1/2付アナンド君の最新動画です。

アナンド君の動画更新されていたので、また翻訳して載せておきます。

さて、今日は、コビット19とオミクロンの変種について、非常に重要なテーマをお話したいと思います。
何人かの方から、このテーマは非常に重要であり、刻々と起こっているので詳しく教えてほしいという要望がありました。
そこで、詳しく説明しましょう。
今日のビデオでは、私はすでに過去にこのテーマについて話したことがあります。
しかし、その重要性を考えると、これは別の動画が必要だと思います。

短期的には危険だが、長期的には有益な変化が起きている


まず、オミクロンはこの世界の人々の間に多くの恐怖を生み出しています。
そしてほとんどの場合、物事が悪くなるように感じさせてしまったのです。
ですから、今日は皆さんにそれを説明させてください。
オミクロンの拡散を理解しましょう。
まず、南アからWHOに報告されたのは2021年11月24日で、これは2021年11月21日に起きた木星の水瓶座への移動とほぼ重なっています。


まず最初に、これは短期的には危険で、長期的には有益なことだと説明しましょう。オミクロンは、変種であることだけが危険なのではなく、他の多くの社会経済的要因、政府関連の要因が、短期的には経済や人々の健康などに多くの危険をもたらします。しかし、長期的には有益であることを示しています。


以前のビデオですでに述べたように、2021年12月10日から2022年5月までは、確かに非常にネガティブな時間になりそうです。
ですから、すでに述べたように、このことを理解しましょう。同時に、2021年12月の第2週目から、より大きな波が起こり、それはすべての国、世界中のほとんどの国、しかし主にワクチン接種国に影響を与える可能性が高いことも説明しました。
このビデオでは、ワクチン接種に関係なくと書きましたが、実際には、主にワクチン接種の多い国々で起こるのです。
そして、11月21日からコビッド19からの見えない回復が始まるのです。
これは、2021年1月にも、2020年4月にも言っていたことです。
私は2021年11月21日からコビット19からの見えない回復が始まるという話をしました。

そして、誰もが見ているように、covid 19は実際にはオミクロンとともに消えていっています。
非常に多くの症例がありますが、ほとんどの地域では死亡者数が非常に少ないのです。
死亡率は0.5%を下回り、場所によっては0.01%を下回るところもあります。
これは非常に重要な朗報であり、国民に対する影響力という点では、コビット19が衰退し始めていることを示す大きな兆候の1つです。

短期的な危険

しかし同時に、短期的には多くの危険が潜んでいます。
ですから、今、そのことを詳しく説明しましょう。もちろん、私たちが経験している期間は非常に不安定なものです。
それはカラ・サルパ・ヨガであり、この特定の時間帯には多くの危険な状況が起こり得ます。
では、このことを理解するために、地理について説明しましょう。


12月の第2週からすでに始まっているように、地域は非常に大きな影響を受けることになります。
米国、欧州、その他多くの地域で新しい波が始まっています。
米国では最近、58万件という新たな記録を達成しました。
これは非常に大きな数字であり、ワクチン接種率も非常に高い国です。
ヨーロッパの他の国でも同じような状況があります。
イスラエルでは、住民への4回目のワクチン接種が行われていますが、インフルエンザとコビット19の新たな組み合わせに直面しています。
そしてもちろん、彼らはそれにとても奇妙で奇抜な新しい名前をつけています。
このように、これらの地域では、時間軸の中で確かに新しい段階を経験しているのです。
人々がビジネスを行い、通常の生活を送ることは非常に困難になると思います。


このように、新しい日常が大幅に延期され、これからの4ヶ月間は非常に危険な状態になるでしょう。
なぜなら、この影響は、多くの人が期待しているように、一瞬にして消えてしまうものではなく、今後も残り、2022年5月以降、ゆっくりと消えていくものだからです。では、このことを詳しく説明しましょう。


つまり、基本的には短期的には危険、長期的には利益ということになります。
短期的には、オミクロンが大混乱を起こすのが目に見えています。
同時に、ワクチンを接種した地域やワクチンを打った地域が最も影響を受け、ワクチンやワクチンを打っていない地域が影響を受けることになります。

ちょっと比較してお見せしましょう。
これはWHOのウェブサイトからの抜粋です。


現在、第4波に突入しており、アフリカでは最初の3週間で3,000人強の死亡者が報告されています。WHOによると、デルタ型が猛威を振るった第3波の同時期に報告された患者数の半分だそうです。
同時に、米国の状況も見てみましょう。
米国では、約1,500人の死亡者が報告されています。
米国よりも人口の多いアフリカ大陸全体と比較すると、ほぼ毎日のように死亡しています。
これも非常に悲しいことですが、アメリカとアフリカという2つの大陸の比較をお見せしましょう。
それはとても悲しいことです。
アメリカの人々が完全に騙されてしまったという、とても悲しい結論です。
そして、私がここで再び言及しているのは、コンテストの勝者が人々にとって非常に明確であるということです。
つまり、基本的には短期的には危険で、長期的には利益を得ることができるのです。
ですから、これらのワクチン接種の進んだ地域では、多くの問題が発生することになるでしょう。

今後数ヶ月の見通し

次のポイントは非常に重要で、今まで見てきたものをまとめて、今後数ヶ月間を見てみましょう。
コビット19、経済、サイバー空間、母なる自然などからの深刻な危険があるでしょう。2022年5月までは、政府の過剰反応が経済のトラブルに拍車をかけます。そして、その後はゆっくりと着実な回復が見られるでしょう。これはインドを含むほとんどの国に当てはまり、特にワクチン接種に非常に意欲的な国に当てはまります。
来年、2022年の3月から4月にかけて、私たちが言うところのクライマティック・イベントが起こります。
そこで、3つの段階に分けてご説明します。

つまり、第1ステージでは、2021年12月から2022年2月にかけて、過去にすでに予測されていた、急速な広がりと新たな問題が発生することになります。
そして、2022年3月から4月にかけては、それが激化し、多くの被害をもたらすことになるでしょう。
もちろん、死亡者や入院者が出て、多くの問題が発生します。
経済的にも苦しくなるでしょう。
そして、もっとたくさんの目に見えない突発的なこともこの期間中に起こる可能性があります。
ですから、非常にユニークで強力なものです(これが第2ステージ)。
しかし、2022年5月以降は、特に経済がゆっくりと回復していくことが予想されます(第3ステージ)。

今後も変異種は出てくるが長期的には見通しは明るい

もちろん、これでバリアント・ストーリーが終わると言いたいわけではありません。
世界人口の100%がワクチンを接種しない限り、より多くの人にワクチンを接種してもらうために、新しい亜種のニュースが出てくるでしょう。
もちろん、これからも多くの亜種が出てくるでしょう。
そして、2023年4月までの将来においても、多くの誇大広告が行われることになるでしょう。
そして、人々はこの特別な状況によって、精神的にも完全に、感情的にも影響を受けることになるでしょう。
これは確かに悪い状況ですが、これが終わる頃には、きっと明るい日がやってくるでしょう。


しかし、これからの20年間には、世界で最も動きの速い年のひとつとして認識されるであろう多くのことがあります。これからの20年は、すべての面で最も動きの速い年になるでしょう、絶対に。


この話に戻って、結論に移りましょう。もちろん、短期的に強い危険性があるものについては、オミクロンはコビット19の終わりの始まりです。同時に、他の危険な亜種を凌駕し、より穏やかな感染症に取って代わられることになるでしょう。
また、2023年4月には他の亜種が発生するかもしれませんが、コビッド19の影響は急速に減少し始めるので、あまり心配する必要はありません。つまり、目に見えない回復は始まっていますが、短期的には確かに危険だということです。


以上が私の言いたいことです。どうもありがとうございました。