ワクチンを受けていないという烙印を押すことは正当化されない〜ザ・ランセット掲載の記事より

世界五大医学雑誌の一つに「ザ・ランセット」があります。とても権威のある医学雑誌です。そのサイトに載った記事です。訳して載せておきます。

元記事は、こちら です。

アメリカやドイツでは、高官が「pandemic of the unvaccinated(ワクチン未接種者の大流行)」という言葉を使い、COVID-19の疫学上、ワクチンを接種した人は関係ないと示唆している。関係者がこの言葉を使ったことで、ある科学者は「COVID-19ではワクチンを接種していない人がワクチンを接種した人を脅かしている」と主張したかもしれません。
しかし、この見方はあまりにも単純すぎます。ワクチンを接種した人が引き続き感染に関連する役割を担っているという証拠が増えています。米国マサチューセッツ州では、2021年7月の様々なイベントで合計469件のCOVID-19の新規症例が検出され、そのうち346件(74%)が完全または部分的にワクチンを接種した人で、そのうち274件(79%)が症状を呈していました。サイクルの閾値は、完全にワクチンを接種した人(中央値22-8)と、ワクチンを接種していない人、完全にワクチンを接種していない人、接種状況が不明な人(中央値21-5)で同様に低く、完全にワクチンを接種した人でもウイルス量が多いことが分かりました。米国では、2021年4月30日までにワクチン接種を受けた人でCOVID-19の症例が合計10262件報告され、そのうち2725人(26-6%)が無症状、995人(9-7%)が入院、160人(1-6%)が死亡しました。ドイツでは、60歳以上の患者で症状のあるCOVID-19の症例の55-4%が完全にワクチン接種を受けた人であり、この割合は毎週増加しています。ドイツのミュンスターでは、完全にワクチンを接種した人、またはCOVID-19から回復した人で、ナイトクラブに通っていた380人のうち、少なくとも85人(22%)にCOVID-19の新たな症例が発生しました。ワクチンを接種した人は、重症化するリスクは低いものの、パンデミックに関連する部分であることに変わりはありません。したがって、ワクチンを受けていない人たちのパンデミックを語るのは間違いであり、危険です。歴史的に見ても、アメリカとドイツは、肌の色や宗教を理由に国民の一部に汚名を着せることで、否定的な経験を生み出してきました。高官や科学者の方々には、私たちの患者さんや同僚、その他の市民を含むワクチン未接種者に対する不適切なスティグマをやめ、社会を一つにまとめるために一層の努力をしていただきたいと思います。

知人のかたが昨日、情報を送ってくれました。どうもありがとうございます。