アビギャ・アナンド君の12/3付最新動画です。

アナンド君の動画が更新されていたのでまた聞き書きしてアップしておきます。

今日、私がお話したいのは、2021年の過剰降雨についてとそのケララ州のムラ・ペリア・ダムへの影響についてです。
これは南半球に住む何百万人もの人々にとって非常に重要な問題です。
南インドのケララ州に住む何百万人もの人々や私たちのケララ州の親愛なる友人たちにとっては特に重要な問題です。

そして、私たちの視聴者や購読者からは視聴者や購読者の方々からは、何度も私にこのテーマについて私の考えを話してほしいと言われたので、私が聖典で読んだこと、そして自分で調べたことを過剰降雨の状況について、2021年に私たちが直面している異常気象についてお話しします。

異常気象について

一般的にメディアはすべての異常気象の原因を気候変動としていますがしかし、私が言いたいのは気候変動だけが原因ではないということです。責めるべきは気候変動だけではありません。

異常気象は人類にとって未知の現象ではなく、何千年も前から存在しています。
何千年も前から存在しそして今でも、ある年には異常気象が発生し、そうでない年もあります。

これは周期的なものです。自然は常に循環しているのです。
物事が突然に、そしてランダムに起こると考えるのは非常に愚かなことです。
だから私たちは自然には周期性があることを理解しなければなりません。
属性を理解しなければなりません。すべてのものにはサイクルがあり
物事はあらかじめ決められた方法で進んでいきます。

そこで、私はこれから紹介するさまざまなものの助けを借りて、このことを説明したいと思います。
今日のビデオでは、さまざまなことを説明します。
インドのケララ州に何が起こるのか、そしてこのような事態を防ぐためにはこのような危機を防ぐためにはどうしたらよいか。
人々の手に委ねられています。運命なのです。

これは、私たちのシャーストラが言っていることです。
常に50%は人々の手の中にある。人々の手に委ねられているのです。プルーシャ・プラクリティと呼ばれています。

私たちが何をするかが重要なのです。ほとんどの場合、それは50%よりも多いのです。

なぜこんなに雨が多いのか?

最初の質問は、なぜこんなに雨が降っているのかということです。
多くの雨が降っています。

これはとても重要な質問です。
なぜなら、今年の2021年は、いくつかの地域、特に今年2021年は、特にユーラシア大陸、オーストラリア大陸、アジア大陸全体では特にいくつかの地域で多くの雨を経験しました。

例えば、2021年のヨーロッパの洪水です。2021年にヨーロッパで発生した洪水では、いくつかの国が被害を受けました。嵐のようでした。

過去にこのような出来事を経験したことのない多くの国が驚きました。
過去にこのような出来事を経験したことのない、この未曾有の危機に突然襲われました。ヨーロッパの国々の政府関係者、2021年のヨーロッパの洪水に見舞われたいくつかのヨーロッパの国々の政府高官たちは、未曾有の危機と呼んでいます。

非常に悲しいことですが何百人もの人々が亡くなり、何十億ユーロもの財産も流され、動物もたくさん死んでしまいました。とても悲しいことです。

同じように、中国でも2011年に洪水がありました。中国でも中央部の河南省で洪水が発生しました。2021年にはさらに多くの危険な異常気象が発生しています。中国の洪水で何人の人がヘンナンの洪水で何人の方が亡くなられたかはわかりません。公式に発表された数よりもはるかに多いかもしれませんが、これまでに撮影された発表された画像や映像を見る限りでは今回の洪水は、本当に恐ろしいものだったと感じています。中国でも同じように人々を襲っています。
同じように、今は2022年に向けて、南インドでは、アンドラ・プラデシュ州、タミル・ナードゥ州などいくつかの州で洪水が発生します。

これ以前にも他の地域でも洪水が発生しています。多くのデータから、今年は例外的に降雨量が多かったです。
全体的に見ると なぜなのか、それが今回の最大の疑問です。このビデオで答えたいのは今回のビデオではもちろん、この質問に対する答えは、以前のビデオでも説明しました。この答えは、これまでのビデオでも説明してきましたが、十分に詳しくは説明していません。今日はそれを探ってみたいと思います。

月の年と日の年

今年は月の年なので、多くの人が月の年とは何か?と思っています。
これまでのビデオでもお話ししてきましたが、ブレタの美しい一節、samithaの美しい一節にも、このことがよくまとめられています。

まず最初に、月の年とは何かについて説明したいと思います。
2021年10月22日付のビデオで詳しくお話しました。
世界が異常気象の影響をどのように受けているか異常気象の影響を受けていることを10月以前のビデオでも説明しています。

月の年とは何でしょうか?私たちが知っておかなければならないとても重要なことです。
ヴェーダ暦を知っておく必要があります。年を理解するために、ここではヴェーダ暦に従っています。
1年は特定の日に始まります。1月1日のことではありません。
1月1日という非科学的なグレゴリー暦ではなく、科学的なヴェーディック暦のことです。
この記事ではどうやって旧暦の1年の始まりを迎えるのか、その科学的根拠をまた、太陰暦の始まりをどのように計算するのか、その科学的根拠についても記事にするつもりです。

しかし、今のところ、次のことをお伝えしたいと思います。
太陰暦はある特定の日に始まります。その日が日曜日であれば太陽の年、月曜日であれば月の年となります。


これは、非常に重要な計算によって月が新月の時期を終えて、旧暦の最初の月である「チャイトラ・マサ」に入るとこれは非常に重要なことです。
多くの占星術師は、旧暦の年が始まるときに正確な予測や観察を行います。
次の年を気象学的に理解できるようにするためです。気象学的にも、国全体の繁栄の面でも、来年を理解することができます。今回のビデオでは、それを短い時間で正確に説明していますので、ぜひご覧ください。


そして私は、この美しい詩を引用したいと思います。
サンスクリット語の美しい一節を引用します。
この月の年について書かれたサンスクリット語の美しい詩を引用したいと思います。
月のこの詩ははっきりとこう言っています。月がその年の主役になり、地球に最大の影響を与えることになります。

そして
日曜、月曜、火曜、水曜は、特定の日を表す意味のない言葉ではなく、それらは周期的にやってくるのです。
日曜、月曜、火曜、水曜、木曜、金曜のような日々の儀式で使われているからです。
火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 そして土曜日のように日々の儀式で使われていますが、実際にはそれぞれの日が
太陽系の影響を受けています
ここではその中でも最も重要で顕著な太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星、これらはすべて曜日を表しています。
サンスクリット語では次のようになります。
ラビバラ、日曜はラビバラ、月曜はソマバサラ、そして火曜はブハウマヤサラ。マンガラバサラ、ブッダバサラと呼ぶこともあります。
水曜日にはグルバサラがあります。木曜日にはグルヴァサーラ、金曜日にはシュクラバサーラ、土曜日にはシャニバラがあります。
土曜日のシャニバラは、それぞれそれぞれの重要なグラハに対応しています。

私は惑星という言葉を使うのは控えたいと思います。
プラネットという言葉は、サンスクリット語のグラハとは全く異なります。
地球に影響を与える他の重要な天体を包含するからです。
グラハとは現代の定義である惑星を意味するものではありません。

なので、この言葉は使わないようにしたいと思います。
月の年は、基本的に太陰暦の一年が月曜日に始まり月が最大の影響力を発揮することが理解できます。

つまり、大量の雨が降るということです。
雲は暗くなり絶えず雨が降り続きます。それはまた、繁栄の空気でもあり、人々は多くの物が不足することはないでしょう。
月が慈悲深い影響を与えてくれるので全体的な影響力を持っているので、今年は様々な課題に直面しながらも、経済は非常に安定しています。かなり安定しています。
一部の地域を除き、経済は非常に安定しています。
月の年である2021年は非常に安定しています。

2022年は、いくつかの異なる色を見せてくれるでしょう。
違った色を見せてくれるでしょう。それを説明します。
これまでのビデオでも説明してきましたが、2021年は全体的には、経済的にも国民的にも非常に順調でした。
経済の面では、もちろんコビット19は違いますが、月の年は異常に雨が降りました。

川の近くに住んでいる人にとってはとても気になることです。
川の近く、特にダムの近くに住んでいる人にとっては非常に重要です。
このビデオを作ることにしたのはそのためです。

特にマレット・エリア・ダムについては、もう126年以上経っていますが、ケララ州はこのダムの影響を強く受けることになります。何かあればケララ州にも影響が及びます。
神に誓って、しかし、ケララ州の人々は、ダムが耐用年数に達したことで、また、ダムの貯水量が限界の142フィートに達したことで、ケララ州の人々はすでに大きな影響を受けています。
しかし、私はそのすべてに言及したくありません。人々に占星術の観点から何が起こるかを伝えたいのです。自分のカルマについても注意したいと思います。

カルマについて

経典にあるように、自分のカルマに注意して、ケララ州の一人一人、あなたやあなたの兄弟姉妹がこの災害を避けるために何ができるのか、これはとても重要なことです。

カーラ・サルパ・ヨーガ

カーラ・サルパ・ヨガは以前のビデオでも紹介しました。
2021年12月14日から始まりますが、私たちは真剣に警戒する必要があります。
2021年12月14日から2022年4月までの間は基本的に非常に重要な期間です。
その期間が、えーと、経済、天候、その他ほとんどすべての面で、世界のいくつかの国に何が起こるのかを決定づけます。私たちは真剣に警戒する必要があります。
2021年12月14日から、もちろん健康面でも、いくつかの国の健康状態に悪い影響が出るでしょう。

天気の話に戻りますが、カーラ・サルパ・ヨーガは、天気に多くの深刻で多大な影響を与えます。
私たちはこのことにとても注意しなければなりません。そして、それは証明された実績があります。
別のビデオや私のウェブサイトの記事でまとめたいと思います。近日公開予定です。

12月14日から2022年4月までを要約すると非常に重要な時間軸です。
激しい雨や地震が発生した場合は、この期間に強烈な降雨や地震がダムにダメージを与える可能性があります。
特に1月から4月にかけては、火星と土星が再び接近する状況になるでしょう。
火星と土星が再び一緒になって、3回目となる優れた惑星の合流、ちょうど……つまり2年後に、私たちは3つ目の優勢な惑星合体を目にします。これも巨大なヨーガの中でのことです。
これは非常に憂慮すべきことであり確実にダムに影響を及ぼすでしょう。すぐには崩壊しないかもしれませんが、2022年4月までにダムにダメージを与えるでしょう。2022年4月には多くの悪影響が出るでしょう。ダムに多くの悪い影響を与えるでしょう。
そして……私は、両州の人々と議員、このダムの裁定に関わっている両州の人々や立法者はこのことを真剣に考慮すべきです。
単なる数学や工学の公式だけではダムが安全であるかどうかはわかりません。母なる自然はいつでも何でもすることができ、それは抜本的なものです。母なる自然は、いつでも何でもすることができ、最も慎重な観察にも反します。これまでに何度も見てきました。例えば、セントフランシス・ダムのように。
これについては次に述べたいと思いますが、 えーと、ただ要約するとダムが完全に安全だとは言えません。
特に今後6ヶ月間は母なる自然が本当の姿を見せるでしょうし、もちろんカルマの問題もあります。
これについては次の機会にお届けします。
因果応報、それがゲームを変えます。運命はたったの50パーセントでカルマが残りの50%です
このことを理解する必要があります。
集団で変化を起こすためには集団的な努力をする必要があります。
今日の世界に影響を与えているさまざまなこと、たとえば、ロックダウンやパンデミック、世界中での死、そして
世界各地で起きているファシズムなど他にも多くの出来事があります。
何千もの企業や人々に影響を与えています。私たちのカルマが原因です。それは偶然の出来事ではありません。
世界に起こっている出来事は偶然ではない カルマのせいなのです。私たちは逃げられません。何かをした後はどこにも逃げられない。逃げることはできません……逃げるための選択肢はありません。カルマは私たちに影響を与え、それは私たちに降りかかってきます。
私たちに何ができるかというと、今この瞬間にも、自分の行動が自分を苦しめていることを知った瞬間に
自分の行動が自分や周りの人に影響を与えていることに気付いた瞬間にすべきことがあります。
これは非常に重要なことで、一つの重要なことがあります。

動物の大量屠殺について

ケララ州にとって非常に主観的なことですがケララは牛の屠殺を禁止していません。
ケララの人々が牛や他の動物を殺すのを止めればこれは州全体の繁栄に影響を与えると思います。
州全体の繁栄に影響を与えるでしょう。自然災害、特に地震の発生頻度が減ります。これは、科学的に証明されています。動物が屠殺されればされるほど暴力的であるほど……何かがあります。

アインシュタインの痛みの波と呼ばれるものがあり、その場所の地震の性質に影響を与えます
人が動物を殺せば殺すほど、その場所の地震の性質に影響を与えます。
人が動物を殺せば殺すほど、地震は増えます。
最近では、ケララ州で行われたガディマエ・フェスティバルがありましたね。
ネパールでは何百万頭もの動物が殺されました。祭りのために何百万匹もの動物が殺されました。
その翌年、数ヶ月後にネパールで最も危険な地震が起こり、2000人以上の命が奪われました。
2000人以上の人々の命を奪い、財産を破壊しました。数ヶ月の間に起こったのです。
科学者たちも介入して分析を行いました。
そして、科学者たちはこの現象を分析し、結論を出しました。
人間の暴力による動物の殺戮が、この状況に影響を与えている可能性があるという結論に達しました。
状況に影響を与えている可能性があります。
ケララ州は「神の国」と呼ばれています。
この国の人々はその基準に沿って生きるべきです。この国を神の国にする必要があります。
皆さん、神は暴力を好まれません。
牛肉はケララ州の食習慣の一部になっています。
しかし、そろそろ自分たちの文化に立ち返って、ケララは私たちの祖国でもあり、バーラト・マタに属しています。
私たちにとって非常に重要なのはヴェーダ文化や他国の文化を遵守することです。
世界の他の地域の文化と同様に、ヴェーダ文化を遵守することは非常に重要です。
牛は特定の文化や宗教に属するものではありません。非常に重要で穏やかで平和な動物です。
穏やかさの縮図であり、母なる自然の象徴であり、栄養を与えてくれる、人類にとって最も役に立つ動物の一つです。私たちの母親のようなものです。
だからこそ、牛を殺すことはとても残酷で、とても邪悪で非常に危険なことです。
これがケララ州で起きていることです。
一つの災害だけではなく、今後数ヶ月の間に多くの災害に見舞われるでしょう。
今後数ヶ月の間に多くの災害に見舞われるでしょう。

そして、私たちの聖典が言うように、例えば、バガヴァッド・ギーターはこう言っています。
今、私たちはこれを世界各地で見ています。
サンカラと呼ばれるものがあります。
サンカラとは、人口の意味で、危険な人口が増えすぎている、何が正しくて何が間違っているのかを理解していない人口です。
これは世界中で経験しています。悪いことが起こらないようにするのは私たちの手にかかっています。
悪いことが起こらないようにするには、母なる自然に害を与えないようにし、動物を殺さないように若い世代にも教育をしなければなりません。
社会の若い世代に動物を殺さず、地球のために役立つ人間になるよう教育をしなければなりません。
そうでなければ、私たちは地球とその資源を破壊する過程で地球とその資源を破壊することになり、私たち人類の種をも破壊することになります。これは非常に重要なことです。

地震と牛殺しの関係

すでに述べたように、絶えず牛を殺していると、莫大な負のエネルギーが発生し、膨大な負のエネルギーが発生し、やがて地震が発生します。地震と牛殺しは非常に密接な関係にあります。
ほとんどの国で見ることができますが、人々が最も牛を殺す場所では、最悪の地震に見舞われています。
常に起こっています。

いわゆる先進国と呼ばれる国々も、近いうちに暴力的であるがゆえに母なる自然の怒りを受けることになるでしょう。みんなに、特にケララの兄弟姉妹はどうか避けてください。このニュースを広めてください、この言葉を広めてください。やめてください。どんな動物も傷つけないでください。
少なくとも母牛は助けてあげてください。雄牛も子牛もこの3つの動物は助かるべきです。
最近見たのは、つい3年ほど前、ケララ州の悪魔のような政治家たちは、公衆の面前で牛を屠殺しました。
ケララ州がいかに寛容であるかを示しています。
牛の屠殺は非常に重大な問題であり、少なくともケララ州のように教育水準の高い州では、少なくとも英語基準ではケララ州のように人々が十分な教育を受けている州では、何が起こっているのか理解できるはずです。
少なくとも、ケララ州の人が目を覚ますことを期待します。
ケララ州の人が目を覚まして、ケララ州を全体的にもっと平和な州にするために、ケララの人たちにこんなことはやめてくれと言ってくれることを期待します。
平和とは、人間同士だけの平和ではなく動物と人間の間の平和です。
動物と人間の間の平和も意味します。動物への拷問は避けなければなりません。
母なる自然が人間を苦しめることになります。私たちはすでにそれを見てきました。

ダムの決壊と占星術の関係

そして重要なのは、2つ目のポイントです。
もちろんダムの安全性については、既に述べたように、ある占星術の時間軸があります。
占星術的に非常にネガティブな時間帯があります。
占星術的に非常にネガティブな時間帯があるので、この時間帯に、この期間中にダムが強くて水に耐えられるとは
言えません。
ダムは強くて水を湛えることができると言う人、何も起こらないと言う人は確かに偏っています。
私は個人的には、この特定の時期は天候的に非常に危険であり、したがってダムはダムは安全ではないと思います。
このような間違いは何度も繰り返されてきました。たとえば、私がすでにを引用しました。
そうそう、アメリカではセントフランシス・ダムがありましたが、次の日に決壊しました。
ダムの設計者が監督して、ダムを調査しましたが、その翌日には崩壊して2000人以上の命が奪われました。
このように、経験豊富な人々がエンジニアリングモデルやダムの安全性を分析するために、工学モデルや数学モデルを使ってダムの安全性を分析して、非常に経験豊富な人々がエンジニアリングモデルや数理モデルを使用していましたが何人もの人命が失われました。
私たちはこのことを理解して、ダムが崩壊しなくても、適切な措置をとることが重要です。
ダムが破壊されていなくても2022年4月末までに大きな被害を受けることは間違いありませんし、その後は
2030年から2035年の間に決壊する可能性があります。より具体的な最新情報をお届けします。
この件に関しては、カラ・サルパ・ヨガの期間中の状況を見てから具体的にお伝えします。
この期間中には、予兆を大量に手に入れることができ、その予兆に基づいて、今後10年から15年の間に何が起こるかを分析することができます。私はこれを分析するのを待つことにします。その後、最新情報が分かり次第、報告します。
ですから、もちろん皆さんはパニックになる必要はありません。このビデオは人を怖がらせるために作られたものではなく、皆さんに知っていただくためのものです。
これはもちろん、小さな問題ではありません。ダムは自然の天候とは異なります。ダムがいつ決壊するかを予測するのは、今の兆候だけでは難しいですが、非常に重要なことです。ダムを管理している当局がこれからの6ヶ月間がダムの安全性にとって非常に重要であることを知るべきです。ダムの安全性に影響を与えるいくつかの出来事が今後6ヶ月間ダムの安全性に影響を与えるでしょう。
要約すると、人々は注意を払う必要があり、人々は変化し人々は自分の道を改める必要があり、政府当局は非常に慎重でなければならず、占星術的な側面を考慮に入れる必要があります。そして、政府は、いくつかの国の気象局を調査する必要があります。
インドだけでなく世界各国の気象局がブリアド・サンヒターを研究する必要があります。理解する必要があります。そこに書かれているさまざまな章を何の偏見もなく、何のバイアスもなく、そして、それを応用してレポートを作成する必要があります。報告書を作成して、ブリアド・サンヒターがどれだけ正確かを理解しようとすべきです。ブリアド・サンヒタがどれだけ正確で、どれだけ人間社会の利益のためにどれだけ使えるかを理解すべきです。もしこれが行われないと、政府は他にもいくつかの邪心を持つでしょう。
このことは、何人かの科学者によって示唆されています。何人かの科学者が、私たちの古代の知恵を利用する必要があると言っています。
これは最も重要なことで、私たちは皆、古代の知恵を分析し、具体的な情報を得る必要があります。
政府は多くのリソースを持っていますから、天気予報を作成して国民に提供するのは政府の義務です。
その報告書には、賢人たちが与えてくれた古代の知恵を考慮する必要があります。占星術で計算した今後6ヶ月間の予測と、ケララ州で何が起こるかについても記事にすべきです。
どうもありがとうございました。

災害を避けるためにはどうしたらいいか?

それでは、このような大惨事を防ぐにはどうしたらいいのか、ケララ州の人々は何ができるのでしょうか?もちろん、ここに最も重要なポイントがあります。それはゲームチェンジャーです。人々は力を持っています。
運命は、将来私たちに起こることの50%でしかなく カルマは残りの50%です。残りの50%は、私たちを支配するものです。実際、カルマは非常に大きな力を持っています。
しかし、私たちが行うすべての行動には反対の反応があり、ひとりひとりに影響を与えることになります。
次の分、次の時間、次のこれからの人生の1秒1秒が現在と過去の行動に支配されています。
だからこそ、ケララの人々も、このことについて警戒する必要があります。理解する必要があります。
それはゴマタ(乳牛)を殺すことです。牛は母なる牛です。母牛を母と呼ぶのは、宗教的な偏見からではありません。ゴマタ(乳牛)がそのように呼ばれるのは私たちに必要な栄養価の高いミルクを提供してくれるからです。
一人一人の人間の幸福に必要な栄養価の高いミルクを提供してくれるからです。
このような罪のない重要かつ有用な動物が屠殺されてしまうと、本当に何年もケララの人々がどれほど卑屈になっているかを示すものです。

今こそ、私たちは自分たちの文化を理解すべきです。
 人間であること、母なる自然を敬い、母なる牛を敬い、変化を起こすべき時です。
原因はケララの人々のせいではありません。
他の国々や他の文明、西洋のような野蛮な文明との密接な関係がケララの人々の食生活を破壊してしまったのです。
このような強力で古代的な文明があることを、皆さんもそろそろ理解してください。
私たちには強力な古代の遺産であるバーラタがあります。
バーラタの強力な古代の遺産があり、すべての生き物を尊重しています。
生存のために必要なものを提供してくれる存在です。
私はケララのすべての人にお願いします。
ケララだけではなく、世界中の人々にお願いします。
今現在、特にケララ州には、大きな脅威が迫っています。
大きな脅威が立ちはだかっています。
このダムという大きな脅威が立ちはだかっていることを考えると、ケララの人々にとって重要です。
ケララの人々にとって重要なのは、非菜食主義にならないように、暴力主義にならないようにすることです。
全体として菜食主義だけに注目するのではなく、私たちは文明人であり獣ではないことを示す必要があります。
今日、皆さんにお伝えしたい興味深い事実があります。
動物の屠殺と地震の間には関連性があります。
アインシュタインの痛みの波理論として知られています。
痛みの波理論、これは非常に可能性があります。
非常に可能性があり、それがはっきりしているのは、それが定期的に起こることが明らかになってい明らかになっていることです。
動物の大量殺戮が起こるたびに地震がそれに続いて起こります。例えば、私は皆さんに例を挙げたいと思います。
笑ってしまう人もいるかもしれませんが、実際にそうなんです。ネパールには、何百万もの動物が屠殺される ガディマイ祭があります。この祭りが行われるたびに、ネパールでは災害が起こります。
ごく普通の出来事なのですが、しかし、ネパールの人々はそれを続けている。
ネパール政府も禁止していません。ネパール政府は何の禁止令も出していないし、今でも続いている。
2014年も続いていました。何百万もの動物が屠殺されました。
水牛たちが受けた苦痛は後ろにいる人々にも伝わり、ちょうど7〜8ヶ月以内に強烈な地震が発生して2,000人もの人々の命が奪われ、多くの財産が流されました。
これは私からの情報ではなく、みんなが知っている情報です。
屠殺と災害の間には非常に強い関連性があります。
現代科学が全力で反対していても、私は非常に強い関連性があると確信しています。
動物の屠殺と人間の苦しみには強い関連性があると思います。
ある人間がいかに邪悪であるかという例としては、ケララ州の青年会議所のリーダーが白昼堂々と
公衆の面前で牛を屠殺しました。その牛から彼はミルクを得たでしょう。屠殺されたのは、まさにその牛です。
太古の昔から人類の文明の母であり、私たちはゴマタ(乳牛)の生産物を消費しています。 私たちは牛糞から作られた薬(パンチャガビア)を使います。つまり生きるために牛糞から作られた薬を使うのです。母なる牛は人類が生存している重要な理由の1つなのです。私たちのサナータナ・ダルマ(永遠の教え)が生きている、この世界が機能している最も重要な理由の一つです。
それなのに、この野蛮なリーダーはカリーユガの暗黒の巣窟に大衆を導いています。将来、ケララに何かあったら、この悪党どもが責任を取ることになるでしょう。私はこれらの殺戮に強く反対します。
動物を殺すこと、特に牛や水牛を殺すことは、地震やその他の危険な出来事と非常に深い関係があります。自分で調べてみてください。人類の重大危険な出来事を、牛の屠殺と関連付けると非常に強い関連性が見られるでしょう
それだけではありません。
もちろん、地震の理由はいくつかありますが、これが唯一の理由だとは言いません。
唯一の理由だとは言いませんが、役割はあります。
果たすべき役割がありますし、たとえ役割がなくても、あるいは役割がなくても、あるいは地震に役割があると信じていなくても、スワミ・ビベカナンダが言ったように、地震は確かに、ビベカナンダが言ったように、悲しみの厚い黒雲です。私たちは皆、そこから離れなければなりません。

私たちの聖典は、いつも私たちに、ムガール帝国でさえも、それから離れるように勧めています。
ムガール帝国でさえも……何人かのムガール人……そう牛の屠殺を禁止したムガル帝国の皇帝もいます。
牛の屠殺を禁止したのは、その理由を知っていたからです。
人間の感情やヒンドゥー教の感情だけでなく、文明のためだったのです。
人類の文明はゴマタ(乳牛)に依存しています。尊重しなければなりません。
糞の面でも、経済的利用の面でも、雄牛や子牛も重要な存在です。
インドやその他の発展途上国では、輸送や農業に雄牛を使っています。
農業の面ではトラクターよりもはるかに優れています。
屠殺するのは間違っていますし、どのような場合でも、すべての動物には生きる権利があります。
だから屠殺しようと考えること自体が間違っているのです。
祖国や国民を助けたいと思うなら、どうかこのことを真剣に考えてください。
肉食をやめてください。
システムはあなたの目の前で変わり始めます。
集団でやれば、目の前のシステムが変わります。
コミュニティーが一緒にやれば、きっと肯定的な変化を目にすることができるでしょう。
自分の心の中でそれを見始めるでしょう。気持ちが軽くなってきます。慈悲深さや思いやりを感じるようになります。より美しい魂があなたの中に入ってくるのを感じるでしょう。
自分の中にせめて1週間だけでも試してみてはいかがでしょうか。
一週間だけでも、菜食主義の一週間、一週間の非アルコール主義、一週間、伝統的なアーユルヴェーダのライフスタイルを試してみてください。
そうすれば、あなたは自動的にその結果、あなたの人生に魔法のような変化をもたらすでしょう。
もしあなたが今、ベジタリアンでないことを推進していて、菜食主義を推進することは間違っていると深く感じている場合、例えば、ノンベジタリアン料理を販売するホテルやレストランを持っていたり、youtubeのチャンネルやWhatsappのグループやソーシャルメディアのグループなどでノン・ベジタリアンやノン・ベジタリアニズムの
理想を広めているのなら、私はあなたにそこから退いて、あなたの影響下にある人たちがベジタリアンになる助けをしてあげることを勧めます。
このビデオを見ているベジタリアンの方は、是非ともこのニュースを広めて、人間としての優しさや慈悲深さを示すことを躊躇しないでください。
これは、私たちの未来にとって非常に重要なことです。
文明人として生き残りたいと思うなら、唯一の方法は、もっと思いやりの心を理解できない人にも明確に伝えてほしい。
英語を理解できない人のために、マラヤラム語で説明しています。マラヤラム語のスライドを私が翻訳しました。
google翻訳で翻訳しました。読んでみてください。
これはつまり
ゴマタ(乳牛)を殺したり、動物を殺すことは、人間に多大な苦痛を与えるので、それを避けるためには、みんなで協力しなければなりません。
そうすれば、どんな大惨事も防ぐことができます。

ありがとうございました。お元気で。

以上です。インドのケララ州の人々に対するメッセージが主のようでしたが、私たちにも当てはまるメッセージだと思います。

今、関東で鳥インフルエンザで大量に殺処分をしていますが、これも地震を引き起こすきっかけの一つになるのかも知れません。