2/25付アビギャ・アナンド君の最新動画です。

今日は、2022年の経済についてお話ししたいと思います。このテーマは非常に重要で、多くの分析と深いリサーチが必要です。
このテーマについては、すでに過去にいくつかのビデオでお話ししていますので、そちらもご参照ください。(アナンド君が言っているのは以下のビデオです↓テイジン注)

12/17付アナンド君の最新動画です。

また、視聴者の皆様から、経済に関する具体的な日付の範囲について、より深く分析してほしいというご要望もありました。
そこで、今日のビデオでは、特に経済と、それが今後どのように世界に影響を与えるかについて、これからお話しすることの要点をまとめてみたいと思います。2~3ヶ月という非常に短い期間です。

このビデオでは、特定の日付の詳細な分析による経済の予測を知っています。
まず第一に、経済は本当に強いのでしょうか?これは多くのテクニカルアナリストが抱く基本的な疑問です。
本当に答えにくいですね。ひとつ言えるのは、今の経済が強いわけではないことは、とてもわかりやすいということです。
つまり、過去1年半の間にさまざまな中央銀行が行った過剰な紙幣の印刷による供給で、流通するお金の量が増えただけで、景気はよくなっているのです。

そしてこれが、ほとんどの市場で前例のない高騰を促し、膨れ上がるバブルを引き起こしました。これはあまりにも大きく、多くの市場が、重要でない、つまり取るに足らない、景気回復があったにもかかわらず、いくつかの市場は、大きく跳ね上がりました。

今問題なのは、いつ破裂するかということです。確かに、破裂しそうです。このことは、以前のビデオでもお話ししています。
多くのテクニカルアナリストが、2022年の第1四半期に株式市場は過去最高を記録すると述べているにもかかわらず、です。

多くの株価指数が過去最高値を更新し、1月は素晴らしい年になるでしょう、と。しかし、テクニカルアナリストが言ったことと相反して、私たちは非常に悪い1月を見ています。世界的な金融危機があった2008年以来、市場にとって最悪の1月でした。つまり、私たちは今、経済の歴史上、非常に重要な時期にいるのです。

この危機は、投資家だけでなく、一般庶民にも及んでいるため、決断は慎重に行う必要があります。
まず第一に、歴史は私たちにいくつかの教訓を与えてくれます。1つは、現在、地政学的な危機があることです。
このバブルが爆発するためには、ほんの少しピンを刺す必要があるのです。
皆さんにお伝えしたいのは、その期間が2021年12月10日に始まっているということです。

そして、このことについては、以前のカラ・サルパ・ヨガのビデオで詳しくお話ししています。
そのビデオでは、私が1月の市場の下落を正確に予測した方法について、より深い洞察を得ることができます。
また、いくつかの質問に対する答えもあります。ですから、まずそれをご覧になることをお勧めします。

さて、まず第一に、私たちは経済が好調でないことを理解しました。

では、これからどうなるかというと、それはバブルであり、崩壊するのです。重要で大きな調整が行われるでしょう。それは非常に短期的なもので、市場を現実に引き戻すことになるでしょう。経済が崩壊し、すべてがゼロになるという意味ではなく、それは愚かな発言です。私は最初から、2021年12月10日から始まることを皆さんにお伝えしているだけです。特に3月から4月にかけて、非常に強力で重要なクラッシュが起こるでしょう。

そして、正確な日付は深く掘り下げていないので、今日の動画を作ることになりました。
今日お話ししたい興味深い日はいつかというと、2022年3月16日です。

なぜか?なぜなら、3月16日に月の南ノードと月の北ノードが、サンスクリット語で牡牛とサソリを意味するヴリシャヴァという最も強気な位置から、メシャとトゥララシに移動するためです。トゥーラはバランスの大きさです。市場にバランスをもたらします。これは何もネガティブなことではありません。それは市場にバランスをもたらします。今起きていることは、何も悪いことでもありません。むしろ、不幸中の幸いと言えるでしょう。大規模な調整が必要です。さもなければ、金持ちがより金持ちになり、貧乏人がより貧乏になり続けるだけでしょう。

そして、一部の人々が金持ちになる一方で、経済は乱れ続けるでしょう。これがシナリオの全体像です。
ですから、ひとつだけはっきりしていることがあります。3月16日以降、誰であれ、何が起ころうとも、大きな調整があります。その前に、短期間の不安定な時間帯があるかもしれず、非常にリスクが高いです。

ですから、この時間帯は市場に出ない方がいいと思います。そして3月16日からは、ケトゥがカラシから抜け出してツララシに入るという、強力なヨガ(期間)が始まります。
そして、ラフが同じように牡牛座、つまりリシャバラシから牡羊座に移動してきます。
つまり、これはいくつかの面で非常に弱気な姿勢をもたらし、特に空高く舞い上がった市場を地に足の着いたレベルまで下げ、これは私たち一人一人に影響を与えることになります。

ひとつは、インフレ率が非常に高いことです。
インフレ率は過小評価されていると思います。インフレ率は非常に高いレベルにあり、平均を取ると10〜20%にもなります。

10%から20%の間といったところでしょうか。3月16日以降に何か特別なことが起こるということです。もちろん、連邦準備制度理事会も開かれますし、金融緩和の時代が終焉を迎える時期と重なります。
ですから、今日のビデオの中で最も重要な部分になると思います。

私たちは、まさにイージー・マネーの終焉に直面しており、私はちょうどこのことについて、前回のビデオで詳細な記事を投稿しました。
2月18日について、そしてそれがいくつかの市場にどのような影響を与えるか、そして暗号化市場をどのように重要なレベルまで下げるか、について話しています。

では、次に行きます。
何が起こるのでしょう……そのような状況にどう備えるべきなのでしょう……誰にでも影響があるのですから。
インフレが進み、金利を上げることでインフレを抑えようとするのは、刺激的なことの一つです。
この暴落を悪化させたり、増加させたりする原因なので、まず第一に 私は暗号通貨に懐疑的な人間ではありませんし、実際、暗号通貨の高騰を予測したこともあります。しかし、私はそのような特殊な思想の集団には属していません。私はそのような考えには与しないのです。 実際 あらゆる資産には市場サイクルがあると信じています。
上昇があって、そして、それは占星術の位置と大きな相関があることがわかりました。ですから、決して私はビットコインや暗号通貨を否定しているわけではありません。

ブロックチェーンには非常に明るい未来があり、分散型金融には問題があっても明るい未来があると思いますが、今はそうではありません。ですから、今は非常に強い修正の時期であり、2022年の期間は2018年と非常に強い類似性を持っています。また、この2兆円近い市場の価値を著しく低下させるような違いもあります。

このビデオは、この重要なテーマで終わろうと思います。このテーマは非常に緊急性が高く、私はより詳細な分析を行い、この状況全体をどのように計算しているかを説明します。

2022年4月13日以降の暴落時にどこに投資するか。金はその前にかなり評価されそうです。
金の価格にも多少の変動がありそうで、それは少し珍しいことになりそうですが、そうですね、この金の価格の珍しい変動は2022年4月13日以前にはありそうです。

ですから、投資は慎重にしなければなりませんが、長期投資を考えている人は、金には大きなリスクはないので、現在の価格で金に投資してください。というのも、金はこれからもっと上がるからです。
4月13日以降、金も銀も大幅に上昇し、銀の価格も過去最高を更新するものと思われます。

そして、これは2022年4月13日以降に起こると占星術は言っています。これは、木星が魚座に入るからです。魚座は水のように冷たいサインで、木星自身が住んでいるところです。つまり、惑星としての木星は、長い期間を経て、自分の居場所でご褒美を得ることになるのです。そして、2020年8月、彼は最後に自分の場所にいたのです。
ということは、その時、木星は自分のパワースポットである射手座に迷い込んだということです。
こうして金価格が大きく上昇し、4月13日以降に再び戻ってくるでしょう。
そして、私はこのことについて何ヶ月も前から警告してきましたが、それは今、2022年4月13日に非常に早くやってくるのです。

これは投資家だけの問題ではなく、一般人も金に投資すべきであると強調したいと思います。
もちろん、このビデオの内容は正確なファイナンシャル・アドバイスではありませんが、それらは、もちろん、私の研究とその成果です。
全体として、2022年4月13日以降、どの時点でも、金への投資は、どんな人にとっても最良の決断となることでしょう。

低所得者層であろうと、高所得者層であろうと金への投資は常に良いものであり、2022年には金が輝くでしょう。
今日のビデオでは、そのことを非常に正確に、そして確実にお伝えします。

ということで、こんな感じで、ちょっとまとめてみました。景気はよくないです。ファンダメンタルズがこんなに弱いにもかかわらず、市場は急騰しており、そろそろ現実に戻ってくる時期です。しかし、一部の報道で言われているように、暴落してゼロになるということではありません。

特に、現在進行中の地政学的な危機は、全体として大きな問題になりそうな気がしています。ウクライナ、ロシア、その他にもいろいろな問題があります。3月から4月にかけての地政学的危機も、ビデオをご覧になったほとんどの方がご存じだと思います。そして、それは非常に近づいてきています。もちろん、和平交渉が行われるかもしれません。しかし画餅に帰すかもしれません。3月から4月にかけては、かなりエスカレートしそうです。
それに気をつけなければなりません。

そして、それが経済に影響を与えることになるでしょう。
つまり、3月から4月にかけて火星と土星もコンジャンクションになることで、今、すべてが一緒になっているのです。
そして、4月4日頃に強い火星と土星の合があり、私たちが直面する問題の強さと激しさがさらに増すことになるでしょう。
経済に関しては、そうですね、金は解決策の一つです。銀はより大きな解決策であり、より安全な資産に移行し、長期的な投資に目を向ける必要があります。これは非常に重要な問題で、2022年の終わりに向けて、市場が改善し始めると見ています。

実際、2022年の5月か6月以降も、限界的な改善が見られるはずです。
これについての詳細は、次回のビデオでお見せします。


ということで、経済全体について私が見ているのは、このようなことです。
またすぐに別のビデオをお届けします。
ありがとうございました。

アナンド君が言及していた過去のビデオをもう一度貼っておきますね。

12/17付アナンド君の最新動画です。