>

(巽)風雷益
六害

青兄卯木(休,休,空亡)仇神(応)
玄孫巳火(比,比)忌神
白妻未土(生,生)
騰妻辰土(生,生)原神(世)
伏官酉金(剋,剋)用神
勾兄寅木(休,休,空亡)
朱父子水(冲,冲)

<<之卦>>

なし

<<テイジンの見立て>>

之卦のない尽静卦が出ました。
尽静卦の時は、あまり変化がないことが多いです。
用神は官鬼爻を取りますが、伏神で、とても弱いです。
伏神のすぐ上の爻が原神でとても強いですが、すぐに用神が表に出るのは難しそうです。
また、仇神はとても弱いですが、忌神が強いので、用神を強く制するでしょう。

ただ、7月7日から、月の干支が未に変わると用神の官鬼酉金は強くなります。
そうすると、官鬼爻である用神は表に出てきやすくなります。
7月は感染拡大が6月より目立つようになるかも知れません。

おまけに忌神である子孫巳火の勢いが弱くなり感染拡大を抑える力が弱くなります。
でも、人的交流や通商、経済を表す妻財の強くなるので、これで経済がまたダメになってしまうことは考えにくいです。

以上を総合すると、感染拡大の恐れはあるので感染対策を万全にすることが必要です。
ただ、これによって、緊急事態宣言のような強い経済抑制策は取られないと思います。

【今週の星占い】

西洋占星術による占いです。

月の動きを基本に、他の惑星との座相をみて吉凶を判断しています。


☆☆☆☆☆ 大吉
☆☆☆   吉
☆    凶

です。


*6月25日~7月1日の運勢*

<牡羊座(3/21~4/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆☆☆
健康運:☆☆☆

<牡牛座(4/21~5/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆
健康運:☆☆

<双子座(5/21~6/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<蟹座(6/21~7/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<獅子座(7/21~8/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆

<乙女座(8/21~9/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<天秤座(9/21~10/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆
健康運:☆☆

<蠍座(10/21~11/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆☆

<射手座(11/21~12/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆☆
健康運:☆☆

<山羊座(12/21~1/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆☆

<水瓶座(1/21~2/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆☆
健康運:☆☆☆

<魚座(2/21~3/20生)>

金銭運:☆☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆☆
健康運:☆☆☆

【今週の株と為替】

周易で、株と為替の動向を占ってみました。

まず先週の答え合わせをしましょう。
今回も累積の的中率を載せました。

【先週の株と為替】

6/18〜6/24

(1)株(日経平均)

<<本卦>>火山旅初爻
<<之卦>>火雷噬嗑

先週の終値25963円より上がるでしょう。

<<答え合わせ>>

今週の終値は26491円でした。
当たりです。
的中率は71戦46勝で64.7%です。


(2)為替(ドル円)

<<本卦>>巽為風第二爻
<<之卦>>風山漸

金曜日の133.39円よりも円安になるでしょう。

<<答え合わせ>>

金曜日現在135.12円でした。
当たりました。
的中率は71戦47勝で66.1%です。


(3)為替(ユーロ円)

<<本卦>>風沢中孚第二爻
<<之卦>>風雷益

金曜日の140.47円より円安になるでしょう。

<<答え合わせ>>

金曜日の終値は142.31円でした。
当たりです。
的中率は68戦42勝で61.7%です。


(4)暗号通貨(ビットコイン)

<<本卦>>地風升第三爻
<<之卦>>地水師

金曜日の277.8万円より上がるでしょう。


<<答え合わせ>>

金曜日現在は、286.1万円でした。
当たりました。
的中率は63戦46勝で73.0%です。

【先週の反省】

今週は全部当たりました。
どうして当たったのか考えてみると、
之卦の要素を排除して考えたのがよかったのかも知れません。

【今週の株と為替】

来週答え合わせをします。

6/25〜7/1

(1)株(日経平均)

<<本卦>>沢山咸初爻
<<之卦>>沢火革

先週末の終値の26491円より上がるでしょう。


(2)為替(ドル円)

<<本卦>>山地剥第五爻
<<之卦>>風地観

先週の133.39円より円安になるでしょう。


(3)為替(ユーロ円)

<<本卦>>風天小畜上爻
<<之卦>>水天需

先週の140.47円より円安になるでしょう。


(4)暗号通貨(ビットコイン)

<<本卦>>艮以山第四爻
<<之卦>>火山旅

先週末286.1万円より上がるでしょう。

【開運情報】〜風水を基礎から学ぶ(12)

不運を遠ざけ、幸運をもたらす情報をお伝えしています。

今回も風水を学んでいきましょう。
前回は巒頭を各論的に形殺と化殺について2つお話ししました。
今回もその続きの巒頭の各論として形殺と化殺を2つお話しします。

前回の続き番号になります。

今回の記事は、メルマガ限定とします。

無料ですので、ぜひご登録ください。

ご登録はこちら

【おすすめ】

究極の遊びとは知的好奇心を満たす文化的娯楽です。

ただの占い師には紹介できない文化的娯楽を毎回3つお伝えしています。

☆本

今夜すべてのバーで

(中島らも)

もう鬼籍に入ってしまった天才、中島らもの小説。
小説ですが、ほとんど中島らも自身の実体験に基づいています。
お酒をこよなく愛し、お酒に呑まれてしまった様子が伺えます。
でも、なぜか、爽快感さえ感じられます。

https://amzn.to/3n2W9TW

☆音楽

CHAN CHAN

(ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ)

この蒸し暑い時期、こんな音楽で楽しく過ごすのはいかがでしょう。
キューバン・ミュージックの殿堂、BVSの歌と演奏をどうぞ。

https://youtu.be/o5cELP06Mik

☆動画・映画

ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ

(ヴィム・ヴェンダース監督)

というわけで、音楽からの流れでおすすめ映画をこれにしました。
キューバの元気なお年寄りたちの映画ですが、歌も演奏もグッときますね。

残念ながら、アマゾンプライム、Netflixにもありませんでした。

https://amzn.to/3xIbsWK

【今週の美味しいお酒】

東西のいろんなお酒について語る新しいコーナーです。
お酒についてもっと知りたいというリクエストにお応えしてしました。
ブログにはワインを載せています。
ここではワインも含めて、美味しいお酒をご紹介します。

今回ご紹介したいのはカクテルです。

今回ご紹介するのは、ダイキリになります。

ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブからの流れです。

ダイキリと言えば、作家ヘミングウェイがこよなく愛したカクテルとしてとても有名です。

私の好きなレシピは、やはりヘミングウェイと同じで、ラム濃いめ、砂糖抜きです。

このダイキリは、ラム・ライム、あるいは、ラム・レモンとも呼べるものです。
ヘミングウェイ・スペシャルとか、パパ・ダイキリとも呼ばれます。

ヘミングウェイの愛したレシピは、バカルディのホワイト・ラムを90ml、ライムまたはレモンの搾り汁1個分、グレープフルーツジュース1個分、
マラスキーノ・リキュール6ダッシュ(6ml)、そしてクラッシュドアイスをたっぷり入れてシェイクしたものです。
シェイクの代わりに、ミキサーに入れて作ると、フローズン・ダイキリとなります。

ヘミングウェイはキューバの「ラ・フロリディータ」というバーの常連さんだったようです。
ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブを観ながら、このパパ・ダイキリをあおるのもいいですね。
または、「老人と海」を読みながら、ハバナの海に思いを馳せるのもいいかもしれません。

<<今日のお酒のデータ>>

名称:パパ・ダイキリ
種類:カクテル
レシピ:バカルディ・ホワイト・ラム90ml、ライム(レモン)ジュース1個分、グレープフルーツジュース1個分、マラスキーノ6ml、クラッシュド・アイスたっぷり

原産国:キューバ
生産者:ラ・フロリディータ

バカルディのホワイト・ラムとマラスキーノだけ貼っておきます。

https://a.r10.to/hNIJSl

https://a.r10.to/haLFT3

【編集後記】

いやあ、暑くなってきました。でも、電気代がバカ高くなっていませんか?
去年の夏、一日中エアコンを入れっぱなしにしていた時の電気代をすでに超えています。
まだ今年は一度もエアコンを入れていないのにこの有り様です。

浴室乾燥とか洗濯物を乾燥機にかけることが多くて、結構電気代かかっているのかも知れないですが、
これで、今夏、エアコンを入れっぱなしにしていたら、電気代だけで6万円とかいきそうで怖いです。
私も普段はリモートでお仕事をしていますので、在宅でかかるお金が増えるのはやはり厳しいです。

日本は、需給ギャップやウクライナ戦争、円安の影響で、こんなことになってしまっているわけですが、
今夏は北半球の世界中で、エアコンを入れられずに熱中症で亡くなる人が激増するのではないかと私は危惧しています。

エコと健康を両立させるにはどうしたらいいのか、身近なところから考えてみると、公共施設に避難するのはどうでしょう。
家にずっといると電気代や水道代、ガス代などがかかってしまって大変でしょう。

在宅ワークを区立図書館でやるとか目端の効く人はもうきっとやっていますよね。
そうすると、席の争奪戦がすごそうですね。朝早く行って並ばないといけないかも知れません。
でも、バカ高い光熱費の節約のためなら、そんな悠長なことは言っていられないのかも知れません。

原油高はまだ数年続くという予測もあります。だから、停止させている原発を再稼働させようという政治家も結構いますよね。
しかし、もし、富士山噴火や、大地震などの全国的な規模の自然災害が起きて、第二、第三の「フクイチ」が起きないとも限りません。
我々庶民には、本当に、生きにくい世の中になってきています。

でも、こんな現状には負けてはいられません。まずは、自分のできる範囲で備えをしましょう。
食料、飲料水、生活必需品のストックをしておきましょう。これからはもう、災害は来るものだと思っておいた方がいいと思います。
節約できるところはできるだけ節約して、お金も上手に使いましょう。もし、少しでも余剰があるなら賢く投資もしましょう。
もし、投資の仕方がわからないなら、そのための勉強もしっかりやりましょう。

ちょっとぶっ飛んだ話になりますが、ブログにも以前書いたことなので、ここでもう一度書いておきますね。
プレアデス星人とコンタクトしている知り合いは、もう何年も前、少なくとも5年以上前から、以下のことを言われ続けていたそうです。

まず最初に、為替の変動の影響の少ない安定した外貨をある程度まとまった金額持っておくこと。
その外貨というのは、スウェーデン・クローナやスイス・フランが良いだろうと言っていました。
(スイスフランは今現在だいぶ値上がりしちゃいました。)
それから、さらに余裕があれば、金などの貴金属も買っておくこと。

次に、可能な範囲で食料や飲料水をストックしておくこと。できたら、食べ物を出来るだけ自給できるようにすること。
私が、家庭菜園をやり始めたのは、このことを聞いたからです。やはり、やり始めてよかったです。

三つ目に、お互いに助け合えるコミュニティに所属すること。自分の住んでいる地元のコミュニティがいいだろうと言っていました。
いざという時に、一人では何もできません。助け合える仲間はこれから絶対に必要です。

以上三つのことを今からでもいいですから、やっていない人はできる限りやってみてください。
世界平和、社会正義、もちろん結構ですが、自分と自分の大切な人たちの安全と生存を守れるような人になりたいですね。

ご意見ご感想をお寄せください。

こういうコンテンツを入れて欲しいとか、ご要望も大歓迎です。

できるかぎりご要望にお応えしたいと思います。

このメールに返信する形で大丈夫です。

ご要望について検討はさせていただきますが結果的にご希望に添えない場合もございます。

どうぞあしからずご了承ください。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


占いカウンセリングのお申し込みはこちら

https://miraiyosoku.info/fortune-telling/

+++++++++++++++++
送信者:【未来予測の部屋】事務局
     テイジン
E-mail: service@miraiyosoku.info
URL: http://www.miraiyosoku.info
Twitter:https://twitter.com/uranaiyosoku
+++++++++++++++++

未来予測の部屋では、以上のようなメルマガを毎週発行しています。

無料ですので、ぜひご登録ください。

ご登録はこちら