高名な占星術師、エリザベス・グリーンによる今月の予測

水星の逆行と順行について

今月は、誠実で思慮深いコミュニケーションをとることが望まれます。6月3日に水星が直進し、同時に土星とスクエアを形成します。土星は、その1日後から長い逆行を開始します(10月23日まで)。この時期は、真剣に話し合い、最終的な合意を得るのによい時期です。しかし、現実的に考えれば、気難しい相手とでも、うまくいく可能性があります。6月10日、水星は冥王星と並び、6月13日に双子座に入ります。そのとき、発覚した浮気や漏れた秘密が、結果をもたらすかもしれません。特に6月12日、金星が牡牛座の天王星と合体すると、人間関係に大きな波風が立つ可能性があります。正直さと誠実さを保ち、大切な人との衝突は、真摯に受け止めるようにしましょう。ただし、新しい恋の衝動を受け入れるなら、この数日間は期待できそう。

射手座の満月について

6月14日、射手座で満月があります。魚座の海王星とスクエアになり、その1日後、火星が牡羊座のカイロンと合体します。このややアンビバレントな時間の質の中で、ある人は偉大なことを成し遂げようとする。成功も失敗も隣り合わせで、つらい挫折を味わう可能性もあります。恥じることを避けるために英雄的な神話に頼る人もいれば、「良いことをして、それを話す」というモットーに固執する人もいます。

太陽と海王星のスクエア、土星、冥王星とのトラインについて

6月16日、太陽は海王星とスクエアになり、土星とトラインです。6月16日、太陽は海王星とスクエア、土星とトライ(三角)を形成し、多くの場所で活発な動きが見られますが、実際の進展は期待に反しています。アイデアを具体的な行動に移すのは、しばしば困難なようです。粘り強く行動することが成功の鍵になりそう。6/18に金星が土星とスクエアになるため、成功を手に入れたい人もいるかもしれません。しかし、6月21日の冥王星とのトラインは、まず古い借金を清算し、義務を果たさなければならないという事実に注目させるでしょう。6月23日に金星が双子座に入ると、時間の質が再び軽快になります。

太陽の蟹座へのイングレスについて

また、6月21日に太陽は感情的な蟹座の領域に入ります。家族の問題、帰属意識、安全保障は、今後数週間、特に6月29日の新月の数日間、ますます私たちを占拠するテーマです。この新月は、リリスとコンジャンクションし、木星とスクエアしています。同時に、火星と冥王星のスクエアが形成され、7月2日に正確になります。 したがって、多くの混乱が続く可能性がある緊張した時期です。誰かがゲームの不文律を破り、大きな不確実性を引き起こすかもしれません。この数日間は、静寂を保つ練習をしましょう。疎外された人、そして身近な人に静かに目を向けるには良い時期です。

元記事はこちら