メルマガ第55号  死刑囚の怪談   ロシアはウクライナに侵攻するか?  風水を基礎から学ぶ

メルマガ第55号です。

未来予測の部屋では、以下のようなメルマガを毎週発行しています。

メルマガ限定の情報もございます。

無料ですので、ぜひご登録ください。

ご登録はこちら

ここからメルマガの内容です。

こんにちは
未来予測の部屋 テイジンです^^

占い、開運、不思議、エンタメなどの情報をお届けします。

内容がまだ定まっていませんので、こういうコンテンツを入れて欲しいというご要望があったら、どうぞご忌憚なく、このメールに返信する形でお知らせください。


さて、本日の内容です。

【不思議な話】~死刑囚が語る不気味な怪談ベスト5

死刑囚は、自分より先に死んだ犯罪者の霊に取り憑かれることを恐れています。
死刑囚は誰しもが望むところではありません。しかし、一部の受刑者は別の問題を抱えており、それは元受刑者の幽霊に脅かされていることです。

犯罪者の霊たちは、怖くて前に進めないでいる場合と、脱走のために監房内を徘徊しているという場合があります。


第5位.ジョン・エリス(JOHN ELLIS)

HMプリズン・マンチェスターは、ストレンジウェイズ刑務所としても知られ、1868年に初めて開設されました。1965年に英国で死刑が廃止されるまで、この刑務所には専用の死刑執行室があり、約100人の犯罪者がこの刑務所で処刑されました。

多くの人が、この刑務所には多くの霊が取り憑いていると信じていますが、最も活発なのは元犯罪者ではありません。

ジョン・エリスは23年間、刑務所の職員として働いていました。1932年に自殺するまでの間、数々の死刑執行を担当した人物です。様々な刑務官が、ダークスーツを着て刑務所のホールをうろつくエリスの霊を見たと述べています。

多くの人は、ジョン・エリスが刑務所に戻ってきたのは、刑務所に潜むよりネガティブな霊をコントロールするためだと考えています


第4位.アルカポネ(AL CAPONE)

アル・カポネは、1920年代に活躍した悪名高いギャングのボスで犯罪者です。カポネは禁酒法時代に財を成し、巧みに地元の警察官を何人か雇って、自分が刑務所に入らないようにしました。やがてアルカポネは収入を政府に提出するのを忘れ、この時アルカトラズ刑務所に送られることになったのです。

多くの敵を作ったため、アルは毎日庭に出るのが怖くなりました。そこで彼は、他の囚人たちが外に出ている間、廃墟となったシャワー室で暇をつぶすことにしました。アルはバンジョーを手にすると、とても上手になったので、刑務所のバンドに参加することにしました。

アルカトラズ島は、有名な犯罪者が捕らえられていた場所というだけでなく、そこで起こるという幽霊の話もあり、今では人気の観光地となっています。アル・カポネがシャワールームからバンジョーを弾く音が聞こえたと信じる人は多く、時には刑務所の壁の外からその音が聞こえてくることもあるそうです。


第3位.絞首刑執行人の幽霊

1800年代後半、サン・クエンティン刑務所で死刑執行人を務めていたエイモス・ラント。ラントは刑務所に勤めながら、数々の絞首刑を目の当たりにしてきましたが、やがて自分の職務に強い罪悪感を抱き、精神に異常をきたすようになりました。

その死刑執行人は、「21体の幽霊に付きまとわれている」「どこに行っても付いてくる」と同僚の職員に話していました。幽霊は血まみれで、しばしば首に縄をかけようとしたといいます。

1899年10月、ラントの精神状態を心配した従業員たちが、ラントの職務を解きました。ラントは後任者に、死者の霊が自分のベッドの下に留まっていると言い、頭が枕についた瞬間に霊に殺されるので、眠れなくなったと口にしていました。

第2位.テッド・バンディ(TED BUNDY)

テッド・バンディは、36人の女性を殺害した罪で公式に起訴されましたが、多くの人々は、テッドがストーキングし、レイプし、100人近い無実の犠牲者を殺害したと確信しています。

テッド・バンディが死んだ被害者の多くと性行為をしていたことが判明して絶望の淵に立たされた人もいましたが、フロリダ州刑務所で死刑が確定したときは大きな安堵感がありました。

1989年1月24日はテッドの正式な死刑執行日であり、彼はここで刑務所の電気椅子である「オールド・スパーキー」と対面することになりました。

しかし、死んでもテッドは人々を苦しめることを止めないようです。2001年、数人の看守が、電気椅子による処刑以来、常にテッドの幽霊と付き合ってきたと名乗り出ました。

彼の幻影は複数の看守に何度も目撃されており、不気味な笑みを浮かべながら、電気椅子に落ち着いて座っているように見えたといいます。テッドが話すのを聞いたという看守もいれば、以前の監房でテッドを見たという者もいる。

「どうです、私はあなた方全員を打ちのめしましたね?」ある看守は、テッドが自分にこうささやくのを聞いたと、現在まで誓っています。

テッド・バンディの幽霊は何度も目撃されており、今では警備員や他の刑務所の職員が一人で死刑執行室に入ることを拒んでいます。


第1位.フレデリック・ホルマン(FREDERICK HOLLMAN)

1883年、ドイツ人のフレデリック・ホルマンがアメリカに移住してきました。イリノイ州に数年間住んだ後、1896年に連続殺人を始めました。

フレデリック・ホルマンは、ヴィーヴケ・ゲデス殺害の容疑で逮捕され、有罪判決を受けましたが、人々は今日まで、彼が少なくとも17人の女性を殺害したと信じています。

裁判所は彼に死刑を宣告し、彼はイリノイ州パクストンのフォード郡刑務所に連行されました。有罪判決を受けたにもかかわらず、フレデリックは自分が何人を殺したのかを自白することを拒みました

ホルマンは何度も取り調べで、自分を牢屋に入れた者たちに、自分は必ず戻ってくると誓っていました。「墓場まで追い詰めるぞ」。「夜な夜な窓を叩いて、俺の顔を見るだろう。」

1897年に処刑された後、フレデリックは刑務所に出没するようになりました。彼の独房の周りには影のような人影が見られ、訪問者はその付近で不気味な声を聞いたと主張しています。

超常現象調査チームは、窓から牢屋を覗くフレデリックを撮影することに成功したと考えています。

元記事はこちら↓
https://www.strangerzoid.net/731324_5-creepy-ghost-stories-from-death-row

【今週の六爻易】~ロシアはウクライナに侵攻するか?

高島康司先生の動画に時々出演させて頂き、六爻易などで世の中のことを占っています。


今週のテーマは

ロシアはウクライナに侵攻するか?

です。

ロシアとウクライナの緊張が高まっています。
アメリカ、NATO とロシアの交渉も大詰めです。
ロシアはウクライナに侵攻するでしょうか?
それともなんとか危機を回避するのでしょうか?

辛丑月辛巳日申酉空亡


<<本卦>>

(巽)巽為風
六冲

騰兄卯木(休,休)(世)仇神
勾孫巳火(休,併)忌神
朱妻未土(朋冲,生)原神
青官酉金(生,剋)(応)用神
玄父亥水(剋,朋冲/絶)
白妻丑土(併,生)

<<之卦>>

(震)雷水解

騰妻戌土(比,生/墓)
勾官申金(生/長生,合)
朱孫午火(休,比/帝旺,回頭生)
青孫午火(休,比/帝旺,回頭剋)
_____
_ _

<<テイジンの見立て>>

応爻でロシアの動きを中心に見ました。
ウクライナ、アメリカ、NATO は世爻で見ました。
応爻自体を見ると、官鬼はついていますが、それほど強くありません。
しかし、巳、酉、丑の金局三合があり、酉金の爻である応爻がとても強くなります。
また原神がとても強く応爻をサポートするので、ロシアに行動を起こさせる環境はあります。
しかも応爻が世爻を剋しています。したがって、侵攻の意図はロシアに大いにあります。

これからベラルーシと軍事演習をするそうなので、そのあたりで、何かロシア側からの動きがあるでしょう。
ロシア側の動きがあるとすると、酉の日か卯の日でしょう。直近では、2月1日です。
2月1日頃に、ロシア側の動き、変化があるかもしれません。

一方、世爻を見ると、とても弱いです。アメリカ、NATO 、ウクライナは、戦う気はあまりないでしょう。
世爻側、つまり、ウクライナ、アメリカ、NATO 側も虚一待用と言って、卯木、未土が動爻として存在します。
あと亥水が動爻としてあるか、月または日の干支で「亥」があれば、木局三合が成立して「卯」が強くなり、世爻が強くなります。
静爻として亥水は第二爻にありますが、動爻ではありませんので、「亥」の日に世爻側も動きがあるでしょう。
亥の日は2月3日です。

以上を総合的に考えると、やはり来週が山場のような気がします。世爻と応爻が強くなって相剋の関係になっていますので、なんらかの侵攻は避けられないかもしれません。ただ、ウクライナ全土を占領するような大規模な侵攻はないと思います。最も軽微な場合は、散発的な戦闘がいくつかあるだけで済むかもしれません。

【今週の星占い】

西洋占星術による占いです。

月の動きを基本に、他の惑星との座相をみて吉凶を判断しています


☆☆☆☆☆ 大吉
☆☆☆   吉
☆    凶

です。


*1月29日~2月4日の運勢*

<牡羊座(3/21~4/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆
健康運:☆☆

<牡牛座(4/21~5/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<双子座(5/21~6/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆☆

<蟹座(6/21~7/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆
健康運:☆☆

<獅子座(7/21~8/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆☆
健康運:☆☆☆

<乙女座(8/21~9/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆☆
健康運:☆☆☆

<天秤座(9/21~10/20生)>

金銭運:☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆
健康運:☆☆☆

<蠍座(10/21~11/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<射手座(11/21~12/20生)>

金銭運:☆☆☆☆
仕事運:☆☆☆☆
恋愛運:☆☆☆
健康運:☆☆

<山羊座(12/21~1/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<水瓶座(1/21~2/20生)>

金銭運:☆☆☆☆
仕事運:☆☆
恋愛運:☆☆
健康運:☆☆

<魚座(2/21~3/20生)>

金銭運:☆☆☆
仕事運:☆☆☆
恋愛運:☆☆☆☆
健康運:☆☆☆☆

【今週の株と為替】

周易で、株と為替の動向を占ってみました。


まず先週の答え合わせをしましょう。
今回も累積の的中率を載せました。

【先週の株と為替】

1/22~1/28

(1)株(日経平均)

<<本卦>>天沢履第三爻
<<之卦>>乾為天

薄氷を踏むような危なっかしい値動きです。
大きく下げるかもしれません。


<<答え合わせ>>

文句なく当たりですね。
的中率は53戦34勝で62.9%です。

(2)為替(ドル円)

<<本卦>>火風鼎第二爻
<<之卦>>火山旅

安定するという卦です。
でも、もう少し不安定なアップダウンがあると思います。
来週末には円安になっているかもしれません。


<<答え合わせ>>
円安になっていますね。当たりです。
的中率は53戦32勝で60.3%です。

(3)為替(ユーロ円)

<<本卦>>天風?上爻
<<之卦>>沢風大過

まだやはり円高気味に推移すると思います。


<<答え合わせ>>
円高気味に推移しています。当たりです。
的中率は49戦35勝で71.4%です。


(4)暗号通貨(ビットコイン)

<<本卦>>天風?第三爻
<<之卦>>天水訟

これから上がると思いますが、週末までにまた大きく下がるかもしれません。

<<答え合わせ>>

少し上がってきていますが全体のトレンドとしては大きく下げました。
当たりでいいでしょう。
的中率は43戦32勝で74.4%です。

【今週の株と為替】

来週答え合わせをします。

1/29~2/4

(1)株(日経平均)

<<本卦>>風沢中孚初爻
<<之卦>>風水渙

下がりすぎたので、戻すかもしれません。
ただそれほど大きな値上がりは期待できません。


(2)為替(ドル円)

<<本卦>>雷風恒第二爻
<<之卦>>雷山小過

円安気味で推移するでしょう。
円高になる局面もありますが、その後また円安に振れるでしょう。


(3)為替(ユーロ円)

<<本卦>>火水未済第二爻
<<之卦>>火地晋

不安定な値動きでしょう。
来週末には現在より円高になっていると思います。


(4)暗号通貨(ビットコイン)

<<本卦>>火風鼎第五爻
<<之卦>>天風?

もう一段下がるかもしれません。
大きく下がったらまた上がり始めるでしょう。

【開運情報】~風水を基礎から学ぶ(1)

不運を取り除き、幸運をもたらす情報をお伝えしています。

今回より、風水を基礎から解説することにします。風水というものを概略的に掴んで頂くことを主眼とします。

ただ、あまりにマニアックになってしまうと読者の方々は興味を失ってしまう原因になりかねません。
そこで、このメルマガでは、独りで場所の風水の吉凶を大体判断できるくらいのレベルを目指したいと思います。
画像が必要な事項については、ブログで記事にします。ブログと併行しての解説になります。
また、これまでメルマガのこのコーナーでは、魔術などの他のトピックを今まで扱ってきました。
よって、連続回にはならず、断続的な回になります。
ゆくゆくは、ブログで記事をまとめていこうと思っています。

では、第一回の今日は、「風水とはそもそも何か」についてからお伝えします。

〜中略〜

今回のこのお話は、メルマガ限定とします。

無料ですので、どうぞ、ご登録ください。

ご登録はこちら

【おすすめ】

究極の遊びとは知的好奇心を満たす文化的娯楽です。

ただの占い師には紹介できない文化的娯楽を毎回3つお伝えしています。

☆本

魂でもいいから、そばにいてーー3・11後の霊体験を聞く

(奥野 修司)

お堅い新潮社から出ている本です。
NHKも3.11の後の霊体験を含んだドキュメンタリーを放送してますから時代も変わりました。
亡くなった方の思いよりも残された人たちの思いが痛切に伝わってくる話の数々です。

https://amzn.to/33AsFqp

☆音楽

ペトルーシュカからの3つの楽章

(ストラヴィンスキー)

時々聴きたくなるとても理知的な音楽です。
シャンとしたい時、煮詰まった時に聴いてます。
こういう時は、叙情的な音楽よりも役に立ちます。
ポリーニでどうぞ。

https://youtu.be/pTW8lIB3hI8

☆動画・映画

この情報は、メルマガ限定とします。

無料ですので、どうぞ、ご登録ください。

ご登録はこちら

【編集後記】

毎回コロナのことを編集後記の話題にするのは私自身もちょっと飽きてきました。
ですので、エッセンシャルワーカーの方々に感謝を申し上げるとともに、お互い感染しないように注意しましょう、ということだけ申し上げて今回は違う話題にします。


テレビで最近の楽しみは、NHKの大河ドラマ、「鎌倉殿の13人」です。三谷幸喜さんが脚本で、小栗旬が主演の北条義時を演じています。渋沢栄一が終わってしまってちょっとロスを感じていましたが、また週末の楽しみになって嬉しいです。

面白いのは、源頼朝を大泉洋が演じていることです。大泉洋は、HTBの「水曜どうでしょう」の時からずっとファンです。
今も飄々としていて、昔と変わらないですね。NHKは大泉洋好きですよね。紅白の司会もやったし。
源頼朝って、ああいう人だったのかもしれない、とホントに思ってしまいます。実際に人たらしの面もあったようですよね。
部下を一人ずつ呼んで「お前だけが頼りだ」とか言ってその気にさせたそうなので。

渋沢栄一、頼朝や義時、平清盛などの人生の盛衰を観ていると、人間の運命は紙一重だなあ、という感慨を常に抱きます。
でも、幸運も不運も、人からやってくるということだけは確かです。運命を変えたいなら出会いを大切に。あとは健康が大事ですね。
つまり、人から好かれて健康ならば人生は大体うまくいきます。人には誠意を尽くして、ヤバい人を避ける目を磨けばなおいいですね
推命や風水、奇門遁甲が使えればさらに申し分ありません。生まれつきの命式が悪くてもなんとかなります。

ご意見ご感想をお寄せください。

こういうコンテンツを入れて欲しいとか、ご要望も大歓迎です。

できるかぎりご要望にお応えしたいと思います。

このメールに返信する形で大丈夫です。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


占いカウンセリングのお申し込みはこちら

https://miraiyosoku.info/fortune-telling/

+++++++++++++++++
送信者:【未来予測の部屋】事務局
     テイジン
E-mail: service@miraiyosoku.info
URL: http://www.miraiyosoku.info
Twitter:https://twitter.com/uranaiyosoku
+++++++++++++++++

以上のような内容のメルマガを毎週お送りしています。

無料ですので、どうぞ、ご登録ください。

ご登録はこちら