メルマガ第72号  新型コロナの感染拡大のゆくえ  古代エジプトの魔法  風水を基礎から学ぶ

メルマガ第72号です。

未来予測の部屋では、以下のようなメルマガを毎週発行しています。

メルマガ限定の情報もございます。

無料ですので、ぜひご登録ください。

ご登録はこちら

ここからメルマガ本文です。

みなさん、こんにちは
未来予測の部屋 テイジンです^^

占い、開運、不思議、エンタメなどの情報をお届けします。

内容がまだ定まっていませんので、こういうコンテンツを入れて欲しいというご要望があったら、
どうぞご忌憚なく、このメールに返信する形でお知らせください。
当然に限界はありますが、ご要望には出来る限りお応えしたいと思います。

さて、本日の内容です。

【不思議な話】〜古代エジプトのオカルト魔法

このコーナーでは、テイジン自身の神秘体験や、海外のオカルトサイト、YouTubeなどの情報をお伝えしています。

今回は海外のオカルトサイト、Mystic Sciencesから、「古代エジプトのオカルト魔法」という記事をご紹介します。
本文はここから



古代エジプトでは、魔法の呪文やオカルトが盛んに行われていた。何世紀にもわたって、ヨーロッパ人はエジプトを、他のどの国よりも魔法芸術の秘密が守られ、教えられている国だと考えていた。
この信念の一端は、何世紀にもわたってエジプトの大都市アレキサンダーに、あらゆる分野の50万冊の本を収めると言われる素晴らしい図書館があり、世界中から読者が訪れていたという事実に基づいている。

しかし、その素晴らしい図書館は2度燃やされてしまった。紀元前48年、ローマ皇帝ユリウス・カエサルがポンペイを追ってエジプトに入ったとき、カエサルは突然アレクサンドリアでエジプト艦隊に切り崩された。
数で大きく劣り、敵地にいたカエサルは港の船を燃やすよう命じた。アレクサンドリア大図書館の二度目の、そして最後の破壊は、ローマ皇帝テオフィロスの軍隊の下で行われた。
テオフィロスは、紀元270年から275年の間に、アレクサンドリアのキリスト教総主教として、セラピス神殿をキリスト教会に改築した人物でもある。

エジプト人の大半は、幸運や成功、悪から身を守るためのお守りやお札として、神や女神の小さな像、あるいはその両方を持ち歩いていたのである。
重要人物や裕福な人々の葬儀では、司祭が死後の世界で故人を助けるための祈りとともに魔法の儀式を行った。
裕福なエジプト人の墓では、神官が、亡くなった個人の霊のために魔法の力が宿っていると信じられている様々な聖なるものを奏上した。
そのようなものの好例が「ウシャブティ」である。

ウシャブティは、古代エジプトの墓に埋葬された小さな像で、ミイラには非常によく「死者の書」の碑文があり、神の命令によって、死者の国で様々な農作業を義務付けられる召使いを表している。
多くの場合、これらの魔法の葬儀用フィギュアは、使用人像が鍬を持つように作られていた。
「ウシャブティ」という言葉は 「答える人」と訳されるが、これはウシャブティが故人の代わりに仕事をすることで、故人が要求する仕事に答えるという意味である。

古代エジプトの少年ファラオ、ツタンカーメンの墓には413体ものウシャブティがあったという。
 ウシャブティは、石、木、粘土、金属、ガラスなど、古代のあらゆる素材で作られたが、ウシャブティに最もよく使われたのは、ファイアンスと呼ばれる素材であった。
ファイアンスは陶磁器の一種だが、粘土を使わず、釉薬をかけて窯で焼いたものである。

「シャプティ」または「シャブティ」とも呼ばれるウシャブティは、一般的に青や緑の釉薬をかけたエジプトのファイアンスで作られており、これらの一般的にミイラ状のフィギュアは高さが約5cmから30cmであった。
ツタンカーメンの墓から出土したシャブティは、複雑な彫刻が施された非常に豪華なものであったが、貧しい農民の墓から出土したシャブティはもっと簡素なものであった。
古代エジプトでは、あまりに貧しいために、埋葬されてもシャブティがない人もいた。

また、古代エジプトの巻物や魔術書も多く存在する。最も古いものは、パピルス紙に丈夫で耐久性のあるインクで書き記され、図解されている。
古代エジプトには、占星術、錬金術、魔法の呪文や儀式、お守り、魔除けなどに関する書物がある。
魔術やオカルトに関する本には、エジプトの神々や女神への祈りが数多く書かれていることが多い。
このような祈りは、多くのタリスマンやアミュレットに暗唱されたり、書かれたり、あるいは、暗唱と書かれたものの両方がある場合もある。

古代エジプト人の大半は、アンクやキー・オブ・ライフの十字架を所持していた。
このアイテムは通常の十字架だが、上部には大きなループがあるだけである。
この輪っかに紐やロープ、ワイヤーを通して携帯したり、アンクのお守りにしたりした。
また、アンクをロープや紐、針金で縛ることで、物に結合させることもできた。
大きなアンクの輪の部分を指に通して、簡単に持ち運ぶこともあった。

アンク」という言葉は「生命」という言葉に変換され、エジプト人は「永遠の生命」と理解した。
ループは円を表し、円には始まりも終わりもない。
円は天界を意味し、古代エジプト人の太陽神であるラーの霊を意味することになる。
オシリス、ラー、イシスといった古代エジプトの主要な神々や女神、エジプトのファラオは、手に輪を握って大きなアンクを持っている姿で描かれることがあった。
古代の伝説では、神や女神が特定の人々に聖なる贈り物や祝福のお守りとして余分なアンクを配ったとされている。
古代エジプト人も幸運をもたらすためにアンクのシンボルを携帯していた。

アンクは古代の寺院によく描かれていた。
アンクの形は、サンダルのストラップから発展したという説もある。
アンクの素材は、ブロンズやゴールドなどの金属から、ゴールドと銀の合金(エレクトラム)、釉薬のかかった陶器、木、石などである。
葬儀の際には、死後の世界で人間の魂を蘇らせるために、アンクの像を遺体と一緒に安置することが多かった。

スカラベとは、エジプトのダンゴムシの雌が、卵を産み付けた糞の大きな玉を転がしている姿のことである。
糞の中に卵を産み付け、それを砂や土に埋める。
卵の孵化が近くなると、メスのコガネムシは糞玉を掘り出し、それを転がしてより良い出産場所を探そうとする。
ラバレは肥やし玉を食べ尽くしてしまう。

古代エジプト人にとって、スカラベは、太陽神ラーのもと、夜明けに東の地平線から昇る早朝の太陽の顕現を神聖に象徴するものであった。
古代エジプト人は、スカラベを再生と再生の神聖なシンボルとして見ていた。
古代エジプト人は、太陽は夜に死に、翌日に生まれ変わると考えていた。
古代エジプトの人々は、私たちが毎日見ている太陽が、同じ太陽であることを知らなかった。
この現象は「ケプリ」と呼ばれた。スカラベはお守りやタリスマンとして、太陽にまつわる神聖な力を授けると考えられていた。
強い太陽光は成長(作物は太陽光で育つ)、暖かさ(治癒、健康)、光(悟り)などであった。

長く羽を広げたコガネムシの像は、太陽神ラーの有益な腕(太陽光の発露)を授かるためのお守りとして、ミイラの麻布の上に置かれたのである。
スカラベは様々な材料で作られたが、釉薬のかかったステアタイトが最も一般的で、これらのお守りの台座には通常、図柄が刻まれたり装飾されたりしている。

また、古代エジプトでは、スカラベはお守りの印章としても登場した。
印章タイプのスカラベが最も一般的で、特に粘土製の印章スカラベが多く見られる。
スカラベの銘文は、地名、神名、吉兆の解釈、吉祥などを表すモットーであったり、王族の名前を刻んだ王族用スカラベもあった。
古代エジプト人の多くは、幸運のためにスカラベを携帯していた。

コガネムシのメスは、小さなカブトムシを妊娠していないとき、コガネムシのオスと同様に、自分や他の生物の糞尿を集め、その糞を丸めて一つの大きな塊を作り、時には糞を丸めながら少し移動することがある。
そして、カブトムシやカミキリムシ(オスとメス)は、その糞尿を食べて栄養にするのだそうだ。

ウンコ玉の所有権をめぐって、血のつながらない2匹のダンゴムシ(サクラダンゴ)が争うこともある。
南極大陸を除くすべての大陸に約6,000種の糞虫が生息している。糞虫は肉は食べないが、腐肉は食べる。
古代エジプトで発見された珍しい糞虫のミイラ(sacrabs)がある。Youtubeにそのような動画がある。

ホルスの目-古代エジプトの神で、体は人間だが、頭と首は鷹のようである。
ホルスは戦争と天空の神である。コブラが付いた王冠やエジプトの二重冠を被っている姿がよく描かれている。
神々やファラオが額につけていたフード付きのコブラ(ウラエウス)は、光と王族を象徴している。

ホルスは女神ハトホルと結婚していた。
ハトホルは愛、美、音楽、踊り、豊穣、快楽の女神で、通常、牛の頭、牛の耳、あるいは単に牛の姿をした女性として描かれることが多い。
イスラエル人がエジプトからの束縛から解放されたとき、主に金を中心とした金属を溶かし、モーゼの怒りを買って一時的に黄金の牛を拝んだが、それはハトホルの像であったという。

ホルスは、死者の神オシリスと、死者の女神で魔法の癒し手であるイシスとの間の息子である。
ホルスの右目は肉体的な力を宿す太陽またはモーニングスターを表し、ホルスの左目は癒しの力を宿す月またはイブニングスターを表している。
神であるホルスは、超人的な強さ、耐久力、害に対する抵抗力、一般的な怪我に対する抵抗力を持っている。


古代エジプトの伝説では、ホルスはセスとの戦いで左目を失う。
セスは空の神で、砂漠の主、嵐、カオス、無秩序、トリックの主人公である。
この眼はハトホルによって魔法のように修復され、この奇跡は完全な再生治癒を象徴するようになった。
ホルスの目のイメージは、古代エジプト人によって、癒しと保護の両方のために、特に病気に対して、また防腐処理された死体の崩壊を防ぐために使用された。
また、特にミイラと一緒にペンダントにすると、ホルスの目のイメージが悪霊を追い払うと信じる人々もいる。
ホルスの目のお守りは、ある時は石で、ある時はファイアンス釉の陶器、火で熱した粘土、その他の材料で作られた。

古代エジプトの呪術は、何千年もの間、多くの人々を魅了してきた。
旧約聖書では、モーセの弟アロンが杖を投げ捨てると、それが蛇に変化したとされている。
しかし、アロンの杖の蛇は、エジプトの魔術師が出したコブラをすべて食べてしまった。
その後、アロンが拾ったコブラは、再び杖や棒に変化した。

また、古代エジプトには、デディまたはジェド・スネフェルのデディという強力な魔術師がおり、動物の首を切り、魔法のようにその動物の首を元に戻すなどの魔術で王族を喜ばせたという。
また、デディは預言者でもあった。第4王朝のクフ王の時代には、奇跡を起こしたと言われている。
伝説的なウェストカー・パピルスに語られる物語の第4章には、デディ(Djedi)についての記述がかなりある。
Djediは古代エジプト語で「耐える者」という意味である。

元記事はこちら↓

https://mysticsciences.com/2022/05/17/occultism-magic-of-ancient-egypt/

【今週の六爻易】〜今後1ヶ月の新型コロナ感染拡大のゆくえ

高島康司先生の動画に時々出演させて頂き、六爻易などで世の中のことを占っています。


今週のテーマは

今後1ヶ月の新型コロナ感染拡大のゆくえ

です。

月末か月初めのタイミングで、新型コロナの感染拡大について占っています。
前回はゴールデンウィーク明けもそれほど感染拡大しないという結果が出ていました。
やはりその通りになりました。連休明けに微増しましたが急拡大という展開にはなりませんでした。
6月は、外国人観光客の受け入れが始まります。これによって、感染拡大しないか気になります。
占ってみましょう。


占的:今後1ヶ月で新型コロナ感染拡大するか?


乙巳月丙子日申酉空亡

<<本卦>>

(震)震為雷
六冲

青妻戌土(生,休)原神(世)
玄官申金(合,休)用神
白孫午火(比,冲,暗動)忌神
騰妻辰土(生,休)(応)
勾兄寅木(休,生)仇神
朱父子水(休,併)

<<之卦>>
_ _
_ _
___
_ _
勾妻辰土(生,休) 
朱兄寅木(休,生,泄気)

<<テイジンの見立て>>

伝染病の感染拡大は官鬼爻で判断します。
官鬼爻は現在強くないです。
また、官鬼を強くする原神も弱いです。

一方、官鬼を抑え込む忌神は、静爻ですが暗動していて結構強いです。
また、この忌神を強くする仇神、初爻の化爻である寅木が二重の木になって忌神を強くします。
したがって、コロナの感染急拡大は少なくとも6月はなさそうです。

【今週の星占い】

西洋占星術による占いです。

月の動きを基本に、他の惑星との座相をみて吉凶を判断しています。


☆☆☆☆☆ 大吉
☆☆☆   吉
☆    凶

です。


*5月28日~6月3日の運勢*

<牡羊座(3/21~4/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆☆

<牡牛座(4/21~5/20生)>

金銭運:☆☆☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<双子座(5/21~6/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆☆

<蟹座(6/21~7/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<獅子座(7/21~8/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<乙女座(8/21~9/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<天秤座(9/21~10/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<蠍座(10/21~11/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆☆☆

<射手座(11/21~12/20生)>

金銭運:☆☆☆☆
仕事運:☆☆☆☆
恋愛運:☆☆☆☆
健康運:☆☆☆☆

<山羊座(12/21~1/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆
健康運:☆☆☆

<水瓶座(1/21~2/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆☆
健康運:☆☆☆

<魚座(2/21~3/20生)>

金銭運:☆☆☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆☆
健康運:☆☆

【今週の株と為替】

周易で、株と為替の動向を占ってみました。

まず先週の答え合わせをしましょう。
今回も累積の的中率を載せました。

【先週の株と為替】

5/21〜5/27

(1)株(日経平均)

<<本卦>>水山蹇第三爻
<<之卦>>水地比

先週の26,739円より上がるでしょう。

<<答え合わせ>>
終値は26781円でした。
当たりました。
的中率は70戦45勝で64.2%です。

(2)為替(ドル円)

<<本卦>>艮以山第四爻
<<之卦>>火山旅

先週の127.98円より円高になるでしょう。


<<答え合わせ>>

金曜日現在127.03円でした。
当たりです。
的中率は70戦46勝で65.7%です。


(3)為替(ユーロ円)

<<本卦>>沢山咸上爻
<<之卦>>天山遯

先週の135.23円より円高になるでしょう。

<<答え合わせ>>

金曜日現在136.29円でした。
ハズレました。
的中率は66戦40勝で60.6%です。


(4)暗号通貨(ビットコイン)

<<本卦>>雷風恒初爻
<<之卦>>雷天大壮

先週の388.1万円より上がるでしょう。


<<答え合わせ>>

金曜日現在368.9万円でした。
ハズレました。
的中率は61戦44勝で72.1%です。

【今週の株と為替】

来週答え合わせをします。

5/28〜6/3

(1)株(日経平均)

<<本卦>>兌為沢第三爻
<<之卦>>沢天夬

先週の終値26781円より下がるでしょう。


(2)為替(ドル円)

<<本卦>>山天大畜第四爻
<<之卦>>火天大有

先週の127.03円より円高になるでしょう。


(3)為替(ユーロ円)

<<本卦>>雷沢帰妹上爻
<<之卦>>火沢睽

先週の136.29円より円安になるでしょう。


(4)暗号通貨(ビットコイン)

<<本卦>>沢水困第三爻
<<之卦>>沢風大過

先週の368.9万円より下がるでしょう。

【開運情報】〜風水を基礎から学ぶ(9)

不運を遠ざけ、幸運をもたらす情報をお伝えしています。


今回も風水を学んでいきましょう。
前回は巒頭の「砂」にあたる「形殺」と「化殺」について概説しました。
今回は各論的に形殺と化殺について2つお話しします。


今回の記事は、メルマガ限定とします。

無料ですので、どうぞ、ご登録ください。

ご登録はこちら

【おすすめ】

究極の遊びとは知的好奇心を満たす文化的娯楽です。

ただの占い師には紹介できない文化的娯楽を毎回3つお伝えしています。

☆本

東京の喫茶店

(ぴあレジャームックス編集部)

最近若い人の間では昭和レトロブームだそうです。
本書は、昔懐かしい東京都心のレトロな喫茶店から
郊外の新進気鋭のバリスタの営む名店、美味しい喫茶店のメニュー別おすすめ店、
はたまた、猫のいる癒し系のお店など、色々な観点からお店を紹介しています。
見ているだけでも楽しいですが、やはり実際に訪れるのがいいでしょうね。
個人的には、早稲田の「ぷらんたん」が懐かしかったです。

https://amzn.to/3PBZmGX

☆音楽

Alpha

(ヴァンゲリス)

先週、ブレード・ランナーや炎のランナーなどの音楽を担当したヴァンゲリス氏が亡くなりました。
個人的には、「反射率0.39」というアルバムが好きでよく聴いていました。
今回は、そのアルバムの中から、Alphaをどうぞ。

https://youtu.be/_Uux7at6gUY

☆動画・映画

沈黙

(遠藤周作原作・マーティン・スコセッシ監督)

原作はあまりにも有名な遠藤周作の名作。

キリスト者でない私には信仰の本当のところはわかりません。
このお話からわかる限りでは、神様が本当にいるかいないかわからないので信仰心が揺れ動くのは無理もありません。
人間がこんなにお願いして、語りかけて、信じているのに、神様は黙っているばかり。
でも、神様は、苦しければ、踏み絵を踏んでもいいんだよ、って言ってる気がします。
また、いじめっ子に天罰が降らなくて、自分が苦しんでばかりいるのはいかにも不合理だという考えにも通じるかもです。
信仰は何であってもきっと試されるものではないような気がしますけどね。
それにしても、神さまは本当に語り出したのでしょうか、それとも幻覚でしょうか。

プライムビデオでは現在見られないみたいです。残念。

https://amzn.to/3lxA5Qn

【今週の美味しいお酒】

東西のいろんなお酒について語る新しいコーナーです。
お酒についてもっと知りたいというリクエストにお応えしてしました。
ブログにはワインを載せています。
ここではワインも含めて、美味しいお酒をご紹介します。

今回ご紹介したいのはウィスキーです。

やはりこれを初めにご紹介しないと納得できません(笑)。

イギリスの超有名ブランド、「マッカラン」です。

ウィスキーも、ワインと同じく、値段がものすごく上がっています。
中国の富裕層が買い占めているせいかも知れません。

日本のウィスキーも高価になっていますが、イギリスのウィスキーもとても高くなっています。
その中でも、「マッカラン」は値上がりが著しいです。
マッカランもいろいろありますが、一番安価な12年のトリプルカスクをご紹介します。
ちょっと前までは安いところで5000円台で買えましたが今は最安でも7000円近くはします。

それでも、ウィスキーのロールスロイスと言われるだけあって、本当に素晴らしい。
イギリス人は、シングルモルトにあらずばウィスキーにあらず、と思っているらしく、ブレンドものとは一線を画します。
トリプルカスクのカスクとは、ウィスキー樽のことです。その樽とは、ヨーロピアンオーク、アメリカンオークの樽と
スペイン南部のシェリー酒用の樽の3つの樽を使ってゆっくりと醸し出される深い香りと味わいは比類のないものです。

ストレートでチェイサーをつけてゆっくり飲むのが一番美味しいと思います。
まあ、美味しければどんな飲み方でももちろんいいのですがね。

ほのかな柑橘系の香りとバニラ、ダークチョコ、そしてシナモンなどのフレーバーが楽しめます。

私は、お世話になっている方へのお使いものとしていつも買っています。

<<今日のお酒のデータ>>

・テイスティング・ノート

ヨーロピアンオークのシェリー樽、アメリカンオークのシェリー樽とバーボン樽でそれぞれ熟成した3種の原酒をヴァッティングし、各原酒の個性が複雑に重なり合うバランスの良い味わいに仕上げました。バニラやレモンを感じる香味、長く続くスパイシーな余韻が特長です。

・仕様・スペック

生産者:ザ・マッカラン
原産国:イギリス/スコットランド
タイプ:シングルモルトウィスキー
原材料:モルト
内容量:700ml
度数:40.0度


https://a.r10.to/hk5Jxb

【編集後記】

梅雨の走りのような天気で、湿度が多くなってきました。うちの野菜やハーブたちも元気に育っています。
ニンニクがそろそろ収穫期を迎えます。ニンニクを収穫したら、同じプランターに、ハーブ類の種を蒔きます。
今年の目標は、ネギとパクチーは完全自給です。枝豆なんかも植えてあるので、これから楽しみが増えます。

ご意見ご感想をお寄せください。

こういうコンテンツを入れて欲しいとか、ご要望も大歓迎です。

できるかぎりご要望にお応えしたいと思います。

このメールに返信する形で大丈夫です。

ご要望について検討はさせていただきますが結果的にご希望に添えない場合もございます。

どうぞご了承ください。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


占いカウンセリングのお申し込みはこちら

https://miraiyosoku.info/fortune-telling/

以上のような内容のメルマガを毎週お送りしています。

無料ですので、どうぞ、ご登録ください。

ご登録はこちら